【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

体の歪み?と感じた不具合を改善するレッスン体験|私はおじさんだった!

50・60代のスタイルアップ術

ごきげんよう、みかねーです。

長年、いろんな運動をしていると、動きの癖による体の歪みからくる不具合かも?と感じる不調が生じます。

それが今回、膝の痛み。

整形外科に行ったとしても、見てもらえるのは膝だけ。

そして、生じている痛みに対する治療のみになりますよね。

原因は?何故、その症状が出ているのか?膝だけの問題なのか?様々な疑問が残ります。

私は、痛みが出ている根本原因を知り、体全体の調子を整えたい!そして、いくつになっても動ける体でいたい。

ということで、以前から不具合を改善するときは、この人に相談したい!と思っていた講師のプライベートレッスンを受けに行ってきました。

すると、なんということでしょう!!

私は、おじさんでした。

という体験等を語ってみることにします。

スポンサーリンク

体の歪み?と感じた不具合

今のジムに入会した4年半ほど前にも、スクワットをすると膝が少し痛い。という不具合を抱えていました。

その時は、バーベルエクササイズのインストラクターさんに相談したら、有効なストレッチを教えてもらって解決したんですね。

ところがっ!記憶力が幼稚園児なみの私。すっかり忘れちまった。なんという勿体ないこと。

今回も、少し前からスクワットをするとき、階段を上るときに微妙に膝が痛い。

そりゃあね、年齢から考えたら軟骨がすり減って「変形性膝関節症」っつーヤツになっているのかもしれません。

でもね、それは結果であって、その症状が出ている根本原因が知りたい。

へ?みかねー何言ってんの?根本原因が加齢ってことでしょ。という声が聴こえてきそうだわね。

うん、それも原因のひとつだと思います。

だけど、体の使い方に歪みがなければ、痛みが軽減するか、もっと快適に動けるはず。と私は思っているわけです。

だからこそ、激しく痛くなる前に対処したい!ということで、以前からこの人に相談したい!と思っていた女性講師のパーソナルレッスンを受けに行ってきました。

スポンサーリンク

不具合を改善するレッスン体験

姿勢チェック

姿勢チェックシート

これが、前・横・後ろをチェックしてもらった結果を表すシートです。

以前、整体の先生にも「オラオラ歩き禁止!」と指摘されたように、私はがに股。

オラオラ歩き

歩きたばこはしませんが、オラオラ歩きのイメージね。体の癖ってのは、そう簡単には治らない、ということがよぉーくわかりました。

骨盤はやや左寄りで後傾気味。それにより、太もも前に張りが生じてしまいます。

そして、足先がオラオラ系になっているため、膝も外向きになりがち。これが、膝の痛みの原因と言えます。

しかも、足先が外側に向いていることで、やや小指側が浮きがちになる癖がありました。

母指球

ボクシング系のエクササイズ歴が長いので、母指球はしっかり床につけられるけど、小指球(小指の付け根)が浮きがちになってしまいます。

スポンサーリンク

調整

で、土踏まずにベルトを引っ掛けて、先生に補助をしていただきながら、こんな感じで片足ずつ全体を内側と外側に倒します。

脚の調整

脚全体が悲鳴を上げていました。満足に倒せず、痛くて笑えてきます。

すると!なんということでしょう!

壁に足裏全体を付けて仰向けに寝た状態で感じる壁の確かさが、施術前と後では全然違う。

しっかり、足裏全体で壁をとらえている感じ。そして、調整によって足が長くなったらしく、足裏で感じる壁の圧が違っていました。

脚全体が正しく使えていなかったり、関節の可動域が狭くなっていたりすると、必ず不具合が生じると思うんですね。

それを放置していると、ますます調子が悪くなっちゃう。そうならないためには、何事も早めの対処が肝です。

レッスン後の姿勢

ビフォーの写真を撮らなかったので、比べることができなくて残念ですが、先生の言葉に従って整えて立ってみた姿です。

正しい姿勢後ろ

逆光なので、後ろ姿がちょっとわかりづらくてスイマセン。両足の間に挟んでいるのは、ヨガブロックです。

肩はほぼ水平。脚もほぼまっすぐ。両手の位置も、概ね左右対称になっています。

正しい姿勢横向き

耳、肩、くるぶしがほぼ一直線上に並んでいます。これが横から見た場合の正しい姿勢。

正しい姿勢正面

いえね、写真を撮るときは調整してもらっているので、何とかなっているけど、これをずっと続けて!と言われたら違和感がある。

通常の体の使い方と違うから、自分では不自然に感じてしまうんですね。

レッスンを受けた後、いつもと同じように立っている自分にハッとして観察してみると、必ずつま先が外側を向いていました。

これをコツコツ修正していこうと思っています。

スポンサーリンク

私はおじさんだった!

日頃から、もしかして私はおじさん?と思うことは多々ありました。

それがなんと、体までおじさんよりだったとは?!

先生が見てきた中で、女性に多い特徴、男性に多い特徴があって、完全に私は男性に多い特徴てんこ盛りだそうです。

姿勢に歪みがある場合、筋力が弱い女性には、正しく立つための立ち上がり方から指導するそうです。

でも、女性に比べて筋力のある男性は、指導方が異なるわけで、私はそっち。

それに加え、オラオラ系の足の特徴、それを修正するための方法。全部おじさん向けってことになる。

いえね、私だけじゃなく、筋力がある女性はそういう傾向があるかもですし、オラオラ脚は私だけじゃないし。。。と、言い訳をしてみる。

要は、自分の体の使い方や癖、傾向、それに伴って生じる不具合を察知できることが重要です。

先日、この記事に運動を続けた一番の成果は「姿勢がよくなったこと」と書きました。

もし、運動習慣がなければ、体幹が弱いことによる歪みもあったかもしれません。

先生の見つけ方

私は、キックボクシング、パーソナルトレーニング、今回の姿勢調整、全ての講師に恵まれています。

今回の先生は、ヨガのインストラクターをしている方ですが、とにかく勉強熱心でものすごく知識量が豊富と感じていたんですね。

だから、この人にお願いしたい!と思いました。

キックボクシングは、グループレッスンに何度か参加して、軽快な指導が気に入り、パーソナルをお願いするに至りました。

そして、パーソナルトレーニンの初代トレーナー星くんは、マニアックな指導がすごく好きだったんですね。

こうした、お気に入りの先生を見つけるには、日頃から目を光らせておくこと。

そして、いろんなクラスに参加したり、いろんな体験をしていくと、自分の好みや欲していることがわかってくるようになると感じています。

こうしてつながった先生たちは、私のハッピーや快適をサポートしてくれている貴重で大事な方々です。

スポンサーリンク

大事なこと

ここからは、完全に私見です。

身体は自分で治す!私は、ここを大事にしたいと常日頃から思っています。

いや、その前に不具合が生じないよう体調を整える。ここが重要。

そして、もしもあれ?と感じたら、その原因を追究し、自分で対処できる方法を見つけたい、と思っています。

以前、どこかの記事でも書いたけど「体の声を聴く」ことをおざなりにしちゃいけないと思うんですね。

「お腹いっぱい」と体がサインを出しているのに、おいしいからとそれ以上に食べちゃう。

自分の不調は運動不足だと、ということがわかっているのに、動くのが面倒だからとだらだらしちゃう。

これらは、体の声を無視していることになる。無視し続けていると、身体が怒って不調という仕返しを食らっちゃうんです。

そりゃあね、人それぞれに体質や体の特徴、生まれつきのサムシングはあります。

だけど、体の声を聴くことは絶対に必要!と私は思っています。いかがかしらん?

まとめ

先生と話していて、運動習慣があることによって助けられている部分も多々ある、と感じました。

反対に、運動をやりすぎることで招いてしまう不具合もあるはずなので、定期的なチェックは必要と痛感しました。

キックボクシングは、左足を前に構えるのがスタンダードですが、私は右足を前に出すサウスポー構えも同時にやってもらっています。

これも、なるべく体に歪みを生まないための措置。

例えば、ゴルフや野球、弓道など、片側だけを使うスポーツは、丁寧なメンテナンスが必須と感じます。

【きょうのまだスタ!ポイント】
体の歪みは、ひとつのパーツを見るだけでなく、体全体のバランスが大事。そのためには、自分の体の使い方の癖を知り、対処方法を習得することが長く快適な体をキープする極意。

おかげで、階段を上がるときの膝の痛みはなくなりました。あとはスクワットだな。

これからバーベルエクササイズクラスに参加するので、どうなるか?無理のない範囲で動いてきます。

ま、絶対痛みはなくなると信じているけどね。

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP