【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

ジムでのマシントレーニング6つのNG:これはやめよう!と実際に感じたこと

ジムを楽しく利用するヒント

ごきげんよう、みかねーです。

ジム歴十数年になり、ここ数年はマシンでの筋トレも習慣化してきました。

筋トレ女子も増えてきているように感じているし、私と同じ年頃の女性には是非筋トレをしてほしい!と思っているので、今回は実施ジムでマシントレーニングをしていて感じたNGを書いてみました。

ジムにもいろいろありますが、私が通っているのはごくごくスタンダードなスポーツジム。

プールはないけど、スタジオやマシンエリア、フリーウエイトエリアがあります。

筋トレに特化したジムではないので、マシンの数も多くないし、フリーウエイトエリアも広くありません。

少ないマシンを多くの人が利用するため、心がけておきたいことや、せっかくやるのなら避けた方がいいと思うことがあります。

実際に使っていて私が感じたことが、少しでもジム女子のお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

マシントレーニング6つのNG

ながらスマホ

かなり多くの女性がやっているのが「スマホを見ながら」のトレーニング。

何を見ているんですかね?

トレーニング動画かしら??

そりゃあね、確かにマシンに座って下半身だけ動かしていれば、手は空いているからスマホは操作できる。

ながらスマホトレーニング

AIで作成してみた画像を使ってみました。これじゃ、手が使えないからトレーニングできませんけどね。

でも、スマホを見ているってことは、意識は完全にスマホに持っていかれていますよね?

今使っているマシンで鍛えられる筋肉はどこですか?

そこに意識を集中しなけりゃ勿体ない!!

暇つぶしにジムに来ているから、筋肉なんてどうでもいい。というなら、それでもOKです。

だけど、多少なりとも体になにがしかの変化を求めてトレーニングをしているなら、負荷がかかっている筋肉に全神経を集中させるべきです。

そうすることで筋肉により刺激が入るし、刺激が入るってことは効果も出るってことですから。

もし、トレーニングの仕方みたいな動画を参考にしているのだとしたら、じっくり見て、その後スマホは置いて試してみる。

または、1回目はスマホを見ながら同じようにやってみて、次はスマホを置いてトライする。こうしてみてはいかがかしらん?

どちらにしても、トレーニングをするときは、是非集中してね。

だけど、この記事を読んでくださっているような女性は、そもそもながらスマホでのトレーニングなんてしないと思うわ。

スポンサーリンク

漫然と、何となく

筋トレはしておいた方がいいよね、ということでマシンを利用するとします。

やっているからOK!って感じで、漫然と機械的に体を動かしているだけじゃ勿体ない!

ながらスマホでも書きましたが、筋トレは使っている筋肉を激しく意識することで効果が違ってくる。

ここを侮るべからず!なんです。

女性に人気の背面を鍛えるラットプルダウンの基本を、上の記事に書いたので是非参考にしてみてね。

パーソナル指導を受けながらトレーニングをしているときは、効かせるべき筋肉を何度も指で指摘されます。

そうすると、そこに意識が集中するため、これはいいなと感じました。

ひとりでのトレーニングの場合も、ここに効かせる!とその部位を頭で描きつつ、そこへ意識を集中させてみましょう!

足トレなどで手が空いている場合は、効かせるべき筋肉に力を入れたとき、そこを触ってみて。硬く緊張していたら正解!

正解が得られると楽しくなりますから。

いつも同じ負荷と回数

マシンに限らず、トレーニングで適切な重さを判断するのは難しいと思うんですよ。

だからこそ、最初はパーソナルトレーニングがおススメなんだけど、自分で調整する場合は、まず無理のない重さで行いますよね。

だけど、いつまでたっても同じ重さだと、筋肉は成長しません。

健康のためであれば、もちろんそれでも十分ですが、その日の調子によって変えた方がいいと私は思っています。

私は〇キロ!と決めず、体調のいいときは少し重めに挑戦してみる。

反対に調子が悪いときは、いつもの重さより少し軽めにしてみる。という調整が大事。

セット数や回数も、いつも10回3セットではなく、少し軽めにしたら回数やセット数を多くしてみる。

重めに挑戦したら、可能な回数で終了してもOKなんです。挑戦することが大事。そこから自分の限界や、適切な重さが判断できるようになります。

ただし、正しい姿勢で行えていることが必須条件。

重くしたために姿勢が崩れては、効果が出にくくなるし、故障しちゃったら元も子もありませんものね。

スポンサーリンク

取り扱いが雑

これは比較的、男性に多いんだけど、マシンの取り扱いが雑。

重さを付けてマシンを使う場合、その重りが落ちるとき急に力を抜くと、ガシャン!と大きな音がします。

これ!気を付けたいなぁと思うんですよ。ゆっくり上げて、ゆっくりおろす。これ!基本中の基本です。

それができないなら、重すぎるはずだから調節しましょう。

だって、もし自分の道具だったとしたら、もっと丁寧に扱いませんか?

私はすごーく気になるんですよね~。

マシンだけでなく、フリーウエイトのバーベルやダンベルも同じこと。

ダンベル

バーベルを扱うスタジオプログラムの「グループパワー」や「ボディパンプ」でも同じです。

みんなが使う道具は、丁寧に扱いましょう!

長時間独占

これも男子に多い傾向。

私が通っているジムは、マシンの数が多くありません。

下のラットプルダウンという背中を鍛えるマシンは、一つしかないのでいつも込み合っています。

ラットプルダウン

ラットプルダウンでは、手の幅を変えたり、持ち方を変えることで鍛える部位が変わってきます。

だから、やりたいことがいっぱいあるのは理解できる。

でも、待っている人がいるかも。。。ということを念頭に置くべき!と思います。

3セット行ったら、とりあえず待っている人がいないか?ちょっと確認してみるのも思いやりってもんですよね。

飛ぶ鳥跡を濁さず

と、それほど大げさなことじゃないんだけど、ほぼどのジムでも使った後にマシンを拭くタオル等が置いてあるはず。

大量の汗をかいていなかったとしても、次に使う人の気持ちを考え、軽く備え付けのタオル等で持ち手や椅子などを拭いておきましょう。

それが、どれだけ清潔に対しての効果があるのか?という点は、甚だ疑問ではあるけど・・・気持ちの問題ですかね。

もし、バーを握ったときに、ちょっとべた付いていたら気持ち悪いじゃないですかっ!私はヤダわ。

で、マシントレーニング後は、気になるのでしっかり石鹸で手を洗います。これ、推奨。

スポンサーリンク

比較的マシンが空いている時間帯

順番を待ったり、多くの人が利用している時間帯は気を使うから使いづらいなぁと感じ、積極的にマシンが利用できない女性もいらっしゃると思うんですね。

仕事をしていると難しいだろうけど、ごく普通のジムなら、平日の午前中か夕方4~6時くらいがねらい目です。

初心者やまだ慣れていない方は、あまり他の人を気にせず使用できます。

スタッフさんたちもそれほど忙しくないはずなので、積極的に使い方等を指導してもらってみて。

平日の夜と週末はどうしても込み合うし、筋トレガチ男子が多かったりするので、避けた方が安心かも。

まとめ

いやさ、ある日から【きょうのまだスタ!ポイント】を書くようにしていたのに、いつの間にか忘れちゃっていた私。

ボケだわねー。と、きょうは思い出したので、まとめてみました。

【きょうのまだスタ!ポイント】
たくさんの人が集まるスポーツジムでは、思いやりが大事。それを踏まえた上で、筋肉を意識しながら集中してトレーニングを行ってみましょう。

せっかくトレーニングをするなら、きちんと効果があった方が嬉しいじゃないですか。

筋肉質で筋肉を大きくしたくない女性は、軽い負荷で回数多めがおススメ。

何度も利用しているうちに慣れてくるので、是非トライしてみてね。

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP