アラフィフダイエット方法

40代/50代女性のリバウンドしない痩せ方にはこの3つのポイントが必要不可欠


ごきげんよう、みかねーです。

どんなお年頃であろうと、女性にとって永遠の課題とも言える「ダイエット」

でも、ひと口に「ダイエット」と言っても、歳を重ねると結果が出にくいという残念な事実がぴたーっと張り付いてきます。

じゃあ、40-50代の女性のリバウンドしない痩せ方は、どんな方法がいいのか?

リバウンドしてしまう理由を探れば、急激に痩せるのがNGであることは簡単にわかります。その上で絶対抑えるべき3つのポイントをご紹介したいと思います。


リバウンドのメカニズムを知る

リバウンドとは?

極端な食事制限や、急激な体重の減少などの無理なダイエットで減らした体重が、元に戻ってしまうことを意味します。

コトバンク「リバウンド」より

体は、自分が長い間一定に保っていた体重を記憶しています。そのため、急激なダイエットで体重を落とすと、体は記憶している以前の体重に戻そうという働きをします。

しかも、ダイエット中に極端な食事制限をすると、栄養もカロリーも足りていない飢餓状態になっていたため、身体は栄養を蓄えようと活発に動き出します。

そんな状態を作っていた身体のまま食事を元に戻せば、リバウンドどころか、ダイエット以前より体重が増加!ということにもなりかねないわけです。

リバウンドしない体重減は、1か月に今の体重の5%以内が適当と言われています。60キロの人なら、1か月3キロ以内。

極端な食事制限で消費エネルギーが不足すると、筋肉を分解してエネルギーを作るので、筋肉量まで減ってしまいます。

その結果、体重は減っても、力が入らない疲れやすい体にもなってしまいますし、リバウンドしたときには筋肉量は減っていますから、締まりのない体になってしまうというダブルダメージ!

40代・50代のリバウンドしない痩せ方

ポイント1 食事の内容を把握する

急激な食事制限によって体重だけを落とすと、食生活を元に戻せば体重も元通りになってしまうことから考えると

ストレスにならない程度の食事のコントロールを地道に実行することが近道です

近年、カロリー制限で痩せることはあまり推奨されていません。

何故なら、同じカロリーでも例えば「清涼飲料水・肉・バター」では、食材を構成している栄養素が全く違うため、食事をカロリーだけで捕らえられない、ということです。

30-50代女性の1日に必要なカロリー量は2000Kcalほど。

ダイエット中でもカロリー摂取量を気にしなくてもいい!カロリー制限は必要なしという新常識「あれ?ちょっと太ったかしら?」と思ったら、意識して食べる量を調整し、1日の摂取カロリー量を調整するのはダイエットの常識でしたよね。ところが、今は摂取カロリー量は肥満と関係ないことが、医学的にも証明されています。...

摂取カロリーを大幅に割り込んでしまうと、十分な栄養が摂れなくなり、40代・50代の女性にとっては若々しさを失い、疲れやすくなる可能性もあります。

だから、この必要摂取カロリーを超えず、尚且つ摂取している内容をしっかり把握することが大事!

そのためには、1日の食事を書き出してみること。そうすると、毎日自分が何を食べ、どこに問題があるのかが明らかになってきます。

ポイント2 少しでいいから毎日の活動量を増やす

年齢を重ねると、緩やかに筋肉量が減り、基礎代謝もダウンしてきます。若い頃に比べると、活動量も減ってきますよね?

子供が小さい頃は、走り回る子どもを追いかけたり、子どもに付き合って歩き回ったりと、自然と活動していますが、子どもが成長するにつれてそうしたこともなくなってきます。

だから、意識して活動量を増やしていかないと、消費カロリーは年々衰え、その結果、筋肉量も減ってきてしまいます。

皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間にあるので、筋肉を鍛えることで皮下脂肪が支えられ、スタイルアップにもなってきます。

50代女性は「プラス10」の運動習慣で筋肉量減少と体脂肪増の予防がマスト人は40歳前後から徐々に筋肉量が減少しますし、女性ホルモンの減少と共に体脂肪が増えていきます。でも、忙しくて時間が取れないし」とか「運動は苦手だし」と思う方には、厚生労働省が推奨している「プラス10」運動習慣がおススメ。...
ウォーキングの効果は侮れない!消費カロリーは?効果が出るのはいつから?先日、同じファイティングジムに通っている従妹と妹と3人で食事をした際、ダイエットに「ウォーキングは侮れない!」という結論に達しましたので、消費カロリーや効果が出るのはいつからか?ということを掘り下げてみたいと思います。...

いきなり激しい運動でカロリー消費をしようと思っても続かないので、まずはウォーキングや階段を使うことから始めてはいかがでしょうか?

ちなみに、必要摂取カロリーの10%に当たる約200kcalを消費するために必要な運動は、以下のようになります。

体重53キロの女性が約200キロカロリーを消費する運動

  • 約25分の平泳ぎ
  • 約30分のランニング
  • 約40分のエアロビクス
  • 約80分のウォーキング

大体こんな感じ。

リバウンドせず、尚且つ老けない痩せ方をしたいなら、運動は不可欠です。日々の活動の参考にしてみてください。

ダイエットは、単に体重が減ればいいのではなく、健康状態は維持しながら、老け込んだ印象にもならず、すっきりしたボディを手に入れること!ですものね。

ポイント3 糖質コントロール

糖質量をコントロールする!これもダイエットには必要不可欠です。

食材によって糖質量が大きく異なるので、それを利用するのも手です。

例えば、イモ類だと「さつまいも⇒ジャガイモ⇒山芋⇒里芋」この順に糖質量が低くなっていきます。お芋さんを食べるなら、ダイエット中はサトイモに。

ジャガイモは血糖値を上げるGI値も高いので、ダイエット中は避けたい食材です。根菜より、葉物野菜の方が糖質量が低いので、賢く利用しましょう!

炭水化物の糖質量や1日の女性の摂取量は?何を選べばダイエットにつながる?炭水化物に含まれる糖質量と、女性が1日に摂取する量を知ることで、何を選べばダイエットにつながるのかがよくわかるし、コントロールしやすくなれば結果も出やすくなります。ご褒美のスイーツも楽しみのひとつとして取っておきたいですものね!...

こちらに炭水化物の糖質量について書いていますので、こちらもご参考ください。

どうしても小腹が減って・・というとき、ダイエットおやつの王道は「ナッツ類」ですが、以下のおやつも糖質量が少ないので、参考にしてください。

  • 無糖ヨーグルトにきな粉
  • さきいか
  • チーズ
  • 茹で卵
  • SOY JOY(大豆を使ったバー)

こちらでは、太りやすいおやつの順位をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

ダイエット中でも「食べてもいいおやつ」を知っておくとストレスがないよね更年期を迎えてからは、ちょっと油断するとすぐに体脂肪率が増える傾向にあります。だけどスイーツが大好きなので、バランスにいつも苦慮しています。ダイエット中でも「食べてもいいおやつ」がわかれば、ストレスが少なくなってよりダイエットに効果が出るってもんです!...

まとめ

どこのページにもしつこく書いていますが、運動をしなくても痩せることは可能です。でも、筋肉量を増やすことはデメリットが何もありません。

まあ、あるとすれば「面倒」ってことでしょうか? え?それって大きい?? 確かにねぇ、運動が習慣になっていないと、こんなに面倒なことはないかもしれません。

最初のうちは面倒かもしれないけど、頑張って習慣化してしまえば、生活の一部になってくるし、反対に動いていない日があると物足りない気持ちになってきますから。

リバウンドしないダイエットは、決して難しくないんです。最初は張り切って頑張るのに、途中で挫折するのも、目標ややり方に無理があるからとも言えます。

努力を無駄にしないよう、実行前にしっかり計画を立てることも大事です。

ライザップはリバウンドすると言われていますが、大金を払ってプロのインストラクターから得たノウハウは、例えリバウンドしたとしても無駄になりません。

次の段階は、それを自分のものにしていかにストレスなくキープするかを考えればいいだけです。

ダイエットは継続が大事!と言い聞かせながら頑張っていても、顕著な結果が伴わないと心折れそうにはなりますが、続けていれば何某なにがしかの結果は必ず伴います。

ある意味、リバウンドしないダイエットを自分のために考える、と言うことは、結果も伴うとても楽しい実験でもあるわけです。楽しく実行しましょうよっ!ねっ!

それではまた、ちゃおっ