【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

パーソナルジムの選び方|ランキングサイト&まとめサイトは要注意

パーソナルトレーニングジム

ごきげんよう、みかねーです。

運動嫌いから一転、毎日体を動かしていないとストレスになるほど好きになってしまったみかねーです。

今は、スポーツジムに加え、パーソナルトレーニングジム、パーソナルキックボクシングに通っています。

ジム歴10数年の間に、たくさんのトレーナーからマンツーマン指導を受けてきました。

そんな経験から「パーソナルジムの選び方」をまとめてみました。あなたのパーソナルジム選びの参考になればうれしいです。

そして、ネットで検索すると上位表示される「ランキングサイト&まとめサイト」についても書いてみました。

目的に合ったジムと出会い、コツコツ通って理想の体に近づけますよぉーに!

【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

スポンサーリンク

パーソナルジムの選び方

基本的なことは、スポーツジムを選ぶときと同じです。その上でパーソナルジム選びは、より一層目的を明確にすることが大事。

通いやすいところを選ぶ

通いたいところより、大事なのは通いやすいところ

・家から歩ける
・勤務地に近い
・帰宅途中にある

などなど、わざわざ出向かずに済む場所を選ぶことが、フェードアウトせずに続けられる必須条件になります。

目的を明確にする

・ダイエット
・運動不足解消、健康のため
・筋力、筋肉量アップ
・トレーニングを学ぶ
・姿勢改善

どのパーソナルトレーニングジムに行っても、上に挙げた項目をそこそこ満たすことはできます。

でも、ジムによって得手不得手があると私は感じているんですね。

だからこそ、目的を明確にすべき!と思います。

スポンサーリンク

料金とシステム

最初に料金で選ぶのではなく、まずは通いやすい場所から選ぶことをおすすめします。

その上で、数店舗候補が上がったら、その中で料金比較をしてみるべき。

パーソナルジムの料金体系は、大きく分けて以下の3種類。

・短期集中
・チケット
・月会費

短期集中は、食事指導もついた2~3か月のダイエットコース。チケットは、回数が多くなるほど割安になっていきます。

月会費制は、月の利用回数で料金が設定されている場合と、通い放題とがあります。

入会する際、必要なのが入会金。

相場は20,000円から50,000円くらいですが、体験やカウンセリングに行った当日入会すると入会金0円になるところも多いので、事前にチェックしてから行きましょう。

上の記事に、月会費で通える東京のパーソナルジムをまとめているので参考にしてみてね。

私は、月会費ジムもチケットジムも通っていました。月会費だと月の利用回数が決まっていますが、チケットだと利用回数がフレキシブル。

設備&施設

パーソナルは完全個室のジムと、マンツーマンで複数人が同時にトレーニングを行うところがあります。

私はどちらも経験しましたが、そこに違いは感じませんでした。

完全個室だと子連れOKのこともあるので、状況や好みに応じて選ぶといいかな。

女性の場合、重量のあるバーベルやダンベルは必要ないので、どこのジムでもトレーニング環境は十分だと思います。

かたぎり塾

これは、【かたぎり塾の室内】。奥に大きな鏡があって、その手前がトレーニングラック。ダンベルやフィットネスチューブ、バランスボードなども使って行っていました。

こっちは今も通っている【BEYOND】の店内。3人同時にトレーニングができる広さになっています。

あとは、シャワー設備がないジムもあるので、必要な方はそこのチェックも是非。

スポンサーリンク

トレーナが担当制か?

トレーニング指導をしてくれるトレーナーが、担当制のところと、そうではないところ、指名制のところなどがあります。

担当制のメリットは、自分の体の癖や得意不得意、弱いところなどをわかってもらえること。そして、それが次のトレーニングに生かされます。

担当制でない場合は、トレーナーによって得意なトレーニングがあったりするので、それがいろいろわかって楽しいこと。

更に、同じトレーニングでも解説の仕方が異なると、理解にプラスになります。

私はどちらも体験しましたが、甲乙つけがたかったです。

一番重要なのが、トレーナーとの相性。

今まで、こいつ嫌なヤツ、と思った人はひとりもいなかったけど、それでも相性が生じるのが人間関係。

だから、最初から高額コースを申し込むより、月会費制や一番安いチケットで試してみるのもひとつの方法かな、と思います。

女性トレーナー希望

パーソナルトレーニングだと、トレーナーとの距離が近いんですね。

指導の過程で体に触れられることもあるため、男性トレーナーはちょっと・・・という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、妥協せずに女性トレーナーがいるところを探すべき!

