まだむダイエット

私も陥った魔の更年期太り!生活は変わらないのに理由は何?対策を伝授


アラフィフになると「今までと同じ生活をしているのに、最近太ったかしら?」と感じている女性、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

ジムで会った同年代の女性、そして仕事絡みの会合で会った同じく同年代の女性。二人の共通点は年齢。そう!更年期に差し掛かるお年頃。

その二人が「更年期で8キロ太り、コレステロール値が上がった」と全く同じことを言っていたんです。

実は私も生活は変わっていないのに、じわじわと体重が増え始め、その対策としてスポーツジムに通いだした次第ですし。

どうして女性は更年期を迎えると「太りやすくなるのか?」理由と対策を、自分の経験と照らし合わせて深堀りしてみたいと思います。

更年期に太る理由

更年期を迎える年齢は人によって大きく違いますが、大体45-55歳と言われています。

そしてその間、女性ホルモンの減少と共に表れる体や心の様々な症状を「更年期症状」と言います。

人によって、その症状はいろいろですが、女性ホルモンの減少と共に現れるひとつの大きな変化が体重増。

女性は閉経後に、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減少します。エストロゲンは、コレステロール値を正常にし、脂肪の代謝を促す働きがあるため、エストロゲンの減少と共に脂肪が代謝されにくくなり、太りやすくなるということですね。

ということで、更年期に今までと同じ生活をしていても太ってしまうのは、この女性ホルモン減少によるものです。

対策その1 生活全般を見直す

そんなわけで、女性ホルモンの減少によってジワジワ増えてしまった体重や脂肪は、早いうちに減らすことが大事。

放置しておくと、そのまま脂肪が定着するだけでなく、気づいたときに食い止めないと怒涛の脂肪ラッシュがやってきます。太ると動くのがより億劫になるので、早い段階でやる気スイッチを押すことがカギです!!

同じ生活をしていると体重が増えていくので、食生活を見直す、食事のカロリーを見直す、運動量を増やす、日常生活の中で出来るカロリー消費を考えるなど、無理なく各自が毎日行えることで生活全般を見直すことが必要となります。

ちなみに、私はスポーツジムに通い始めて、有酸素運動を週に2回ほど行うことで、最大マイナス5キロ減らしましたが、今は筋肉量が増えてマイナス3キロほどに落ち着き実に快調です。

対策その2 筋肉量を増やす

加齢とともに筋肉量は減っていく傾向があります。筋肉を増やすと代謝が上がるので、筋肉を増やすことも大事。

ということを知ってから、私は有酸素運動に「筋トレ」を加えました。きついトレーニングでなくても、階段を使うとか、速足で歩くだけでも筋肉は鍛えられますが、効果的なのは「スクワット」

スクワットは下半身の大きな筋肉を鍛えることができるトレーニングなので、消費カロリーが大きいのが特徴。

ひとりで簡単にできるので、是非実践していただきたいと思いますが、大切なのは実行する際の姿勢。

正しいスクワットの姿勢

上の画像を参考に

  • 膝がつま先より前に出ないよう注意
  • 椅子に腰かけるようなつもりでお尻を後ろに引く
  • 姿勢よく腰を落としていく
  • お腹に力を入れる
  • つま先と同じ方向に膝を曲げる

これらを注意しながら15回ワンセットで3セットと、私はトレーナーに言われていますが、最初はきついと思うので、筋肉に効いていることを実感しながらできる範囲内で!

対策その3 継続が大事

私は有酸素運動によって3キロ減らし、その後筋トレをプラスしたトレーニングを続けているので、とりあえず「魔の更年期太り」から脱出することができましたが、全てやめてしまったらきっとまた太ってしまうでしょう。

いわゆる巷で言われている「ダイエット」というのは、減らすことが大きな目標になっていますが、アラフィフ女性の場合、減らして痩せることより適正体重を維持することが健康にとって一番必要なことです。

適正体重っていったい何キロ?というところを気にするのではなく、自分が気持ちよく動ける体重を目指にしましょう!

脂肪が付いてくると、身体が重たくて動きが悪くなりますし、ついつい階段を避けたり、歩ける距離なのに乗り物に頼りたくなりますが、人生長くなると自分にとって一番パフォーマンスがいい体重をわかっていると思います。

そこを目標にすること、そしてその体重をキープすることが何より大事なので、決して目標を達成したところがゴールではなく、むしろ達成地点からがスタートかな。

私は最大5キロ減らしましたが、その後少し増えて今が適正体重だと感じています。

対策その3 体幹を鍛える

大きな筋肉を鍛えてることは、カロリーを消費すると共に代謝を上げるとすでにお伝えしましたが、それが習慣になったら、「体幹を鍛える」ことにも意識を向けてほしいです。

私はパーソナルトレーニングを受けるとき、「立つ姿勢」のチェックをしてもらっています。自分では正しく立てているつもりでも、細かくチェックをしてもらうと気づきがいっぱいあります。

毎日ほぼPCの前に座って仕事をしているので、顔が前に出がちな姿勢になってしまうので、鏡を見ながら耳と肩のラインを揃えるように調整します。

ただ、正しい姿勢を保つためには、体幹を鍛えること必要になってきます。体幹が鍛えられると、苦しくなく正しい姿勢を保っていられるようになるし、体幹の筋肉を鍛えることで更なる代謝アップとカロリー消費が期待できます。

体幹トレーニングに付いては「アラフィフが美しい姿勢で歩くためには足裏と全身バランスチェックが肝」に書いてありますので、是非ご参考くださいませ。

それではまた。ちゃおっ

 

ABOUT ME
みかねー
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。