スポーツジム&フィットネス

大手スポーツジムで「いじめや嫌がらせ」等トラブルを生まないための5か条





 

大手スポーツジムに通い始めて7年ほどになりますが、学校であれ、会社であれ、人が多く集まっているところでは人間関係が生じるのは、スポーツジムも同じ。

ということは、そこにいる人の年齢は関係なく、嫉妬や妬み、それによるいじめや嫌がらせ等のトラブルもあります。

せっかく健康にいいだろうとスポーツを始めても、その場にトラブルが生じると大きなストレスになりますよね。

だから、なるべくトラブルに巻き込まれず快適にスポーツジムを利用する方法を考えてみようと思います。
[br num=”1″]

 

[br num=”1″]


大手スポーツジムでトラブルを生まないための5か条

 

  • 人から聞いた噂話は絶対他の人に話さない
  • 人のことを詮索しない
  • 挨拶はするけど適度な距離を置く
  • 異性に必要以上の親しさを表現しない
  • 「キャー」とか「イヤー」という女性特有の嬌声は上げない

[br num=”1″]

人から聞いた噂話は絶対他の人に話さない

女性の噂話の常とう句が「誰にも言わないでね」

じゃあ、あなたも私に言わない方がいいんじゃないの?ってことですよね。

「じゃあ、言っちゃうかもしれないから、聞きたくない」と言えればいいけど、なかなかそこまではっきり言えませんよね。

だとしたら、その噂話がジムの中の人のことであれば、尚のこと絶対に他の人には言わなこと。これ、スポーツジムに限らず、トラブルを生まない鉄則です。

噂なんてのは尾ひれがつくものですし、人から聞いただけの根拠がない話を広げていいことなんて、ひとつもありませんから。万が一、誰から聞いたの?となったとき、自分の名前を出されたら致命傷。

怖いですねぇ

[br num=”1″]

人のことを詮索しない

スポーツジムに友達を作るために入会したのなら話は別ですが、単に運動をするために入会したのなら、ジムでの人間関係は薄い方が楽です。

挨拶をして、顔を合わせて話すようになっても、相手の家族やプライベートなことはこちらから聞かない。詮索しない。

様々な人が通っているので、個人的なことを聞かれるのが嫌いな人もいるはずです。人に不快感を与える可能性があることは避けておいた方が賢明です。

私は7年通っていて会えば話をするのに、名前も知らない人がたくさんいます。自己紹介もしないことは多いので、そこは突っ込まなくてもいいと思っています。
[br num=”1″]

挨拶はするけど適度な距離を置く

「詮索しない」と同じようなことですが、「この人よく会うな」という人がいたら、挨拶だけはしておいた方がいいと思います。

人と絶対に視線を合わせないような引っ込み思案な方もいらっしゃるけど、常識として挨拶は気持ちよくしておいた方が敵は作らないでしょうし。
[br num=”1″]

異性に必要以上の親しさを表現しない

これねぇ、悪意のない天真爛漫な女性もいるにはいるでしょうが、概ね女性からの評判はよろしくないですよね。

スポーツジムにナンパをしに行く女性はまずいないと思うので、男性にはこちらから話しかけず、必要以上の優しさを表現しない方が女性の敵を作らずに済みます。

本人はモテると思って男性ファンを増やしていたとしても、周りの女性は白い目で見ていることを覚えておきましょう。

美人さんにこういうタイプは少ないけど、そこそこなオンナが曲者です。プラス、そういうタイプを見かけたら、親しくならず距離を置いた方が、トラブルに巻き込まれにくいかも。

男性はどうでもいいんです。嫌われたところで、あまり実害はありませんから。でも、楽しく長く利用しようと思ったら、ジム内で女性の敵を作らない方がいい。
[br num=”1″]

「キャー」とか「イヤー」という女性特有の嬌声は上げない

実はこれ、私が個人的にとても苦手なタイプ。

何故、運動をしに来ているのに、矯正が必要なのか意味が分かりません。はっきり言って、これは自己アピール以外の何物でもないと思っていますから。

もし、そうでないとしても、私のように思う人もいるので、矯正は上げない方がベターです。

嬌声と言うのは、若い女性に限ったことかと思っていましたが、そうでもないんですね。おばさまたちに嫌われるので、やめた方が賢明。
[br num=”1″][br num=”1″]

その他 気づいたこと

 

  • 隣り合ったロッカードアを開けるときは、ひと言声をかける
  • スタジオプログラムの位置は早い順なので、人の前に位置取りをするときは挨拶をする
  • お風呂のあるスポーツジムは必ず体を洗ってから湯船を使う
  • みんなで使うものは丁寧に扱う

 

って・・なんか、小学生の決まり事を書いているような気分になりました。どれもこれもホント、当たり前のことなんです。

でも、それができない大人も多い。うっかりやらかしてしまったとき、運悪くそのジムのお局様にでも見つかっちゃったら、後々まで言われかねないですから。

私が通っているジムには、通称「パープルおばさん」というおばーちゃんがいるらしいんですね。

私はお会いしたことないので、噂好き女子から聞いただけですが、人のやることをチェックしていて、違反していると注意して回るそうです。

でも、何も違反していなければ注意もされないわけですから、ルールを守って、自分も人も気持ちよく利用できるよう心がければいいってことです。
[br num=”1″][br num=”1″]

いじめや嫌がらせに合わないことのまとめ

通っている人たちはみんな大人なので、あからさまな嫌がらせやいじめの類いがあると聞いたことはありませんが、率直に言って評判がよろしくない人はいます。

ロッカールームで嬌声を上げて、おばさまに怒られている女性を見かけたこともあります。

たくさんの人が利用するところでは、人に迷惑をかけないよう行動するのは当たり前のことですが、ちょっと気を抜いたり、親しい人と会話をしていると忘れがちになりますから気を付けなくちゃね。

例えば、ロッカーが隣同士だった場合、使っているにも関わらず無言で扉を開けられるとムッとしてしまうのは、私の心が狭いからなんでしょうか?

ひと言「開けますね」とか、「ちょっと失礼します」とか、なんか言ってほしいなぁーと思うんだけど。どうですかね?

そうしたら、気持ちよく使えるのになぁーって。

自分が何をされたら不愉快で、どうされたら気持ちいいか、考えて行動したいものです。

それではまた。ちゃおっ

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。