【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

どんな体型になりたい?それによってすべきことが違ってくる

50・60代のスタイルアップ術

ごきげんよう、みかねーです。

昨晩、友人と焼き肉ディナーだったんですね。

そこでなりたい体型やボディの話しになり、人によってイメージも違うし、理想もそれぞれだな。と感じました。

生活環境も食の好みも、趣味や好きなことも全く違うわけだから、なりたい体型も違って当然。

ということは、どんな体型になりたいか?で、すべきことも違ってくるんです。

でもね、私たち大人なんだから、バービーみたいになりたい!とか、ワンダーウーマンになりたい!とかは違うってわかっていますよね?

現実味のない「なりたい体型」を思い描いても、そりゃあ無理!ってもんです。

そこに近づくつもりで頑張っているとしたら、ちょいとベクトルの修正が必要かな?と私は思うけど、どおかな?

というわけで、今回はどんな体型になりたいか?思い描くこと。

そして、それに向かってすべきことについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

どんな体型になりたい?

友人Aから「クロスフィットやらない?」と誘われたんですね。

なんでも受け立ちまっせー。体を動かすことなら大賛成です。でも、クロスフィットってキツイ。

64歳!ちょいと不安はありますけどね。

で、その友人Aはクロスフィットはムキムキになるからと悩んでいる様子。他の人たちも、クロスフィットはムキムキになる!という意見。

だけど、私はクロスフィットなら憧れのボディが手に入る!ムキムキにならない!という認識。

そこですり合わせてみると

友人Aにとって、下の女性だとムキムキ。

女性の筋肉

でも、私にとってのムキムキはこのくらい。

え?あまり変わらない??もしかしたら、そうかもだけど・・ 人によって同じ「ムキムキ」というイメージにも差があるってことが言いたかった。

というように、人それぞれに理想的なボディとういのがあると思うんですね。

女性は、そんなに簡単にムキムキにはならないけど、多少筋肉が付いたパワーボディがいいのか。体脂肪が少ないスレンダーがいいのか。

それとも、メリハリのある女らしいボディを目指すか。いやいや、年齢的にボディラインより健康を重視したい!と思うか。

それによってジムに通うにしても、家トレをするにしても、すべきことが変わってきます。

スポンサーリンク

なりたい体型ですべきことが違ってくる

体脂肪が少ないスレンダータイプ

有酸素運動が必要です。その上で、代謝を上げるべく筋肉トレーニングもすればなおよし!ですかね。

スレンダーな友人Bは、週1でゴルフに行くほどのゴルフ好き。

プレイをした日は、少なくても1万歩は歩くそうで、多いときは15,000歩くらいになるんですって。

でも、年々筋肉量が減っているから、体重は変わらないけど体脂肪率が上がっていると言っていました。

見かけはとってもほっそり華奢だけど、本人曰くもっと筋肉をつけたいとのこと。

やっぱりスレンダーを目指すなら、有酸素運動は不可欠だと感じましたね。

多少筋肉が付いたパワーボディ

私が目指したいのはこれなんだけど、なんせなかなか筋肉がつかない。

もっと食べなきゃダメなのはわかっちゃいる。しかも年齢的に、簡単に増えないのもわかっちゃいる。

でも、諦めませんよ。以前に比べたら、多少腕や肩回りはたくましくなりましたから。

ね!少しはついたよね?

パワーボディを目指すなら、タンパク質摂取と筋トレがマストです。その上で、炭水化物もきちんと摂取する。

トレーニングは、週に3回程度しっかり行う。これが最低条件になります。

ま・・60代になって、そこを目指す人は少ないだろうと思うけど。参考までに。

スポンサーリンク

メリハリのある女らしいボディ

ここ!難しい。そりゃあね、若ければ変化も早い。そして、腰やお腹周りにある基本的な贅肉の量も違う。

歳を取ればとるほど、皮下脂肪が蓄積していきますものねー。

それならどうすればいいか?

ものすっごく個人的な意見ですが、お腹周りの肉やカービィボディを目指す前に、まず姿勢を整えてみる。私は、これが最良と思っています。

姿勢を整えることで、こんな効果が期待できますから。

・ポッコリお腹が目立たなくなる
・背中がすっきりする
・若々しい印象になる
・全体的にすっきり見える

以前、バストアップについて「木を見ず森を見る」と書いたことがあるんだけど、ボディもパーツを見るより全体のバランスが大事。

健康を重視したい!

60代になると、健康重視の方も増えるかと思うんですね。

60代になるまで運動習慣がなかったとしたら、いきなりハードなことから始めるのは危険。

おススメしたいのは、ラジオ体操です。80代になる私の母にも、ラジオ体操をススメています。

あとは体幹トレーニング。

体幹の筋肉が強化されると、立つ姿勢、歩く姿勢が整います。それらが整うと、消費カロリーも上がって一石二鳥。

そして、なるべく階段を使うこと。

始めの1歩は2階まで、次は3階まで。下りも必ず階段。階段はとても有効なトレーニングポイントですから。

スポンサーリンク

まとめ

クロスフィットは、経験したことないけど、多分レズミルズの「グリットストレングス」に似たようなエクササイズだと思うんですね。

そりゃーキツイ。

グリットストレングスは30分だったけど、クロスフィットは60分。自信ありません。。

だから、友人には「いいねー」と返事はしたけど、具体的なことは何も言ってません。ということで逃げようかと。

でもね、60代のパワーボディを目指して、たとえ筋肉が付きにくかろうが、もう少し頑張ってみようと思っています。

あなたも是非!どんな体型になりたいか?ちょっと考えてみてね。

【きょうのまだスタ!ポイント】
現実的な範囲でどんな体型になりたいか?ということを考えてみる。そして、それに沿った計画を立てて実行していけば、必ず近づくことができる。目標⇒計画⇒実行、このプロセスが大事。

昨日は、BEYONDでトレーニング後の焼き肉だったので、きっと体が喜んでいたと思うの。

ハッピー!!

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

【PR】
みかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今は毎日の日課がジム通いのジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介したくて日々ブログを更新しています。 あなたの「運動してみようかな」を後押しできたら幸せです!

TOP