【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

垂れ乳は筋トレで改善する?木を見ず森を見る方式がおススメ!

50・60代のスタイルアップ術

ごきげんよう、みかねーです。

私ほどの年齢になると、バストが垂れていようが離れていようが全く気になりません。

でも、パーソナルジムで多い女性の希望は「ヒップアップ」と「バストアップ」だそうです。

個人的には、ヒップは努力次第でどうにかなるから頑張る部位。バストは、サイズの合う優秀な機能のブラでOK!と思っています。

20年以上下着屋として仕事をしていました。そして、今は継続して筋トレをしています。

私の思いはとりあえず置いといて、そんな経験から私は「木を見ず森を見る方式」をおススメしたい!

へ?なんのこっちゃ?と思いますよねー。

是非、最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

まずはバストの構造から

バストは、大胸筋という大きな筋肉の上にあり、その組織は脂肪です。そして、バストを支えているのは「クーパー靱帯」というじん帯。

バストの構造

このクーパー靱帯は、一度伸びたり切れたりすると再生しないため、歳と共にバストが垂れてくる原因になっちゃう。困ったもんです。

でも、60歳を過ぎているのに、バストだけツンと上向き、ってのも全体のバランスを見ると可笑しな感じ、しませんこと。

想像してみて。

だからね、私は年相応のバストポイントってのがあると思っています。

垂れ乳予防に必要なこと

一番の垂れ乳予防策は、クーパー靱帯を守ること。

・揺れを最大限抑える
・サイズの合ったブラを着ける

・ノーブラはNG
・スポーツ時は必ずスポーツブラ着用
・不必要に飛んだり跳ねたりしない

こんなことで若干守られるとは思うけど、垂れ乳予防のためだけに生活しているわけじゃないですしねぇ。

大事なのは、きちんとサイズの合ったブラを着けること。家に帰ってもノーブラにならないこと。スポーツ時はスポーツブラを着けること。

この3つを守っていれば、多少防げると思います。

スポーツブラも運動の強度によって、使い分けることをおススメします。

ヨガならストレスのないソフトブラでもいいけど、HIITや有酸素運動、ランニングなどの場合は、しっかりホールドしてくれるハード系のブラにしましょうね。

安いけどサイズ豊富で揺れにくいおススメの「Yvette」スポーツブラ

近頃は、キャミブラやブラトップスを着ている女性が多くなっているけど、垂れ乳をなるべく予防したいなら、スタンダードなブラを着けるべきです。

スポンサーリンク

垂れ乳は筋トレで改善する?

結論から言っちゃうと「垂れ乳」そのものは、いくら筋トレをしても構造上その改善は難しい。

だって、バストに筋肉は付いていませんから。

大胸筋はバストの下にあり、しかもその筋肉繊維は横に走っています。マッスル男子の胸元が盛り上がっているのは、この大胸筋が発達した結果です。

でも、女性が大胸筋を鍛えても、決してバストが大きくなるわけじゃありません。残念だけど・・・

とは言え、胸筋が鍛えられて胸が開けば、深い呼吸を得ることができます。

そして、バスト周りの筋肉に張りが出れば。胸周りのラインがそこはかとなくキレイに見えるかも、という期待はできるかな。

胸の筋肉

効果を期待できるとすれば、大胸筋の下にある小さな筋肉「小胸筋」も一緒に鍛えられるトレーニング。

肋骨に起始し、肩甲骨の烏口突起に停止する。肋骨を支点に肩甲骨を引き下げる働きや。胸郭を引き上げて呼吸を補助する働きがある。

プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典 オールカラー [ 荒川裕志 ]より

なんだか難しいけど、小胸筋は肩関節にもくっついていて、縦に走っているため、ここも鍛えられたら少しは吊り上げ効果はあるかもしれません。

とは言え、小さなインナーマッスルなので、小胸筋だけのトレーニングではなく大胸筋とセットで実行してみましょう。

スポンサーリンク

木を見ず森を見る方式がおススメ!

「木を見ず森を見る」とは、木にたとえたのがバスト。そして、森は全身。

要するに、垂れ乳を嘆くより、全身の姿勢のバランスを考えてトレーニングしよう!と言うことです。

例えば、姿勢が悪ければバストは下に向きがちになり、全体的に老けた印象になっちゃいますよね。

いい姿勢と悪い姿勢

ほら!これ!一目瞭然じゃないですかっ!ね。

お腹にしても背中にしても、バストも然りだけど、ある特定のパーツをどうにかしようと悩むより、正しい姿勢が作れるようなトレーニングを続けることがすごく大事!

と、私は思っています。

正しい姿勢の作り方とそれをキープするために必要なトレーニング

それが最重要事項だけど、それでもトレーニングで少しでも垂れ乳改善をしたい!という女性には、以下のトレーニングがおススメです。

垂れ乳改善トレーニング

ジムに通わなくても、自宅でできる簡単なトレーニング動画を見つけたのでご紹介します。

ダンベルが家にない方は、500mlのペットボトルに水を入れてやってみてね。

その他には、腕の幅をやや広めにセットしたプッシュアップ(腕立て伏せ)もおススメ。プッシュアップは、胸や肩、腕の筋肉だけでなく、体幹トレーニングにもなるため、ぽっこりお腹にも効果的。

女性は腕の力が弱いので、プッシュアップは苦手・・という方も多いだろうけど、上のような効果があるので、下の記事を参考に、段階を踏んで実行してみて!

女性に嬉しい腕立て伏せ効果|できない人のための段階的習得方

いろんなことをやるよりも、最初は筋肉痛が出ていなければ、毎日コツコツ続けることがポイントです。

胸筋トレーニング

このダンベルフライも胸筋のトレーニング。どうも右手のダンベルが水平にならず少し傾いちゃうのが、小さな悩みです。

そして、併せてストレッチをすることで、筋肉に柔軟性が出て効果が出やすくなります。

肩甲骨が上手く寄せられなかったら小胸筋ストレッチがおススメ

上の記事に小胸筋ストレッチを載せているので、参考にしてみてね。

スポンサーリンク

まとめ

最近、60歳を超えて数年経過したので、歳を取ること、それに伴う劣化があまり気にならなくなりました。

ただし、姿勢は別!おばあちゃん姿勢になりたくない!という強烈な思いが、トレーニングを続ける大きなモチベーションになっています。

だからね、全身鏡で自分を前と横から見る。後ろからは写真を撮って見る。これによって自分の現状の姿勢を知る。

そして、垂れ乳というパーツにこだわるより、全身を整えるトレーニングやストレッチのメニューを考えて実行したほうが見た目がよくなるはず。

ちょっと話は逸れるけど、つい最近、パーソナルトレーニングで私自身が疑問に思っていた自分の体の癖について、トレーナーが見事に解明してくれたんですよ。

これ!感動でしたね。

それについても、いつか書いてみようと思っています。

自分の体の癖を見つけて、それを解消する方法を見つけるのは意外と難しいんですよね。だからこそ、とても嬉しかったんです。

【きょうのまだスタ!ポイント】
垂れ乳改善のための筋トレだけをするより、全身の姿勢を整えた方が見た目が抜群によくなる!

全身を整えるのは時間がかかるけど、今後の人生がより快適になるはず。

是非、面倒がらずにやってみてね。わからないことがあれば、どしどし連絡ください。お待ちしておりまぁーす。

それではまた、ちゃおっ。

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP