【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

女性は宅トレとジムトレどっちがいい?メリット&デメリットは?

運動習慣お助け情報

ごきげんよう、みかねーです。

自宅で行う宅トレとジムでのトレーニング、どっちがいいのか?

結論から申し上げちゃいますと、どっちでもいいんです。好きな方を選べばいいんです。誰にも、後ろ指は刺されません。

私はジム歴10数年になるので、個人的に聞かれたら「絶対ジム!」と答えます。自分が楽しいから。そして、成果や効果も感じているから。

でも、人には向き不向きがあるし、好みもある。そして、それぞれに生活環境も違うので、そんなことを踏まえつつメリットやデメリットを上げながら宅トレとジムトレのどっちがいいか?考えてみましょう。

スポンサーリンク

宅トレとジムトレはどっちがいいの?

目的は何?

どっちを選ぶかは、目的によっても違ってきます。

例えば
・ボディメイクをしたい
・筋力をつけたい
・痩せたい

というのであれば、ジムトレをおすすめします。

痩せたい場合、大事なのは食生活。そこも指導してもらうことが最速の近道になるので、本気ならパーソナルジムをおすすめします。

いやいや、それほどでもないから。というのなら、食については自分で学び、宅トレをするという方法でも続ければ必ず結果は伴います。

ダイエットは必要ないけど、筋力をつけたい。筋肉量を増やしたい。ボディメイクをしたい。

ということなら、マシンやトレーニンググッズが整っているジムがおススメです。

ラットプルダウン

そうではなくて
・健康のため
・運動不足だから

というのなら、宅トレでも十分。

でも、ひとりで続けられますか?という大きな課題がある。

私は、ひとりで続けられないタイプだったし、ボクササイズ目的でジムに通うようになりました。

スポンサーリンク

会費を払うか?否か?

スタンダードなスポーツジムだと、地域にもよりますが大体月会費は1万円前後。

一番安く利用できるのは、地域の公営スポーツセンターです。そうした施設なら、1回数百円で利用できます。

ただし、家から離れていると、通うのが面倒になって続かなくなることも考えられますのでご注意を。

youtubeを見ながらの宅トレなら0円。今は、ものすごーく多種多様なトレーニング動画があるので、あれこれ物色しながら楽しめます。

もしくは、オンラインフィットネスの「LEAN BODY(リーンボディ)」や「オンラインフィットネスSOELU」なら、ジムに通うより安く利用できます。

LEAN BODY:2週間の無料体験、その後は1か月1,980円
SOELU:最初の1か月100円、その後は月4,378円(税込)

スポーツジムにもいろいろある

私が通っているのは、スタジオプログラムもあって、筋トレマシンや有酸素運動用の設備も整っている総合スポーツジム。

エニタイムやJOYFIT24のようなトレーニング専用のジムは、初心者女性にはお勧めしません。

https://i0.wp.com/mia-amica.com/wp-content/uploads/2022/07/mika80.jpg?fit=80%2C80&ssl=1
みかねー

どうしてかって?最初からひとりで筋トレをするのは、かなりハードルが高いと私が感じているから。

で、行ったことはないんだけど、パーソナルトレーナーが自分のトレーニングのために通っている率が高い。

ということは、ガチ筋トレ勢が多いに決まってる!という理由です。

宅トレかジムトレか?と悩んでいるなら、まずはいろんなことができる総合スポーツジムを検討してみて!

スポンサーリンク

宅トレのメリット&デメリット

どちらを選択するにしても、目的を明確にしておいた方が続けられます。

その上で、両方のメリット&デメリットを理解し、自分の性格や生活環境、ジムの立地等を考慮して選ぶと失敗がないかな、と思います。

メリット
・手軽
・いつでもできる
・費用がかからない
・誰にも見られずできる
デメリット
・メニューに迷う
・トレーニングの正しい姿勢は自分で学ばなければならない
・いつでもできる安心感はフェードアウトしがち
・飽きる

こんな感じでしょうか。

動画も最初は楽しいんだけど、そのうち飽きてきたりもしちゃうんですよ。←これ私。

宅トレをするなら、何曜日の何時にやる!と事前に決めておくことをおすすめします。

私は、コロナでジムが休館になったとき、動画でトレーニングをしていましたが、毎日午前10時から!と決めていました。

https://i0.wp.com/mia-amica.com/wp-content/uploads/2022/07/mika80.jpg?fit=80%2C80&ssl=1
みかねー

その時利用していたのが、鈴木達也さんの「PRIDE BODY」というプログラム。これにハマっちゃって、有料動画も申し込んで最後までやりこみましたよ。充実感あったなぁ

1日10分、20日間の無料プログラムもあります。

スポンサーリンク

ジムトレのメリット&デメリット

私はジム派なので、生活環境やお財布事情が許されるのであれば、断然ジム通いをおすすめしたい!

行きたいジムより、最初は24時間トレーニングジムを除外した一番近いジムを選んでみてね。通うハードルは、低い方が続きます。

メリット
・選択肢が多い
・トレーナーの指導も受けられる
・ジム友と共有できることがある
・お風呂も利用できる
デメリット
・毎月の会費がかかる
・ジムまで移動しなければならない
・ジムウエアやシューズが必要になる

宅トレであろうとヨガマットは必要ですが、ジムに通うとなるとウエアやシューズが必要になります。

お風呂に入ればタオルも必要。ということで、洗濯物は増えます。これもある種のデメリット?

ま、洗ってくれるのは洗濯機ですけどね。

それを考えても、やっぱりジム押しです。大きなお風呂があるジムの会員になると、自宅のお風呂には入らなくなります。

だって、大きいお風呂気持ちいいですもん。

動画を見ながらダンスやストレッチ、軽い有酸素運動をするなら十分だけど、筋トレをしようと考えているならジムです。

まずは正しいトレーニングの姿勢を学んだ方が、ケガの予防にもなるし効果的。

自己流で頑張って、どこかに痛みが出ちゃったら、続けるモチベーションが一気に失せちゃいますからね。

スタジオプログラムがあるジムなら選択肢も多いので、これ好きかも!が見つかるかもしれない。そうすると、それが続ける動機になります。

スポンサーリンク

おまけのここだけの話し

昨日、ジムのサウナで話をした同年代の女性は、途中家庭の事情で休んだこともあるそうですが、ジム歴20年以上になるそうです。

週に2回程度しか来ないし、激しいトレーニングは一切しないとおっしゃっていましたが、継続の力を彼女のボディが語っていましたさ。

「筋力がなくて~」とおっしゃっていたものの、ぼてっとした印象は全くなく、すらっと軽やかなボディ。

もちろん、彼女の食生活や環境、DNA等も大いに関係しています。だけど、細々とでも続けることがどんなに大事か!ってことを改めて感じました。

だからね、宅トレであろうと、ジムトレであろうと、続けることが肝心。

自分にとって、続けられるのはどっちだろう?と考えてみてね。

まとめ

ジムに通える環境であれば、是非1度行ってみて!

最近は、新規会員の獲得に向け、様々なスポーツジムでお得なキャンペーンを展開しています。

例えば2024年1月末現在、以下のようなキャンペーンが実施されています。

ルネサンス
ジム・サウナお試し会員:月5,500円(税込み)

コナミスポーツセンター
1・2月 0円体験

利用期間の条件等、縛りがあったりもしますが、それでもお得。ジムってどお?を試してみる価値はあると思います。

【きょうのまだスタ!ポイント】
あなたの環境によっても違ってくるけど、まずはジムをおすすめしたい。どこでやるかという選択より、いかにして続けるか?の条件を上げて考えてみて。
それではまた、ちゃおっ
スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP