まだむダイエット

腰の上の肉の落とし方に効果的な簡単筋トレで見た目ヒップアップを目指す


体形の悩みは尽きませんが、密かにここはどうにかしなきゃならないと思っているのが「腰の上の肉」

そこで、パーソナルトレーナーの星くんに「腰の上の肉の落とし方に簡単で効果的な筋トレ」を教えてもらってきました。これで、見た目ヒップアップを目指しましょう!

「腰の上の肉の落とし方」にはいろいろありますが、継続できる簡単な方法であることがとても大切なので、星くんから教わった簡単筋トレはおススメです。

確かに「効いてる」と実感できるので、是非ご自宅で毎日実践してみてください。


「腰の上の肉」とは

ここです!「腰の上の肉」!ピンクのネイルを施した指がつまんでいる部分、背中側のヒップとウエスの境目辺りがにっくき「腰の上の肉」ですね。

加齢によって、気づかぬうちにぽってりと脂肪が付きがちなパーツです。

更年期を迎えると、女性ホルモンの減少と共に代謝も落ちるし、脂肪が付きやすい体質になってしまいますが、ここを効果的な簡単筋トレで解決しましょう。

腰の上に肉が付いた状態を巷では「ピーマンヒップ」と呼んだりしますが、中年ぽく見えると共に、パンツを履いた時もすっきりかっこよく見えないので、ここは意識して改善していきたいパーツでもあります。

「腰の上の肉の落とし方」はコレ!

トレーナーの星くんに教えてもらった「腰の上の肉の落とし方簡単筋トレ」がこれ!写真が、若干斜めになっていてスイマセン!空手も指導している道場なので、裸足です。

  • 足を伸ばして横向きに寝る
  • 下の手は頭の下、上側の手は身体の前
  • 上になっている足を90度に曲げる
  • 足の付け根から太もも前が引っ張られるくらい後方に引く
  • その状態で上の足を上下させる
  • 片足15回1セットで両足3セットずつ

これが筋トレ?と思うほど簡単なので誰にでもできるし、毎日実行していれば必ず「腰の上の肉」に効いてきます。

「腰の上の肉の落とし方」効果的な筋トレのポイント

・鍛える部位を常に意識して動かす

足の付け根から太ももの前側が常に引っ張られている状態を保ちながら、足を上下させるとき、上げている足の方のウエストやや後ろ側「腰の上の肉」に効いていることを実感していただけるはず。

「足の付け根から太もも前側が引っ張られている感じ」「ウエストやや後ろ側にきちんと効いている感じ」が自覚できる状態で続けてくださいね。

漫然と動作を繰り返すのではなく、「腰の上の肉」に効いていることを常に意識して行ってください。

簡単だけど効果的な筋トレですし、寝ながらでもできるので、多少時間はかかりますが、地道に続けていれば気づいたら「腰回りがスッキリ!」という喜ばしい結果が待っています。

・体幹を鍛えてきれいな姿勢を作る

体幹を鍛える一番のおススメは、上の画像の姿勢をとる「プランク」 これも簡単で効果的な筋トレです。

直接、腰回りを鍛える運動ではありませんが、体幹を鍛えてきれいな姿勢で立つ、歩く、ことができるようになると、余分な脂肪が付きにくくなります。

・プランク

肩の下に肘がある状態にして腕を置き、頭から足まで一直線になるよう姿勢を保ちます。その状態でお腹に力を入れてキープ。

最初は辛いけど、慣れてきます。お腹にしっかり効いていることが実感できるので、やりがいもあります。

簡単筋トレで見た目ヒップアップ

ご紹介した筋トレは、直接ヒップアップ効果があるお尻の筋肉に働きかけているわけではありません。

でも、ちょっと想像してみてください。ヒップアップをしたところで、腰の上の肉が落ちていなかったら、ビジュアル的にどうですか? 見た目が大事ですよね。

ウエストとヒップの境目がルーズな曲線になっていると、メリハリがないのでいくらヒップアップを狙っても視覚的にパンチがありません。

残念ながら40代・50代になったら20代の肉体は手に入りません。だとしたら「所帯臭い体つき」から脱却し、見た目ヒップアップが効果的と私は思っているので、真っ先に「腰の上の肉」を落とす筋トレがおススメということになります。

腰回りをすっきりさせることで、メリハリのあるボディラインを作れば、ヒップがより魅力的に見えてくるはず。

腰の上の肉の落とし方簡単筋トレ まとめ

暑くなってくると、だらけてしまいがちですが、トレーニングは効かせたい部位を意識して行わないとせっかくやっても効果が半減してしまいます。

疲れたからと姿勢を緩めてしまうと、効いてきません。スタートさせたからには、効果を期待して実行するのがポイントです。

自分の体をメンテナンスするのは、自分自身。そして、効果を実感できるのも自分自身。少し時間はかかりますが、続けていれば必ず効果は表れます。

レッツトライ!

それではまた。ちゃおっ