【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

続けたことで効果があったエクササイズ実際の声|ジム通いで感じている効果

運動習慣お助け情報

ごきげんよう、みかねーです。

時々チェックする発言小町に気になった投稿があったので、今回はそれを取り上げてみることにしました。

「ジムに通っている方へ。痩せた、効果があった。と感じたことを教えてほしい」「1年以上続けたエクササイズで結果がでましたか?さらに続けていますか?」というふたつの投稿。

1年以上ジムに通っていれば、それなりの効果が必ずあるし、実際私も様々な効果を感じています。

だけど、感じ方は人それぞれだし、効果や結果もそれぞれ。自己肯定感の違いにもよるように思います。

痩せるためなら、ジム通いより日頃の食生活がとっても重要になるので、そのあたりも大きく個人差が出るところ。

とはいえ、これからジムに通おうかなぁと思っている女性。今まさに通っているけど、思うような効果が感じられない女性の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

続けたことで効果があったエクササイズ

発言小町の投稿

ジム通い、宅トレ、DVD、ピラティス、ヨガなんでも良いのですが1年以上続けた方に質問です。結果出ましたか。1年経って更に続けていますか?飽きてしまいましたか?

発言小町より

この方は、DVDやYouTubeを使っての宅トレを、週1程度で2年継続しているアラフィフ女性。

ある日、手術が必要なほどの大けがをしたものの回復が早く、それは2年近く続けた宅トレの成果だと感じたのだそうです。

そうです!継続は力!

何をするかより、いかに続けるか。ここが重要だということがよくわかります。

筋肉は、あなたの忠犬ハチ公。褒めて使ってあげれば、必ずその行為に応えてくれるんです。

筋トレ、有酸素運動、ストレッチ、ヨガ、ピラティス、水泳。自宅でのトレーニング、ウォーキング、ランニング、ジムでのスタジオエクササイズ。

なんでもいいんです。運動は痩せることより、たくさんのメリットをあなたの体にもたらしてくれます。

ダイエットのためなら、目標に沿った食生活と運動が必要ですが、体のためにはとにかく動く。そして、続ける。

ここがとっても大事。

スポンサーリンク

エクササイズを続けた効果~実際の声~

女性だけの体操教室に6年ほど通っていたけど、コロナで退会してしまった女性。
通っている間は、特に成果があったとは感じなかったものの、止めたとたんに8キロ増量。この事実にびっくりしたそうです。
産後にバレエを始め8年続けている女性。
バレエをやる前は体が硬いのが悩みだったけど、前屈は頭が床につき、腹筋は6パック。O脚だった脚は変わり、毎年人間ドックで測る身長は1.5センチ伸びたそうです。

身長が伸びたのは、姿勢がよくなったことによるものかな、と思われます。

10年ほどパーソナルトレーナーに付いて週一回の筋トレしている65歳の女性
先天的な軽い障害があり、筋トレを始めたのは痛みを感じ始めた頃だったそうです。
手術が嫌でダメ元で続けたところ、痛みも感じなくなり、フルマラソンが走れるようになったとのこと。硬かった股関節も、人生最高に柔らかくなったそうです。

投稿へのレスを、3つ紹介させていただきました。ご興味のある方は、もっと掲載されているので、読んでみて。

発言小町の投稿はこちら

運動の継続により、身体がこんなに変わるんだ!ということがよぉーくわかります。

読んでみたら、あなたも体を動かしてみたくなるかもよぉー。

私が実感しているエクササイズ効果

ジム歴10数年。走ると泳ぐ以外、うんまぁ、いろんなことをかじってきました。

その中で、体脂肪率を落とすために一番効果的だと感じていたのがトランポリンエクササイズのユーバウンド。

でもねー、キツイのよっ。最初の10分で太ももパンパン。

初心者にはおススメしないし、私も60代になったので、もう無理かも。と、最近は全くやっていません。

痩せるために、ジム入会当時やっていたのがボクササイズ。これも、体脂肪を落とすためには効果的です。

筋トレが習慣になったのは、ここ3年ほど。ルネサンスのTryNationsに参加したことがきっかけでした。

筋トレ習慣によって、体重は変わらないけど、以前は23%ほどだった体脂肪率が20-22%で安定しています。

最大の効果は、姿勢がよくなったこと!これは、全身の筋肉でしっかり体が支えられるようになったからだと思います。

みかねー姿勢

左が多分3-4年前、右が2023年。立ち姿は違うけど、2023年の方が芯がある立ち姿になっています。

あと、美しい姿勢のキープには体幹の筋肉を使ってあげることが重要。そのために効果的だと感じたのが、サーフフィットネス。

ジム通いで感じている効果

発言小町の投稿

ランニングマシンで20分から30分ウォーキングとランニング、その後マシンを数種類。だいたい1時間ほどの運動を週に3〜4回。スタジオエクササイズを週に1回ほど。

体脂肪率は少し減って筋肉量が増えてるのですが…。一向に痩せません。

ジム通いでやせた、こんな効果があったよ、こんなふうに頑張ってます、という方、アドバイス頂けないでしょうか。(抜粋しました)

発言小町より

ジムに通い始めて、1か月の50代女性の投稿です。

まず、1か月程度では顕著な効果は期待できません。それでも、体脂肪率が減って筋肉量が増えているのは、きちんと効果が出ている証拠です。

このまま2か月、3か月と続けていけば、見た目でもわかるほど変わっていくはずです。

余談ですが、痩せるためなら筋トレ後の有酸素運動の方が効果的。

1か月も続けたんだから!と思っちゃいますよねー。でも、1か月なんて、初めの1歩、準備運動程度と思いましょう。

50代になったら数か月、半年は見ておくべきかな。

スポンサーリンク

ジム通い効果~実際の声~

前に比べて、腕や太ももは引き締まった気がします。実際に、鎖骨が見えるようになり、洋服を着た時のデコルテは良くなったように思います。
通い始めた当初、痩せたと周りに言われ出したのは3ヶ月ぐらい経った時でした。
ジム通いで変わったことは汗の質、そして肌の状態です。そして、汗をかくせいなのか運動のせいなのか、肌の状態がすごくよくなりました。あと私はフィットネスバイクが好きなのですが、お尻とか太ももの形がすごく変わりました。

そう言えば、以前プロのメイクさんから、「運動習慣がある人は、お肌がきれいな人が多い」と聞いたことがあります。

ふたつだけ掲載してみましたが、たくさんのレスが寄せられていました。

筋トレをしていると体脂肪率は減っても、体重が減らない。という意見は多かったですね。

でも、大事なのは体重じゃない!ここ!声を大にして言いたい!体脂肪率や筋肉量の変化こそ、気にしてほしいんです。

そして、50代だと1か月程度じゃ全く変わらない、という意見も多く見られました。これは真実。だけど、ここで諦めちゃいけない。

スポンサーリンク

ジム友と私の実際の効果

今のジムに移って4年半ほど。その間に「痩せたなぁ」と思う女性を何人も見てきました。

一番すごい!と感じたのは、病気がきっかけで80キロ台まで太ってしまった40代女性。3年ほどかかったそうですが、今は20キロの減量を達成。

とても美人さんなので、親しく会話をするようになる前から、止めずに続けてほしいなぁと陰ながら応援していました。

初期の頃は、バーベルを使った「ボディパンプ」というスタジオクラスと、筋トレを組み込んだ全身のワークアウト「ボディアタック」に参加していたそう。

でも、なかなか痩せなくて、次にトライしたのがグリットストレングスという30分のHIITトレーニングプログラム。

これを始めたことで、加速度的に体重が落ちて行ったと彼女は言っていました。だけど、そこまで2年かかっています。

でもさ、グリットはべらぼうにきついのよ。それでも、HIITトレーニングは、絞るために有効と言えます。

体力の違いや好みによって選択肢は違ってくるけど、あれこれとやっているうちにこれだ!と感じるものを見つけられたら最早達成とも言える。

私にとってそれがボクササイズでした。ボクササイズにのめり込み、数か月で体重を元に戻せましたから。

スポンサーリンク

まとめ

エクササイズにしてもジムにしても、まずは続けることが一番大事。

そのためには、ダイエット目的だけだと挫折しがちになるから、やっぱりこれ好き!を見つけることが重要。

好きなことが見つかれば楽しいから続けられるし、そうして続けているうちに「痩せたじゃん」と喜ばしい効果がついてきます。

ま、それでも運動後に爆食いしてたら結果は伴いませんけどね。

でも、たとえダイエット効果を感じられなかったとしても

・疲れにくくなった
・姿勢がよくなった
・寝つきがよくなった
・体脂肪率が減少した
・肩こりが軽くなった

などなど、他のメリットをたくさん感じられるはず。

【きょうのまだスタ!ポイント】
当たり前だけど継続は力!です。何をするかより、いかに続けるか。この工夫に心血を注げば、1か月、半年、1年、5年後のあなたは大きく変わっているはず。諦めずにトライ&エラーです。

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP