女性のための家トレヒント

最終更新日: 2021.04.27

50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ6選

ごきげんよう、みかねーです。

日頃から「体幹大事ですよぉー」と何度も書いているのにも関わらず、体幹トレーニングをまとめた記事がなかったことに気づきました。

ボケですわ。

そして、まだスタのコンセプトでもある「キレイな姿勢で美しく歩ける体」を作るために必要なのが、体幹の筋肉でもあるわけです。

もちろん全ての女性に意識してほしいところではあるけど、筋肉量が減ってくるお年頃の50代、60代の女性にこそ、改めて体幹トレーニングの必要性を理解してほしいと思っております。

その上で、自宅でできる簡単な筋トレをコツコツと繰り返し、ナイスなボディを手に入れてほしいんですね。

どんだけ素敵な服を着ても、姿勢がよろしくなかったら台無しですからね。コツコツ頑張りましょう!

50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング

体幹とは、胴体にある腹筋や背筋などを含む、身体を支える筋肉のことを指します。

お腹にはシックスパックと言われている腹直筋以外にも筋肉があるし、背骨の周りにも筋肉が付いているし、呼吸をすることで使われる横隔膜も筋肉だし、骨盤底筋は尿漏れを防いでくれる筋肉、これら全てが体幹筋群になります。

体幹を鍛えるメリットについては、私のパーソナルトレーナーをしてくれていた星くんの話しをまとめた記事を是非、参考にしてくださいね。

で、どうして50代・60代こそ体幹トレーニングが必要なのかというと、姿勢を整えることがイチバンの目的ですが、関節は筋肉に支えられているので、筋肉を鍛えることで故障が少なくなります。

そして、骨盤底筋を鍛えることは尿漏れ防止にもなるし、横隔膜を鍛えることで深い呼吸が可能になります。

ほら、加齢とともにあちこち故障が出やすくなったり、疲れやすくなったりしてきますよね。それらを予防したいじゃないですかっ。

・できれば病院のお世話になりたくない
・日々快適に過ごしたい
・あっちが痛い、こっちが痛い、と言いたくない

と、私は思うんですね。

そのためには自分で自分の体を叱咤激励しながら、大いに鍛えてやるしかないんです。

とは言え、そんな大層なことをする必要はなく、大事なのはコツコツと続けること。ウサギよりカメになることです。

自宅でできる簡単筋トレ6選

全部で6つの筋トレをご紹介しますが、時間のある時は1から6まで通して実行出来たら最高ですが、その日の調子で3つ程度を組み合わせてトライしてみて下さい。

初心者の方は、最初からとばすと続かなくなる原因にもなるので、まずはひとつ、次はふたつ、翌日はもう少し増やす、というように正しい姿勢でできる範囲から試して下さいね。

1.サイドスクワット

ノーマルスクワットより少し楽にできるし、足幅を広くセットすることで太ももの内側も鍛えたいという意図があります。

下半身は体幹トレーニングとは言わないけど、歳を重ねるほど下半身の筋肉強化が必要なため入れてみました。

ポイントは、腰を落とすときはお尻を後ろに引き、つま先と同じ方向に膝を向けて腰を落とすこと。

1セット5回から始めて、できれば3セット、無理だなと思ったら2セットで。慣れてきたら回数を増やしてください。

2.バックブリッジ

体の背面を鍛えるトレーニングです。肛門にキュッと力を入れお尻を締めることで、骨盤底筋のトレーニングにもなります。

ポイントは、ゆっくりお尻から順に背中を上げてゆっくりおろすこと。腰は反らず、肩から膝まで一直線。

もし一直線になるまでお尻が上げられない場合は、無理をせず少しずつ慣らしていきましょう。

ゆっくり上げて10秒ほどキープ、慣れてきたら時間と回数を増やしてみて下さい。

3.アームレッグクロスレイズ

お腹と背面が鍛えられるトレーニング。手足は高く上げる必要はありません。お尻と同じ高さで十分です。

ポイントは、骨盤が傾かないよう、お腹に力を入れて行います。

もし手と足が同時に上げられない場合、お腹にグッと力を入れて四つ這いの姿勢からまずは手のみ、次は脚のみを上げてみましょう。

ゆっくり上げて左右で10秒ほどキープ、慣れてきたら時間と回数を増やしてみて下さい。

4.膝つきサイドプランク

これはお腹の横にある腹斜筋という筋肉に効かせるトレーニングになり、くびれにつながるので頑張りましょう。

肘と膝で支えてお尻を床から持ち上げます。

ポイントは、脇から膝までが一直線。お尻が落ちないようにしっかり持ち上げます。

ゆっくり上げて10秒ほどキープ、慣れてきたら時間と回数を増やしてみて下さい。

5.膝つきプランク

これもお腹と背面が鍛えられるトレーニング。

ポイントは、腰が落ちないようお腹に力を入れて行います。

力を入れると息が止まりがちになりますが、自然な呼吸を繰り返します。

動画では30秒3セットになっていますが、30秒がきつければ最初は10秒でもいいので3セット行ってみて下さいね。

6.ドローイン

横隔膜を鍛えるトレーニングになります。

ポイントは、ゆっくり呼吸を繰り返すこと。

お腹に手を置きお腹の動きを感じてみましょう。たかが呼吸なんだけど、意外ときついんですよ。

疲れている時は、寝る前にベッドでドローインだけでもやってみて下さいね。質のいい睡眠が得られるはず。

まとめ

1から6を実行することで、体幹の筋肉群を全て鍛えることができるようになっています。

他にもトレーニング方法はいろいろありますが、あれこれやろうと思うと続かなくなるし、複雑な動きだと正しい姿勢をキープすることが難しくなるので、運動に慣れていない方でもできるモノを選んでみたつもりです。

一番大事なのは継続です。

1-2週間程度では違いは感じないと思いますが、2ヶ月ほど続ければ

・あれ?体調いいかも
・疲れにくくなったかも
・体が楽かも
・以前より軽快に動けるかも
・姿勢がよくなったかも

と何かしらの変化を感じていただけると思います。

毎日できなくても、最初は思い出したときにやるだけでもOKです。そうしているうちに習慣になったらいいなぁと思っています。

マッサージは気持ちいいけど、持続性はありません。自分の体を自分でメンテナンスできるようになると、毎日の快適につながっていきます。

医者に頼るより時間もお金もかからないし、確かな蓄積になり、それは「やればできる!」という自信にもつながります。

ジムで体幹を鍛えるなら、私はピラティスがおすすめ!

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 女性のための家トレヒント

    50代になると女性の筋肉量は平均これだけ減少する!筋トレ5つのメリット

    ごきげんよう、みかねーです。全くね、歳を重ねるごとに、劣化を防…

  2. 女性のための家トレヒント

    タオルを使った優しい背中筋トレのメリットと2ヶ月続けた結果は?

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログは、50代以上の女性…

  3. 50歳からのダイエット

    金スマ「ゼロトレ」のやり方と効果/姿勢を正し基礎代謝を上げてスタイルアップ!

    8月3日放送の「金スマ」で、ずれている姿勢を正しい位置に戻し、「ぽっこ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  2. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…
  3. 筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」…
  4. アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない…
  5. 「見た目維持に疲れた50代」から考えてみた若く見える女性6つ…

Pick up

  1. 試してみた美容系口コミ

    ヤーマン頭皮マッサージ器を買ってみた!摘み揉みで頭スッキリ効果を口コミ
  2. 効果的に楽しくジムを利用する方法

    ジムに通っているのに体重や体脂肪減少の停滞に悩んでいる人へ4つのヒント
  3. 美ボディメイク~食事編~

    50を過ぎたらオンナはサバ缶!想像以上に美味しくて癖になる簡単Çavaサラダ
  4. パーソナルトレーニング&ジム

    都度払いで通える東京のパーソナルトレーニングジム11選
  5. ジム&スタジオ情報

    暗闇フィットネス&エクササイズの種類と実施スタジオやジム|その魅力を口コミ
PAGE TOP