少しでもストレスになることは、減らした方が続けられますから。

女性専用ジムでなくても、女性トレーナー在籍のジムはたくさんあります。ジムのホームページの「トレーナー紹介欄」等を参考にするといいと思います。

レンタル品

パーソナルジムでは、ウエアやシューズ、タオル等を無料レンタルできるところが多くあります。

仕事帰りに寄りたい、洗濯を増やしたくない、という方には嬉しいシステムですよね。

でも、私は歩いて通っているので、トレーニングウエアのまま通っています。シューズは荷物になるので借りていますが、ウエアはレンタルしていません。

自前のトレーニングウエアを持参して、それに着替えている女性もいます。

レンタル品がないと多少会費が安くなっている場合もあるので、必要なければその点も慎重に見極めてみてね。

スポンサーリンク

目的別パーソナルジムの選び方

私は、パーソナルジムに通う前、2店舗の体験に行き、結局ひとつを選びきれずどちらのジムにも入会。

目的は、もっと精度の高いトレーニングをしたかったことと筋肉を増やすことでした。

3か月ほど通って、より自分に合うのはどちらか?と考えて、ひとつに絞って結果的に1年半ほど通っています。

ダイエット

ダイエット目的であれば、必ず食事指導が付いているコース一択です。

痩せるためには、運動より食事の管理の方が重要だからね。

太っている人は、食生活が乱れていることが多い。もう自分ではどうにもならない!それなら、プロに相談しましょう、ということです。

その上で、正しい姿勢を作り代謝を上げるために筋肉を鍛えることが相乗効果になります。

ただし、先にも書きましたが、特別な事情がない限り短期集中よりじっくり時間をかけてじわじわアプローチしていく方がリバウンドしません。

チケットや月会費で半年をメドに通ってみると、驚くほど変化するはずです。

運動不足&健康のため

運動不足解消のためだけなら、普通のスポーツジムでもいいと思うけど、正しいトレーニング姿勢を学ぶならパーソナルトレーニングがおススメです。

更に、膝や腰が心配。という多少の不具合を抱えている方にも、パーソナルトレーニングをおすすめしたい。

ここに書いた【co-nectコネクト】は、1回60分のセッションの中で揉みほぐし、ストレッチ、トレーニングをやってくれます。下の写真はコネクトの店内。

co-nectコネクト

きょうはトレーニングだけ。きょうは疲れているからストレッチで。というように、希望に沿ってメニューを組んでもらえます。

最近、パーソナルジムはとても増えているので、こうした個性を打ち出しているところもたくさんあります。

だからこそ、目的をはっきりさせて、その目的に一番近いところを探すことが重要になります。

マッサージだけに通うより、トレーニングもしてマッサージもストレッチもした方が絶対体のためにはいいからね。

スポンサーリンク

姿勢改善

正しい姿勢を作るために欠かせないのが筋肉です。

体の癖を修正するためには、柔軟性も必要だけど、骨や関節を支えている筋肉が弱っちゃったら姿勢の保持は難しですからね。

そのために自分の弱点を知り、筋肉強化を狙って姿勢を整えていくためには、正しいトレーニングが必要。

整体院が経営している【Dr. plus Fit(ドクタープラスフィット)】や、国家資格保持者である理学療法士が運動プログラムを作成してくれる【base BODY CONDITIONING】というようなジムもあります。

最近のパーソナルジムは、ゴリゴリダイエット主義!ではなくなっているので、根気よく自分の目的に合ったジムを探すことが大事。

筋力、筋肉量アップ

こんな目的で通おうと思う女性は少ないと思だろうけど、私は筋肉量を増やしたいことが目的のひとつでした。

年齢と体質が邪魔をしたのか?かなり時間はかかったけど、一応目的は達成しました。

パーソナルジムのトレーナーは、ボディビル大会の出場経験者がいたりします。私のBEYONDトレーナーもそのひとり。

【BEYOND】は、大会経験者が多いことも特徴と言えます。

だからと言って、男性会員が多いかというとそうでもない。同年代の女性とも何人か一緒になりましたからね。

ボディビル大会出場経験があるということは、実際に自分が筋肉量を増やし、体脂肪を減らす体験をしている。その上で、いかに美しい筋肉を作るかということに切磋琢磨している。

その経験で培ったノウハウを教えてもらうことができちゃうんです。

人によってやり方や効果的な方法は違うけど、知識の蓄積にはなりますからね。あとは自分流に工夫をすればいい。

ランキングサイト&まとめサイトは要注意

「パーソナルジム おすすめ」と検索すると、膨大な量のパーソナルジムをまとめたサイトが出てきます。

これってなぁと思うんですよ。

例えば、ランキングサイトの場合、掲載しているジムに全部通って試してみたんですか?と問いたい。

全てのジムに通った感想を元に書いているなら、信ぴょう性はある。でも、サイトを見て並べただけなら、まったく信用できませんよね。

しかも、パーソナルジムはアフィリエイト案件が多数あるので、そうした案件だけを並べているサイトもあります。

おすすめにしても、何を根拠におススメしているのか?おススメポイントを読んでみても、それどこのジムでも当てはまる条件じゃない?と思うことも。

そして、掲載しているのは、概ね高額アフィリエイト案件だったりします。

まだスタ!でもアフィリエイト案件を掲載しています。じゃあ、他サイトのことを言えないじゃーん!という声、真摯に受け止めます。

それでも、なるべく読んでくれた方に役に立つように、自分が体験したことを率直に書くよう努力しています。

BEYONDトレーニング

スポンサーリンク

小さなジムもおススメ!

大手は広告費がかけられる。でも、弱小ジムや個人で運営しているジムは、そこまで広告費を使えない。

だけど、いいジムはたくさんあります。経営者自身がトレーナーをしているジムは、信用がジム経営にダイレクトに響いてくるから、真摯に向き合ってくれます。

と、感じているのが、三軒茶屋の「Booster Active Club」や六ッ川の「Peace Fitness24」

Booster Active Club

「Booster Active Club」でのラットプルダウン。

整体院がジムを併設しているところも意外とある。まだむ世代で故障を抱えている人は、そうしたジムだと安心です。

結局どうやって見つけたらいいのか?

1.「パーソナルジム ○○」と、○○に自分が通いやすい詳細な地名を入れて検索。駅名でもOK。
2.それで出てこなかったら、区や町の名前で検索。
3.その中で「スポンサー」と書いていないサイトを順番にクリックして、詳細を見ながら検討します。

私は、歩いて通えることが必須条件だったので、最寄り駅の名前で探し2件ヒット。で、その2件ともに体験に行ってみました。

通いやすいところにあることが最重要だけど、必ずしも歩いてその条件で見つかるとは限りませんよね。

その場合、なるべく通いやすい場所で再検索し、候補を見つけます。いくつか候補を上げてから、自分の目的に合ったところを選んで体験またはカウンセリングに行ってみます。

事前の体験やカウンセリングは、絶対に行くべき!実際の店舗に行ってみると、清潔感や雰囲気、設備、トレーナーの対応等がはっきりわかりますからね。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットもトレーニングも姿勢改善も運動不足解消も、全て積み重ねです。

己を知り、努力を重ねるしかない。その道しるべを付けてくれるのがトレーナーです。

【きょうのまだスタ!ポイント】
通いやすい場所にあり、目的に合ったジムを探せるかどうかが目的達成のキーポイント。高額料金を支払うパーソナルジム選びは、おススメサイトに惑わされず入念な下調べを!

ついさっき、同年代の地元友人が玄関先に荷物を持ってきてくれたんですね。

膝が痛くてサポーターを付けている、と言っていました。もう一人の友人は、腰痛で病院に行ったところ、運動しましょうと医者に言われたそうです。

動くこと!筋肉を正しく使ってあげること!

これ、ホント!私たち世代にはとても大切なことです。

是非、目的にあったパーソナルジムを見つけて、楽しく体を動かしてみてね。

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP