Pocket

引用元:you tube

新しく導入が決まった「グループセンタジー」というプログラムを体験。

アップテンポの運動が苦手な方、ヨガの経験者、柔軟性を伸ばしたい方、音楽と共に体を動かしたい方に「グループセンタジー」はぴったりかなと感じました。

あ!その前にちょっと余談ですが、今朝のネットサーフィンで見つけた、まだむ世代には運動が必要不可欠だと思わされたのが「体力のある女性は認知症の発症率が低い」という記事。

認知症の予防にも有酸素運動は、非常に有効と言われていますので、「まだ大丈夫」と安心せず大丈夫な年齢だからこそ、今から準備が必要です。

それでは、グループセンタジーに付いての感想と効果をまとめてみたいと思います。


グループセンタジーとは?

「Group Centergy グループセンタジー」はアメリカ、カナダ、日本はじめ60ヶ国以上で実施されている世界共通のMOSSAプログラムで、ヨガとピラティスを組み合わせたような比較的ゆっくりとした動作を音楽に合わせてリズミカルに繰り返す運動です。

ヨガパートでは筋肉をほぐし、骨格を整えることを狙い、ピラティスパートで筋肉を鍛えていきます。ヨガマットを使って裸足で行います。

*MOSSAプログラムとは*

The STEP Companyの1部門であるBody Trainings Systemsが世界に提供しているプログラムです。

MOSSAプログラムは、性別や年齢、フィットネス経験の違いにかかわらず、シンプルで楽しく、安全で効果的なワークアウトを提供できるように綿密に設計されており、グループセンタジーの他にGroup Power®、Group Kick®、Group Step®、Group Ride®、Group Centergy®、Group Groove®、Group Active® などのプログラムがあります。


グループセンタジーを取り入れているスポーツジム

スポーツクラブルネサンス

ヨガとピラティスの動きを取り入れ、明るく軽快な音楽に合わせて行うプログラムです。柔軟性の向上はもちろん、体力、集中力の向上、ストレス緩和が期待できます。

3ヶ月ごとに新しい曲と動きが更新されますので、いつまでも楽しく参加いただけます。

ルネサンスのHPによると、難易度・強度共に中程度以下、消費カロリーは45分で180kcal、60分で240kcalとなっています。


オアシス24Plus
サンピアスポーツクラブ仙台
ジョイフット石巻

グループセンタジーの消費カロリーと強度

グループセンタジーは45分と60分のプログラムがあります。45分コースで消費エネルギーは180kcal、60分で240kcal。

これ食べ物にしてみるとカステラが一切れで180kcal、コンビニのシュークリームが1個で244kcal、食べるのは一瞬なのに、消費するのはかなり大変だということがわかりますよねぇ

「消費カロリー」にしても「強度」にしても、レッスン時間内どれだけ体を使ったかによって消費カロリーに多少違いが出てくるし、柔軟性の違いによって感じる強度にも違いが出るだろうし、これは個人差の大きいところ!だと思います。

私はコアトレが苦手ですし柔軟性もないので、辛くなってくるとすぐに手を抜きたくなります。そうすると当然、強度は低くなりますし、消費カロリーも低くなりますよねぇ。わかっちゃいるけど、身体が硬くて辛いです。

スポーツクラブルネサンスのHPには、強度は中程度以下となっていましたが、インストラクターの指導の元、言われた通りしっかりと正しいポーズが取れて、コアトレも手を抜かずに実行出来たとしたら強度は高いと思うんだけどなぁ


スポンサーリンク


グループセンタジーの痩せる効果

ヨガのポーズだけでなく、コアのトレーニングも組み込まれているので、きっちりやれば引き締まると共に姿勢がよくなる効果が期待できます。

プラス、どの運動でも同じことがいえるけど、腕や脚などを動かすときは根元からしっかりと大きく動かす、伸ばすときも根元から最大限の長さが出せるように伸ばす、こうした点を意識して45分なり60分のプログラムを実行すればかなり効果があるはず。

最大限の効果を出したければ呼吸が重要

そして、「運動をする際の呼吸と意識」がとっても大事。

運動を始めたばかりの頃は、呼吸やら意識など考える余裕は全くなく「動く」ことだけで精いっぱい。

呼吸や意識を考えることができるようになったのは最近ですが、身体を動かしている時に呼吸と意識をどこに向けるかで、効果が違ってくるためとっても大事。

インストラクターから呼吸を指導されること、ありますよね。ストレッチの本にも、どこでどのように呼吸をするか書いてあるはずです。

人は力を入れるときに息を止めがちですが、実は息を止めると筋肉の伸びがストップします。これは、ピラティスやボクササイズを教えているインストラクターから直接教えていただきました。

負荷をかけるときに息を吐き、戻すときに息を吸います。

負荷をかけるときに息を吐くことで、パフォーマンスが上がるのでここは必須。しかも息を吐くことで体幹が安定するため、息を吐くタイミングはとても大事です。

呼吸を意識すれば更なる効果が期待できます。

グループセンタージーの感想を口コミ

身体が硬いしピラティスやヨガは苦手なんですが、これは身体が硬いことによる辛さより、身体の各パーツをしっかりと伸ばす気持ちよさが勝った感じ。

ヨガだとできないポーズがあって、悔しかったりもしますが、グループセンタジーはできないながらもしっかりとパーツは伸びている感じがありつつ、ひとつのポーズをとっている時間が長くなくリズミカルに次へ移っていくこともやりやすく感じました。

ヨガパートでは、画像のようなポーズが何度も繰り返されます。

コアトレは、かなりきつく、しっかりとコアに効いている実感があります。激しく動くわけじゃないけど、全身を使って伸ばしたり鍛えたりしている!という感じ。

ヨガに比べると音楽に合わせて次々にポーズを変えていくので、「慌ただしくて効果が得られない」とか、「深い呼吸が得られない」という評価もあるようですが、私はテンポが早い音楽と共に体を動かすこと、コアに効いている実感が得られることがいいと思ったので、ここは個人の好みによるところだと思います。

じっくり&しっかりとポーズを取りたい場合はヨガを、音楽に合わせてテンポよくやりたい方はグループセンタジーを、って感じでしょうかしらん。

みかねー まとめ

同じ時間、同じ運動をしたとしても、運動をしながら食べ物のことやきょうの出来事を考えながら実行するのと、使っている筋肉や伸びている体のパーツを意識しながら実行するのとでは、不思議と出る汗の量も違うし、運動後の爽快感も雲泥の差が出てきちゃうんですよね。

ダイエット目的で運動する場合、イヤだなー、辛いなぁー、早く終わらないかなぁーと思いながらやるより、痩せるぞ!頑張るぞ!負けるもんかっ!と強い気持ちでやった方が絶対効果が上がると思います。

是非、ご自身の心の中に「鬼トレーナー」を住まわせてやってみてください。

それではまた。ちゃおっ

スポーツジム関連記事



スポンサーリンク