50歳からのスタイルアップ食事術

最終更新日: 2022.03.8

女性にプロテインは必要?実際に試した製品のおススメポイントを口コミ

ごきげんよう、みかねーです。

決してダイエットをしているからプロテインが必要なわけではありません。

私はたんぱく質不足をプロテインで補っていますが、そもそも女性にプロテインは必要なのか?

最近購入した「マイプロテイン」で4種類目。間にジムのオリジナルも買ってみましたが、やっぱり専門に作っているブランドの製品にはいろんな意味で及ばないと感じました。

最初は味で選び、次はプロテイン含有量で選び、その次はコレステロール量で選びと、選び方にも変化があります。

実際に私が試した製品のおススメポイントを口コミしますので、あなたがプロテインを購入する際の参考にしていただけたら嬉しいです。

女性にプロテインは必要か?

活動量にもよりますが、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」では、たんぱく質の目標摂取量は総摂取エネルギーの13~20%とされています。

摂取すべき量は、その人の活動量によって違ってきますが、40-50代女性なら活動量が低い人で60gほど必要になります。

たんぱく質50g
・ゆで卵 8個くらい
・牛モモ肉 約250g
・鶏ささみ 約200g
・まぐろ赤身 約200g
・オイコス無糖ヨーグルト 4カップ
・300gの木綿豆腐 2.3パック

ざっくりこんな感じでしょうか。

たんぱく質は1度に大量摂取しても吸収しきれないので、1日に必要な量を分けて摂取するのが望ましいと言われています。

活動量がごく普通で、肉や魚、大豆製品や乳製品を満遍なく取り入れている女性なら、プロテインを飲む必要は全くありません。

ダイエットにプロテイン!と思い込んで、通常の食事に追加していたら過剰摂取になってしまいますからね。

プロテインが必要な女性
・圧倒的にたんぱく質の摂取量が足りていない
・日頃の活動量が多いけどたんぱく質の摂取が追い付かない
・ダイエットのために食事の量や回数を調整している

こんな女性には、サプリメントとしてプロテインを利用するのもひとつの方法だと思います。

ちなみに私は

・圧倒的にたんぱく質量が足りてない
・激しい運動をするのに摂取量が追い付いていない

こうした理由から、プロテインを摂るようになりました。

そもそもあまり肉を食べないし、ジムに行くことが生活の中心になっているため、時間によっては食事がプロテインドリンクに変わることもあります。

実際に試した製品のおススメポイントを口コミ

パーフェクトスムージー

一番最初に飲んでいたのは、日本製「パーフェクトスムージー」の「キャラメル・ココナツ・バナナ味」。

これは抜群に美味しいです。美味しさでは群を抜いてダントツ。

違うフレーバーの「マスカット・ピーチ」も試してみましたが、私の好みは断然「キャラメル・ココナツ・バナナ味」でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パーフェクトスムージープロテイン キャラメル ココナッツ&バナナ(1.6kg) [MPN]
価格:10530円(税込、送料別) (2022/3/8時点)

楽天で購入

 

断然美味しいのにこれをやめた理由は、たんぱく質の含有量が少なかったから。

ここには1食分のたんぱく質が38.2gと書いてあるので、その数字だけを見れば十分なんだけど、1食分は付属スプーンで5杯なんですね。

とてもじゃないけど、1回に5杯も入れたらドロドロ過ぎて私は飲めなかったので、1.5から2杯で飲んでいました。

そうすると、1回で摂取できるたんぱく質は15g程度。それに気づいて、他のプロテインにチェンジ。

「パーフェクトスムージー」は、安心の日本製で様々な栄養素も含まれているんだけど、1.6キロで10,530円とやや高価です。

ゴールドスタンダード

次に選んだのがアメリカのブランド「ゴールドスタンダード」の「バニラアイスクリームフレーバー」。これもバナナと豆乳を一緒にブレンダーにかけて飲むと、すっごく美味しいです。

これにした理由は、1回分で24gのたんぱく質が摂取でき、BCAAが含まれていること、この2点で選びました。

動物性たんぱく質には、必須アミノ酸が含まれてますが、あまり動物性たんぱく質を摂取しない方には、BCAAが含まれているプロテインがおすすめです。

ゴールドスタンダード1食分に含まれる栄養素
・たんぱく質 24グラム
・脂質 1グラム
・炭水化物 4グラム
・食塩相当量 100ミリグラム
・BCAA 5.5グラム
・グルタミン&グルタミン酸 4グラム

パーフェクトスムージーだと、私が飲む1回分で摂取できるたんぱく質量は12グラム弱だったため、倍の量を摂取できるようになりました。

グルタミンは、筋肉の維持や免疫が期待される物質で、BCAAと併せて摂取すると効果的と言われています。

ゴールドスタンダードのホエイプロテインは、運動を取り入れたダイエットをしている女性にぴったりです。

味はバニラアイスクリーム・ダブルリッチチョコレート・クッキー&クリーム・バナナクリーム・デリシャスストロベリー・モカカプチーノ・エクストリームミルクチョコと種類が豊富。

バニラアイスクリームは、溶けて液体になったバニラアイスクリームを飲んでいる味でした。

2.27キロで下のショップだと2022年3月現在で送料込みで8,480円。「パーフェクトスムージー」よりかなり安くなります。

[正規代理店] ゴールドスタンダード 100% ホエイ プロテイン バニラアイスクリーム 2.27kg 5LB 日本国内規格仕様「低人工甘味料」 Gold Standard Optimum Nutritionオプチマム 女性 ダイエット タンパク質

楽天で購入

 

味も好みだし、安いし、満足していたのですが、ある日iHerbで同じ製品を見ていたとき、成分表示に「コレステロール:35mg」とあったことに気づいたんですね。

私は若い頃からずっと悪玉コレステロール値が高く、運動をしている今でもその値が下がることはないので、自分の体質を考えて避けた方がいいかも?と判断してチェンジすることにしました。

Dymatize ダイマタイズ

そして、次にiHerbで購入したのが「Dymatize ダイマタイズ」の「グルメバニラ」フレーバー725g。5,000円ちょっとでした。

最初は小さいのを買っておかないと、全く味が好みに合わなかったら困っちゃいますからね。

Dymatize1食あたり
・タンパク質25g
・L-ロイシン2.7gを含むBCAAが5.5g

・コレステロール10g

ゴールドスタンダードもダイマタイズもグルテンフリーです。

コレステロールがゼロにはなりませんでしたが、ゴールドスタンダードに比べると1/3以下になっているのでよしとしました。

このように、ひと言でプロテインと言っても成分には違いがあるし、味もすごーく違ってきます。

ゴールドスタンダードもダイマタイズもベースのフレーバーは「バニラ」を選びましたが、私はゴールドスタンダードの方が好きかな。

人によって味の好みは違うので、まずは小さいサイズから試してみるのがおすすめです。

運動をする人ならBCAAが入っている方がいいし、ロイシンはBCAAの一種ですが、筋肉を作ったり修復する働きをするのでこれも重要。

iHerbのプロテインページは、説明が丁寧なので、いろんなプロテインを比べてみたい人にはおすすめです。

マイプロテイン

次にトライしてみたのがイギリスブランドの「マイプロテイン」。

これを試してみようと思ったのは、Twitterで使っている人が多く、評判がいいように感じたから。

マイプロテインは、イギリスマンチェスターで2004年に創業し、サプリメントやトレーニングウエアも販売している企業です。

「塩キャラメル味」を楽天市場のマイプロテイン公式ショップで購入。

【初回ご利用の方限定。2回目以降はキャンセルいたします】マイプロテイン ホエイプロテイン1kg+シェイカーお試しセット【楽天海外通販】

楽天で購入

 

初回利用に限り、好きなフレーバーの1キロプロテインにミニシェイカーが付いて税込2,400円。通常価格は3,990円なのでかなりお得です。

しかもイギリスからの直送なのに送料も無料!

というわけで、これを利用して塩キャラメルを選び、持っていなかったプロテインシェーカーもゲットしました。

「MYPROTEIN」日本公式サイトだと、同じセットが1.490円で購入できる!ということを知ったけど、後の祭り・・・。

マイプロテイン1食当たり
・たんぱく質:20g
・脂質:1.9g
・炭水化物:1.0g
・BCAA:4.5g

フレーバーによって、若干たんぱく質の含有量は違ってくるようです。

マイプロテインは、ゴールドスタンダードに比べると1食分のたんぱく質量とBCAAが減ってしまいますが、炭水化物は少なくなります。

何を優先するかは、それぞれの体調や好みですかしらね。

マイプロテインのコレステロール値も知りたかったんだけど、公式サイトには掲載されていなかったので不明。

ゴールドスタンダードもマイプロテインもスクラロースという甘味料を使用しているし、プロテインは総じて甘めな味付けになっていますが、マイプロテインは過剰に甘くないため、後味がすっきりしているように感じます。

認証製品

上でご紹介したプロテインは、全て「インフォームドチョイス」の「アンチ・ドーピング認証」を取得している製品です。

栄養補助食品が当社の栄養補助食品テストプログラムを通過し、認定されているかどうかを判断するには、インフォームドチョイスの品質マークを探してください。

「インフォームドチョイス」HPより

「アンチ・ドーピング認証」とは、認定原材料については完全な製造監査を経ていて、さまざまなWADA禁止物質について定期的にテストされ、スポーツ栄養製品を製造するための適切でかつ重要な制御手順が施設に備え付けられていることを保証する制度です。

栄養を補完してくれるサプリメント系は、身体の一部になるので、原材料の全てを理解できるわけではないけど、こうした認証を取得していると安心です。

選び方や飲み方の参考

・不足分を補う程度なら味で選んでみる
・筋トレや激しい運動をする人はたんぱく質やBCAA含有量をしっかりチェック
・たんぱく質以外に含まれる栄養素もチェック

選ぶときは、こんなことを気を付けてみてはいかがでしょうか。

活動量は少ないけどたんぱく質が不足気味の女性

このタイプの人は、できれば食事から摂るたんぱく質を増やすように工夫してみることをおすすめします。

・おやつにヨーグルトやチーズ、ゆで卵を食べる
・肉や魚は少しだけ量を増やしてみる
・ツナ缶やサバ缶を利用してみる
・大豆製品を摂るように心がけてみる

この程度の工夫を積み重ねればOKだと思います。

圧倒的にたんぱく質摂取量が少ない女性

1食分に含まれるたんぱく質量が、20gを超えているモノを選び、1日1回必ず飲む。

食事を減らすのではなく、プロテインドリンクをプラスし、体重が気になるようなら、間食をプロテインドリンクに置き換えてみるといいと思います。

活動量が多い、運動習慣がある女性

活動量が多かったり運動習慣があっても、食事の量が十分でたんぱく質もしっかり摂っているなら、筋肉を大きくしたい女性以外はプロテインは必要ないと思います。

ただ、BCAAが含まれているプロテインを運動後や寝る前に飲んでおくと、運動効果を損なわずに筋肉が維持できるのでいいですね。

ダイエット中の女性

ダイエット中だからと言っても、食事量をガツンと減らしてしまうのはNG。

朝昼はバランスよく食べて、夕食をプロテインドリンクに置き換えるといいかもしれません。

その場合は、パーフェクトスムージーのようにいろんな栄養素が含まれていると、足りない分を補ってもらえますしね。

まとめ

たかがプロテインですが、内容を知れば知るほど、迷ったりしちゃうんですよ。

きっと筋トレ女子&男子には、それぞれに選んだウンチクもあるだろうし、お気に入りのプロテインがあることと思います。

ゴリゴリの筋肉を作ることが目的ではない私たちですが、やっぱり口に入れるものに対しては、多少知っておいた方がいいかな、と思った次第です。

決してプロテインを飲んだから痩せるわけではないので、そこは十分理解しておいてくださいね。

あくまで、足りない分を補うという補助食品ですから。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのスタイルアップ食事術

    ダイエット中の食事に食物繊維を取り入れるのが効果的なのは何故?

    ごきげんよう、みかねーです。ダイエットの食事には、たんぱく質と…

  2. 50歳からのスタイルアップ食事術

    ダイエット中でも食べてもいい間食におススメのおやつ

    ごきげんよう、みかねーです。特にダイエットをしているわけじゃな…

  3. 50歳からのスタイルアップ食事術

    料理に砂糖は使わない決意をした理由と上手に「甘味」と付き合う方法

    ごきげんよう、みかねーです。先日、久しぶりに会った姪っ子のお肌がツ…

  4. 50歳からのスタイルアップ食事術

    オイシックスヴィーガンミールキットの大豆ミートが美味しかった!を口コミ

    ごきげんよう、みかねーです。オイシックスのミールキットを始めて…

  5. 50歳からのスタイルアップ食事術

    オイコスヨーグルトでの低糖質レアチーズケーキはダイエットおやつに最適

    ごきげんよう、みかねーです。「オイコスヨーグルトを使ったレアチ…

  6. 50歳からのスタイルアップ食事術

    リンゴ酢のマザーって何?マザーありとなしでは何が違う?

    ごきげんよう、みかねーです。健康的な食生活を目指している女性な…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. スクワットが苦手な女性には「相撲スクワット」がおすすめ!その…
  2. ビーチヨガは脳みそ洗ったようなすがすがしい体験だった!202…
  3. 美容番長の体脂肪率減少に刺激を受けて新たな挑戦をしてみること…
  4. ホットヨガだけじゃない「LAVA」の魅力的なプログラムを体験…
  5. シューイチ「日本のダイエット史」&これからのダイエットは?

Pick up

  1. 50歳からのボディメイク

    膝の上の肉がたるんでいるような気がする!その原因と対処法
  2. 50歳からのダイエット

    1年の体脂肪率変動から増える原因と減らし方が見えてくる【50代女性編】
  3. 女性のための家トレヒント

    足パカで足やせに効果が出ない場合の対処法と股関節や太ももが痛くなる理由
  4. 50歳からのダイエット

    「とにかく痩せない40代女性」のダイエットが失敗した理由と最も大切な事
  5. パーソナルトレーニングジム

    パーソナルトレーニングとストレッチが受けられる横浜のパーソナルジム
PAGE TOP