まだむダイエット

40代・50代女性の理想の体脂肪率は?夏は体脂肪を落とすには不向き?


ダイエットで大事なのは、体重より体脂肪率なので、体重計に乗って増減で一喜一憂しても「美ボディ」からは離れた発想。

そもそも、ダイエットの目的って「ただ体重が減ればいい」のではないですよね?健康で美しい肉体を手に入れることですよね。

40代・50代のダイエットにとって大切だと私が考えているのは、体幹を鍛えて「美しい姿勢」と「きれいに歩ける体」を手に入れること!

では、女性にとって理想の体脂肪率って、いったいどのくらいなのか? 体脂肪率は低ければ低いほどいいのか? などなど、体脂肪率について考えてみたいと思います。
[br num=”1″]

[br num=”1″]


女性の理想の体脂肪率は?

これは好みによる個人差のあるところですが、「一般的に」ということで考えてみました。

40-50代女性の体脂肪率は標準マイナスが22-28%、標準プラスが29-35%なので、22-35%の範囲内であれば標準ということになりますが、女性にとって大事なのは数字ではなくて「見かけ」の問題。

大げさに言えば、例え体脂肪率が標準じゃなくても「見かけ」がものすごくかっこよかったら、それでよし!みたいなところありますよね。

まあ、そんな都合のいいこと絶対にありえませんけど・・

この写真によると、右から2番目が体脂肪率20%、左から3番目が体脂肪率35%です。

多分、女性目線だと35%だとダイエットをしたくなるのでは? 女性としての柔らかさもありながら、太っていると感じない適度な体脂肪率は25%くらいではないだろうかと私は思います。

[br num=”1″]

女性の体脂肪率別スタイル

  • 体脂肪率15~17% フィットネスモデル・アスリート
  • 体脂肪率20~22% ミスユニバース・モデル
  • 体脂肪率25% 女性らしい体型
  • 体脂肪率30% ややぽっちゃり

こんな感じになります。女性で体脂肪率が17%を下回ると、生理が止まったり、若い女性だと妊娠しにくくなるのでご注意! 

40-50代女性なら25-30%の範囲であればダイエットの必要はなく、それ以上太らないよう、多少筋肉を付けるよう、激しくない程度の筋トレを習慣化すればいいと思います。
[br num=”1″]

[br num=”1″]

皮下脂肪率が低い場合のデメリット

体脂肪率は低ければいいというものではなく、低いとデメリットもあります。

ぜい肉と言われている皮下脂肪が少ない場合

*脂肪には体の外に熱が逃げないようにする保温効果があるので、脂肪が少ないと寒さを感じやすくなる。

*免疫力が落ちるため、風邪をひきやすくなる。

*女性の場合、ホルモンバランスを崩すことにもなりかねない。

地元ジムの女性インストラクターさんが、体脂肪率が低くなると、子どものスイミング教室のとき、プールの中で教えていると寒くて仕方ないから、あまり体脂肪率は下げられない、と言っていたのが印象的でした。
[br num=”1″]

内臓脂肪量が少ない場合

内臓を守る皮下脂肪が少ない人は、標準以上の人に比べて胃腸が冷えやすい傾向に。

内臓が冷えると消化酵素の働きが低下し、食べたものから必要な栄養素を充分に取り込めなくなってしまうのでご注意!
[br num=”1″]

夏は痩せにくい

基礎代謝が高いと消費エネルギーが高くなりますが、基礎代謝の消費エネルギーが最も大きいのは体温の維持といわれています。

基礎代謝を高めるために必要なのが筋肉なので、加齢とともに筋肉量が減ってくると、基礎代謝が悪くなってきます。それにより、今までと同じ生活だとジワリと太ってきてしまうんですねぇ。

で!体温の維持のために使われるエネルギーは、気温によって左右されるため、気温が体温に近くなる夏は、基礎代謝量が比較的少なくてOKということになるから、同じような食事や運動だと太りやすくなってしまうわけです。

筋肉量は鍛えないと変わらないので、太った分は全部脂肪になりますから、夏はダイエットに向いていないと言えます。

そういう私も・・・実は最近、体脂肪量が増えています。人の体ってすごいです!って感心している場合じゃないですけどね。
[br num=”1″]

みかねー裏話

先日、幼馴染と電話で話していたら、友人が「ちょっとぉー!聞いてよっ!体脂肪率が昔の体重と同じになっちゃったわよっ!」と。

そら太り過ぎだわ!と、二人で大笑い。楽しい話を聞かせてもらいました。

友人はいつでも穏やかで優しく人を包んでくれる包容力がありますが、もしかしたら、それは彼女の体型も手伝っているイメージなのかもしれません。

健康のためにはもう少し体脂肪率を減らした方がいいけど、いつでも朗らかで幸せそうだし、彼女が辛くなければいいのかな、とは思ったものの、この暑さが太った体には辛い!と言っていたので、やっぱり少し痩せた方がよさそうです。

まだむ世代が目指すのは、スレンダーであることより、健康で美しい姿勢で立って歩けるボディです!レッツトライ!!

それではまた。ちゃおっ
[br num=”1″]

[br num=”1″]
[br num=”1″]

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。