50・60代のボディメイク

最終更新日: 2021.06.30

お尻が大きくなっちゃう原因は?小尻になるにはどうしたらいい?

ごきげんよう、みかねーです。

顔に個性があるように、体型も人それぞれ遺伝的要素や種族的要素による個性があります。

50代ともなれば、若い子のようなプリップリのヒップは手に入らないけど、どーんと大きくて緩んでしまったお尻は老けて見えてしまいとても損ですよね。

もう小さなお尻なんて無理・・・と諦めちゃいますか??それは勿体ない!

プリッと形よく肉も付いて尚且つ引き締まったお尻が望めないにしても、大きなお尻になってしまう原因を知ると対処しやすくなるので、所帯臭いお尻から脱却することはできます。

まずは原因を知ると自分がすべきことがわかるので、そこから小尻になる方法を実践して美尻を目指しましょう!

お尻が大きくなっちゃう原因

ある程度の年齢になると、お尻が大きくなる最大の原因は脂肪。

セルライトがボコボコ浮いているような状態であれば、まず初めにやるべきことは脂肪を減らすための食生活改善になります。

加齢によって筋力が衰えてくると骨盤がじわーっと開いてきてしまうし、骨盤が開いた影響で太ももの横にある大転子という骨が出ているとお尻が大きく見えてしまいます。

お尻が大きいからと、お尻だけにフォーカスしても解決が遠くなってしまうってこともあるわけですよ。

・体脂肪を減らす食生活
・姿勢を整えること

大きなお尻を改善するためにまず必要なのが、このふたつ。

女性は出産によって骨盤が開きますが、その他にも椅子の座り方、立ち方、日頃の姿勢によっても骨盤が歪んでしまいます。

・だらーっと椅子に座ってテレビを見る
・脚を組む
・片足に体重をかける癖がある
・腹筋が弱くなっている

このようなことが骨盤の歪みの原因になり、歪みは余計な脂肪を蓄積させる原因になっちゃうわけです。

そうは言っても、私もだらーっとソファに座るし、足を組んじゃうことだってある。だからこそ、修正する必要があるんです。

加齢とともに筋力が低下することも原因のひとつではあるけど、その前に姿勢を整えることが重要です。

通常、真後ろから自分を見ることはないけど、人の視線には無防備に後ろ姿を晒しているわけですよ。少しでもカッコイイ後ろ姿でいたいじゃないですかっ。

小尻になるには?その方法とは

脂肪を落とす

たっぷり脂肪が付いているとしたら、小尻を目指す前にまずは脂肪を落とすことが肝心です。

部分痩せはしないと言われているし、脂肪を落とすために一番必要なことは食生活の改善です。糖質を摂り過ぎず、バランスよくきちんと食べて食生活を整えましょう。

ただし、食生活を整えて脂肪を落とすだけじゃ美尻は作れません。

骨盤も筋肉によって支えられているため、姿勢を整えそれを支える筋肉を鍛えることが必要となります。

骨盤を整える


(寛骨は腸骨・座骨・恥骨の三つを合わせた呼称もの)

骨盤は羽のように広がっている腸骨、前側にある恥骨、お尻の底にある座骨、中央にある仙骨その先端にある尾骨などで形成されています。

そしてそれらの骨をじん帯が結び付け、筋肉によって支えています。だからこそ、筋肉の柔軟性や強度が、骨盤にとってすごく重要なんです。

上半身は動かさず骨盤を回していきます。

これらの動きをフィットネスに応用した「RPBコントロール」というプログラムが、通っていたジムにあったので何年か参加していて、体や姿勢にいいなぁと実感していました。

今はそのプログラムが無くなっちゃったんだけど、たまぁーに家で腰を回してみたりしています。

上体をブラさずに腰だけ回すために腹筋も使います。いつでもカラダひとつで手軽にできるので是非やってみてね。

股関節を整える

骨盤の大きな骨と脚の骨は、股関節をジョイントとして繋がっています。

なので、股関節周りの筋肉が硬いと可動域が狭くなり、可動域が狭くなることで更に姿勢が悪くなる可能性もあるため、股関節周りの柔軟性はとっても大事。

最初に解説と股関節タイプのチェックがあり、ストレッチは2分からスタートします。

1番目の内側に脚を倒すストレッチは、倒した方の脚のお尻が床から浮かないように行ってくださいね。

ここで紹介されているストレッチは、どれもジムワーク終了後に私が行っているストレッチになっていました。

下半身の筋肉が硬くなってくると、脂肪が付きやすい状態を招いたり、姿勢が悪くなってくるため、個人的にはとても大事だと感じています。

下半身の筋肉が柔らかいと腰痛予防にもなります。

いくつになっても目指せ美尻!

歳を重ねれば重ねるほどいろんなところが衰えてくるので、自分でメンテナンスする必要があります。

プリップリのお尻は手に入らなくても、後ろから見たときの印象が変われば若々しく見えるし、小尻になれば洋服も素敵に着こなせますからね。

お尻だけでなく、腰回りの浮き輪肉もない方がヒップ周りはより魅力的になります。

私はいつの間にか「浮き輪肉」が解消していたので、いくつになっても努力次第で体は変えられます。

浮き輪肉がなくなった原因は、激しい筋トレでも厳しい食事制限でもなく、コツコツと積み重ねたストレッチとインナーマッスルを鍛えるピラティスのお陰と思っています。

上でご紹介したようなことをコツコツと積み重ね、それに慣れてきたら下の記事のトレーニング1と2をやってみて。

形のいいお尻を作るためには、大きな負荷はかけずゆっくりと小さな筋肉を地道に鍛えることが必要です。

更に、下の記事に書いた「ヒップリフト」と「ヒップエクステンション」を続けられたら完璧です。

自体重トレーニングで十分ですが、回数多めに繰り返すこと。ここがポイント!

今月は個人的に「背中チャレンジ月間」なので、来月になったら「お尻チャレンジ月間」にしてみようかな。

月替わりで特定の部位にフォーカスするもの楽しいかもしれません。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50・60代のボディメイク

    痩せたいのに意思が弱くて痩せられない人はこれをチェックして改善してみよう

    ごきげんよう、みかねーです。女性にとって「ダイエット」は永遠の…

  2. 50・60代のボディメイク

    アラフィフ女性が老けて見える外的原因を探ってその対策を考えてみた

    ごきげんよう、みかねーです。ある程度の年齢になったら、無理な若…

  3. 50・60代のボディメイク

    50代女性の平均筋肉量は?加齢とともに減少する筋肉を増やす方法

    ごきげんよう、みかねーです。自分の体重や体脂肪率はわかっていて…

  4. 50・60代のボディメイク

    女性は肩の肉の盛り上がりが太って見える!その原因と落とし方

    ごきげんよう、みかねーです。食事に気を付けて運動も習慣にしてい…

  5. 50・60代のボディメイク

    お腹や太ももだけの部分痩せって可能なの?アラフィフ女性がやるべきことは?

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログでも「お腹痩せ」につ…

  6. 50・60代のボディメイク

    女性は後ろ姿に年齢が出る!注意ポイントと年齢を感じさせない後ろ姿対策

    ごきげんよう、みかねーです。ジムでスタジオレッスン終了後、ジム…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 用途によって使い分けるヨガマット|マンドゥカのグリップ力はす…
  2. 痩せたい女性はストレッチ!より効果的なDr.Stretchと…
  3. 「最高の体調」を読めば不安やストレスの回避法・運動の役割に理…
  4. 運動しても痩せない?!運動継続のメリットはダイエットに繋がる…
  5. サステナブルシューズ「VEJA」のサイズ感と履き心地を口コミ…

Pick up

  1. 50・60代のボディメイク

    40・50代でも「スタイルいい女性」という印象を持たれるために注意すべきこと
  2. 美ボディメイク~食事編~

    「オイシックスお試しセット」口コミ|おひとり様ミールキットの使い方
  3. 50・60代のボディメイク

    60歳から始める誰でもできる筋トレ女性編「毎日3分5種目」で溌溂快適生活
  4. アラフィフファッション

    日本ファッション業界のサステナブルな動きと映画からわかる世界の事情
  5. ジム&スタジオ情報

    ダイエットに筋トレを取り入れたい女性のタイプ別にジムを選ぶポイント
PAGE TOP