太っているとジムに行くのが恥ずかしい?太った人におススメのジムメニュー

効果的に楽しくジムを利用する方法

ごきげんよう、みかねーです。

ジム歴10年以上になり、いろんなジムに行きまくっていますが、そこにいる人たちは年齢も体形も様々です。

もちろん、すごーく太っている方もたまぁーにいらっしゃる。

そういう方を見かけると「頑張ってほしいなぁ」と強く思うんだけど、いつの間にか来なくなってしまう人が多いんですね。

とても残念です。

Yahoo知恵袋「ふとっている人がスポーツジムに行くのは、はずかしいですか?」という相談を見かけたので、私が思うことを書いてみます。

太っていることが恥ずかしいという思いから、ジムに行きたくても行動に移せないでいるとしたら、それは、滅茶苦茶勿体ない。

ただ、体がとっても重い場合、気を付けないと膝や腰を痛めてしまう可能性があるから、太った人におススメのジムメニューを書いてみますので参考にしていただけたら嬉しいです。

個人的には、痩せよう!そうだジムへ行こう!と思って1歩踏み出したことだけでも大きな前進だと思うし、心の中で全力で応援しています。

太っているとジムに行くのが恥ずかしい?

ぽっちゃりレベルは超えている太った人が、痩せるためにジム通いをするのは恥ずかしいという気持ちはわからなくもない。

でもね、ジムにもいろんな人がいて、全ての人がスリムなわけじゃないし、元からその体形だったかどうかもわからないし、はっきり言っちゃうと周りのことなんてどーでもいいんですよ。

自分が「変わりたい!」と思ったなら、是非是非ジムの門をたたくべきです。

ぽっちゃりレベルを超えるほど太った人にとって大切なのは、運動より食生活のコントロールだけど、運動することによって身体は確実に変わりますから。

「恥ずかしい」という気持ちより「変わりたい」を優先し、食事のコントロールを行いながらまずはジムの見学に行ってみてください。

どこのジムもスタッフやインストラクターさんはみーんな親切です。

パーソナルジムはどうなの?

多くの人が、好きな時間に来て自分の都合でジムを利用するのが、総合スポーツジム。

スポーツジムでも別料金でパーソナルトレーニングはありますが、食生活と運動をセットにして、その人にあったメニューで個人指導をしてくれるのがパーソナルトレーニングジム。

自分では食生活を変えるのが難しいと思うならパーソナルトレーニングジムがおすすめですが、かなりお高いため二の足を踏む方もいらっしゃると思います。

短期でパーソナルジムに通って食事のノウハウや正しい筋トレ方法を学び、後は総合スポーツジムで運動するというのも一案だと思います。

太らない食生活と運動を習慣にすることが必要ですからね。

太った人におススメのジムメニュー

ジムによって設備や置いてあるマシンの種類も違うので、一般的にまずはこうしたらいいんじゃないかなぁを提案してみますね。

・ストレッチ5分
・筋トレプログラム
・トレッドミルで20分歩く
・ストレッチ10分

ジムに入館したら、軽くストレッチエリアで体を慣らします。

その後、マシントレーニングでもいいんだけど、ジムの雰囲気に慣れていないとマシンが使いずらかったり、マッチョな男子が使っていたりすると気後れしちゃったりもすると思うので、おすすめはバーベルを使ったスタジオプログラムです。

ま、個人的に黙々とマシンと向き合うトレーニングが好きじゃない、というのもありますけどね。

スタジオプログラムだと音楽と共に体を動かしていと、あっという間に時間が過ぎますから。

代表的なジムでのバーベルプログラムは「Mossa GroupPower」か「LesMills BODYPUMP」

その他、コナミには「簡短筋トレ/パワークロス」という筋トレプログラムがあるし、ルネサンスには別料金にはなっちゃうけど「TRYnations」というプログラムがあったりと、ジムによって様々なプログラムが提供されているので、「トレーニング系」を検索してみて。

「TRYnations」には私も通っていますが、少人数のグループで行いトレーナーが姿勢を細かくチェックしてくれるので、筋トレ初心者の方にはすごくおすすめです。

バーベルプログラムに参加する場合は、一番短い時間のプログラムに参加し、バーベルは一番軽い重さにすること。

自分が重くて難儀なのに、更に重さを追加して動くわけだから、そりゃあ息も切れるし大層な疲労感を感じるはず。

最初は全部できなくても全く問題ありません。適度に手を抜きつつ、自分のペースで休みながらでもOKです。

で、筋肉トレ後は、脂肪が燃焼されやすくなっているので、有酸素運動で燃焼させます。

膝や腰への負荷を軽くするため、トレッドミル(ランニングマシン)で走るのではなく、ちょっと息が上がるくらいの強度で20分ほど歩いてみて下さい。

筋トレ後なので、最初は20分歩けなかったら10分でも5分でも大丈夫。慣れてきたら少しずつ時間を伸ばせばいいからね。

でも、間違ってもサボり癖が付いて少しずつ時間が短くなったりしないよう気を付けて!

疲労感を和らげたり筋肉痛を緩和するためにも、最後は必ずストレッチをすること!!ここもすごく大事です。

ただ体重を落とすのではなく、健康で整ったカラダを目指すためにもストレッチは欠かせません。

注意ポイント
・最初から飛ばし過ぎない
・無理はしない
・結果を早く求めない

これらを守りながら、とにかくコツコツと地道に励むのみです。

まずはパーソナルを利用してみる

筋トレで大事なことは「正しい姿勢」で行うことです。

初心者ならプログラム参加から始めるよりも、有料にはなりますが、まずはジムのパーソナルトレーニングで基礎を学ぶことをおススメします。

どのジムでも大体、30分3,300円(税込)くらいなので、パーソナルトレーニングジムに行くよりはお安いですからね。

私も個別に弱みの克服や疑問点の解消のために、何度か利用したことがあるけど、希望に沿って丁寧に教えてくれます。

基礎を学ぶとケガの予防にもなるし、効果も上がるので利用しない手はない!と私は思っています。

応援しています

人によって感じ方は違うと思うけど、私はすごく太った人がジムにいたら、私は心の中で全力で応援しています。

ただ、そういう人はいつの間にか来なくなっちゃってることが多いのも事実なんです。非常に残念。

多分、結果が出ないことに挫折したのかな、と推測しているんだけど、はっきり申しますがそんなにすぐに結果は出ません!

だって、ジムに行くのが恥ずかしいほど太るまでに何年かかっていますか?こんなもんやあんなもんを好きなだけ食べていましたよね?

それを数ヶ月でなんとかしようなんて無理です。1年、2年かかってカラダを改造していくんです。

でもね、今通っているジムは2年ほどですが、最初からいた女性が明らかにスリムになっている!と、年単位できちんと結果を出している方もいらっしゃいます。

でね、大事なのは、ジムに行ったからと帰宅後に爆食したりお酒を飲んだりしないこと!

そして、汗は単なる水分なので、それで体重が一時的に減ったとしても、そこで喜ばないように。

食事のコントロールもしながらジムに通い、少しずつ体重が落ちてきて多少体が軽くなったら、メニューも変わるし、もっとジムが楽しめるようになると私は思うな。

まとめ

昨日はLesmillsの空手、ボクシング、テコンドーなど格闘技の動きを取り入れたワークアウト「BODYCOMBAT」をやってきたんだけど、クールダウンのときにかかっていた音楽がすごく気になってインストラクターさんに尋ねてみたんですね。

そしたら気持ちよく教えて下さって、帰宅後検索してみました。ジムでは、そんな楽しみもあります。

私は負けず嫌いだったりもするので、人が出来ているのに自分ができないとものすごく悔しい。でも、その悔しさはやる気に繋がっているようにも思うんですね。

だから、「太っていて恥ずかしい」という気持ちは「なにくそぉ~」というバネにもなるんじゃないかな、と思います。

運動することは体にいいだけじゃなくて、心の安定や幸福感にもつながるエビデンスがあります。

たくさん汗をかくと爽快感があるし、やり遂げたことで達成感が得られたら前向きな気持ちにもなれるので、恥ずかしさを乗り越えて1歩踏み出せば、もしかしたら経験したことない楽しい世界が待っているかもよぉ~。

それではまた、ちゃおっ

みかねーみかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP