まだむダイエット

背中の肉をとるエクササイズはこれ!僧帽筋を鍛えて美しい姿勢にチェンジ


地元ジムでボクシングプログラムに参加した後、背中・二の腕・お腹を鍛えるマシーンを少々。背中のぜい肉をとる簡単で効率のいいエクササイズについて考えてみました。

背中の肉は何故じんわり増えていくのかを検索すると出る出る!!! 「背中にぜい肉が付く原因は・・」加齢、加齢、加齢、加齢、どこを見ても加齢。そんなに言わなくても、ってくらい加齢の連呼。

そうか、やっぱりぜい肉の大敵は加齢かと納得しても、加齢を食い止める術はない。 とへこんで終了にしちゃうのは本意ではないので、加齢によってじんわりと付いてしまった背中に肉をとる「僧帽筋を鍛えるエクササイズ」を実行して、美しい姿勢にチェンジです。レッツトライ!


背中に肉がつく原因

上にも書いたように、背中にじんわりと肉が付く大きな原因は加齢。歳を取ることは止められませんが、肉が付くのをセーブすることはできます。

加齢とともに、食事量は変わっていないのに動かなくなっている、基礎代謝が落ちるなども原因。 女性は更年期を境に脂肪が付きやすくなるので、その点も意識してたっぷりと肉が乗ってしまう前の対処が大事です。

背中に肉が付くと老けて見えますし、首が短く見えてスタイルのバランスも悪くなるし、いいことなんてひとつもない! 

背中の肉をとるエクササイズ「僧帽筋を鍛える」

僧帽筋とは

僧帽筋は首筋から肩にかけての筋肉ですが、ここを鍛えることで首から頭、そして顔につながっている皮を引き上げる効果があるとも言われています。 顔の表情筋や頭皮は僧帽筋と繋がっているため、アンチエイジングのためにも、僧帽筋は鍛えておきたい筋肉です。

どの部位でも同じことが言えますが、鍛えればそれだけ引き締まり、どの部位も美しいラインになっていきますので頑張りましょう。 僧帽筋を鍛えることで、肩こりが軽減する、姿勢がよくなる等のメリットもありますので、是非実行してみてください。

背中の肉をとるエクササイズ

まだむ世代は筋肉を鍛えてもバキバキにする必要はないので、あくまでエネルギー消費と基礎代謝を上げることが目的。その上で、少しきれいに見えたらいいなぁー程度でいいのではないでしょうか。

肩回りを動かすことで、血行がよくなり、肩こりの改善にもつながるので、毎日ストレッチ程度でも僧帽筋を刺激してあげることをおススメします。

*その1*

  • 両手を頭の上にまっ直ぐ上げる(万歳の状態)
  • 腕全体を後ろに引っ張るような気持で肘を曲げる
  • その際、肩甲骨の中心が中央によるよう意識する

これだけでかなり肩と肩甲骨が気持ちいいと感じるはず。座っていてもできるので、お仕事の合間にでも是非!!  前かがみになって仕事をしていた姿勢のリセットにもなります。

ただ、これだけだと気持ちいいけど、加齢でびっちりとくっついてしまった肉は取れません。残念ですが・・ 背中の肉をとるつもりであれば、もう少し筋肉に負荷を与える必要があるので

*その2*

  • タオルやゴムチューブを持って両手を頭の上にまっ直ぐ上げる(万歳の状態)
  • 腕全体を後ろに引っ張るような気持で肘を曲げる
  • その際、肩甲骨の中心が中央によるよう意識する

タオルやゴムチューブを持って同じ動きをすると、より負荷がかかるため効果が違ってきます。 タオルを使うときはチューブのように伸びないので、下したとき態勢に無理がない程度の幅に持つことが大事。 万歳をしたとき、肩に力が入らないよう、手を上げたら下す前に肩の力が抜けているかチェックしてくださいね。それだけのことで、背中への効き方が違ってきます。

*その3*

【バックエクステンション】

  • うつぶせに寝る
  • 足は肩幅に開き、手を頭の上にまっ直ぐ伸ばす
  • 肩甲骨を中央に寄せるように肘をまげて腕を引き寄せる

その際、頭は上げ過ぎずに肩甲骨の中央に意識を向ける。 

 

美しい姿勢にチェンジ

背中は大きく分けると3種類の筋肉で構成されていて、どれも比較的大きいため、動かすときに消費エネルギーも高く、代謝が上がる効果を期待できますからね。

まだむ世代のダイエットは、単に体重を減らしたり、とりあえず細くなることを目指すのではなく、美しい姿勢ときれいに歩ける筋肉を付けること!ここを目標にすべきと、私は思っています。

姿勢が美しいだけで、見た目年齢確実に下がりますが、見た目年齢だけを気にするのではなく、きれいな姿勢で立てる自分が嬉しいってことが大事かな。 骨が浮き出るような細さは、かえって老けて見えるので、まだむ世代には絶対NGだけど、背中の中央にびしっとくぼみが入ると嬉しいですよね。

姿勢が悪いと肩回りがぜい肉で盛り上がってきたり、もったりした感じになるので所帯臭く見えちゃいます。 真っすぐ美しく立つためには体幹が大事ですし、首をすっと長くキープするためには、首から肩にかけての僧帽筋を鍛えること。

加齢は背中にぜい肉が付くというだけでなく、首が縮むという現象もあったりする。怖いですねぇ。首が短いと顔が大きく見えちゃいますものね。だから、放置せず対策が必要ってことです。 

みかねー的 美バック

たまにね、自分の横向き姿を鏡に映してみることをおススメします。 私もその傾向がありますが、今は肩が若干前に入っている人が多く猫背気味。そのままだと肩や首の凝りは解消しませんし、美しい姿勢ではないからせっせと僧帽筋を鍛えましょう!

きょうはこれからバーベルプログラムに参加してきます。加齢による背中のぜい肉なんていわせないぞーっ!と頑張ります。 私はバーベルを重くしすぎず、正しい姿勢できっちり行うことを意識しています。これはパーソナルトレーナーからのアドバイスです。

負荷をかけるのは大事なことだけど、それより大事なのは正しい姿勢でエクササイズを行うことです。 ご自身で実行するときも、まず姿勢が整うまでは鏡を見ながらやってみるといいかなと思います。

それではまた。ちゃおっ 

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。