50歳からのボディメイク

最終更新日: 2022.03.26

パーソナルで徹底的に「キック」だけを学んでみた!そして気づいたこと

ごきげんよう、みかねーです。

一番通う頻度が高いジムで、徹底的に「キック」にこだわったパーソナルトレーニングを受けてきました。

パーソナルトレーニングのメリットのひとつが、こちらの希望に沿った内容でトレーニングができる点。

スタンダードなところで言えば、お腹をへこませたいとか、姿勢を良くしたいとか、そんなところでしょうか?

今回の私の希望は、「正しい姿勢での見た目が美しいキック」

ちょっとマニアックですけどね。

60分、徹底的にキックについて学んでみて、気づいたことがありました。

「いやー、私はキックしないし」とか「日常生活にキックは必要ないし」という女性がほとんどだとは思いますが、そうだとしても美しい姿勢を作るために必要な気づきだったので、是非最後までお付き合いくださいね。

パーソナルで徹底的に「キック」だけを学んでみた

キックを教えてくれたのは、ムエタイやテコンドー、ボクシングなど幅広く格闘技をやっているトレーナーさん。

バリバリに格闘技系をやっているにも関わらず、ヨガもかなりの腕前?で、開脚も難なくできちゃうんです。

私には難解だったヨガの「鳩のポーズ」ってやつも、がっしりした体格でするっとできちゃったりするギャップをお持ちで、私が時々マニアックな課題でパーソナルをお願いするトレーナーです。

これです。鳩のポーズね。

ジムプログラムでmossaのグループファイトやLesmillsのボディコンバットを経験したことがある方なら、意外とキックは難しいと感じがことがあるのではないでしょうか?

鳩のポーズと、完成度の高いキックには、これらの筋肉の柔軟性が必要という共通点があります。

・太ももの前
・腸腰筋
・お尻

ということは、「鳩のポーズ」ができるようになるためにも、「キック」の完成度を上げるためにも、上記3つの部位の柔軟性を向上させるストレッチはマストということになります。

太ももの前や裏、お尻が硬いと腰痛の原因にもなっちゃうし、骨盤と大腿骨をつないでいる腸腰筋が硬いと猫背の原因にもなったりするので、整えておきたい筋肉です。

トレーナーさんからは「キックに必要な適度な柔軟性はあるし、正しい体の動きはできているけど、もっと高度なキックを目指したいならやっぱり更なる柔軟性は必要」と言われました。

やっぱりかぁ。ちょっと悔しいですね。

これだけジムに通っていても、まだまだ前屈や開脚は苦手だし、背中も腰も硬いので、地道にストレッチを続けるしかありません。ね・・・。

余談ですが、ここに書いた2の股関節ストレッチを地味に続けていることで、少しずつ脚の傾きが深くなってきているように感じているこの頃。

先は長い、しかも遠い、でも諦めないで続けてみます。

キックボクシング&パーソナルトレーニングが同時にできるWHOEVER(フーエバー)
・横浜
・武蔵小杉

気づいたこと

今回学んだのはサイドキックとラウンドキック、そしてキックボクシングのキック。同じキックでも、足の向きや出し方などが異なります。

その結果、翌日筋肉痛になったのはお尻とお腹でした。

嬉しくないですか????

正しい姿勢でキックができるようになれば、お尻とお腹に効く!ってことですよ!

お尻の一番大きな大臀筋より、やや外側にあって少し小さく、歩行や骨盤の安定を図っている中臀筋に効いていました。

キックをするときは、上体を安定させつつ捻るためお腹の筋肉を使っていたってことですね。

キックはお尻とお腹に効く!

ということを改めて実感しました。

サイドキックは、つま先が伸びちゃうとあまりお尻に効いてきません。足首を曲げて、かかとを押し出すようにするとビビッとお尻に効いてきます。

キックは片足立ちになるので、お腹の力が抜けていると軸が安定しません。

体幹部の力を抜かず、足を出している方向に上体を捻ると、しっかりお腹に効いてきます。

サイドキックの高さを出そうと、上半身を倒しすぎると、これまたお尻やお腹にあまり効いてきません。

キックはただ足を出す、のではなく、正しい姿勢で行うとお尻とお腹に効いてくるということが実感できた充実したパーソナルトレーニングタイムでした。

キック関係なくてもお尻とお腹は大事

でもねー、私はキック関係ないし、という方!

お尻とお腹は、美しい姿勢を作るためにとても重要なパーツなんです。

だからキックをやろう!というのではなく、中臀筋と体幹のトレーニングは50代以上の女性にとってマストですよ。ということがお伝えしたかった次第です。

座っている時間が長くなると、お尻の筋肉が弱ってきちゃいますからね。そうすると、ズルっとしたお尻になっちゃうし、血行も悪くなるので、ストレッチや軽い筋トレを習慣にしていただけたらなぁと思います。

まとめ

グループファイトやボディコンバットを長年やっていてもキックにそれほど興味はなかったのに、Peacefitnessでキックボクシングのミット打ちを始めてから俄然興味が湧いてきました。

ミットで受けてもらえる快楽は、シャドーでは味わえない爽快感があります。

そうすると、理屈っぽオタクな私は深掘りしたくなりまして、パーソナルを受けてみた次第です。

パーソナルトレーニングは、知識も得られるし、やりたいことのために自分はどこを強化すればいいか、弱点はどこか、ということが存分に学べます。

音楽と共にみんなで一緒に行うプログラムも楽しいんだけど、最近もっと極めたい、進化させたい、という欲求がありまして、ジムライフを見直してみようかなぁと思ったりしています。

パーソナルトレーニングは知りたいことを教えてもらえる、希望に沿ったメニューでトレーニングできるなど、メリットがたくさんあります。

カラダって奥が深いし、学べば学ぶほど、使えば使うほど、それに応えてくれますからね。

暖かくなってきたし、何か始めてみようかなぁと思っている方がいらしたら、動いてみて!損はしないから。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのボディメイク

    60歳から始める誰でもできる筋トレ女性編「毎日3分5種目」で溌溂快適生活

    ごきげんよう、みかねーです。太っていることより、運動不足の方が…

  2. 50歳からのボディメイク

    意外と目立つ肘のたるみやシワ・黒ずみを改善する方法

    ごきげんよう、みかねーです。自分で鏡を見たときに映るのは、正面…

  3. 50歳からのボディメイク

    ウォーキングの効果は侮れない!消費カロリーは?効果が出るのはいつから?

    ごきげんよう、みかねーです。先日、同じファイティングジムに通っ…

  4. 50歳からのボディメイク

    加齢で腰が曲がる原因と対処法|50歳はそのターニングポイント

    ごきげんよう、みかねーです。先日、友人とスパに行ってアロマリン…

  5. 50歳からのボディメイク

    肩周りスッキリに必要なシンプルなこととそのためにすべきこと

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログで、常にアクセス数上…

  6. 50歳からのボディメイク

    姿勢を正すと痩せる?捉え方によって答えが変わるその理由

    ごきげんよう、みかねーです。全くガールズではありませんが、時々…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ジム初心者女性の「恥ずかしい」に対処する方法&勇気をくれる動…
  2. スポーツジムの新しい利用法GYYM|いろんなことを経験したい…
  3. 運動不足も筋肉疲労の原因になる!おすすめの対処法は?
  4. キレイな背中を作る!初心者女性におすすめのラットプルダウンの…
  5. 医者が教える「おなかの脂肪が落ちて筋肉がつく最高のやせ方大全…

Pick up

  1. 50歳からのボディメイク

    歳と共に脚が太くなってない?原因を知って対処する!
  2. 50歳からのボディメイク

    パーソナルで徹底的に「キック」だけを学んでみた!そして気づいたこと
  3. 50歳からのボディメイク

    女性は後ろ姿に年齢が出る!注意ポイントと年齢を感じさせない後ろ姿対策
  4. 50歳からのフィットネスライフ

    月額制パーソナルジムのメリット&デメリット|50代女性におススメな理由
  5. 50歳からのボディメイク

    意外と目立つ肘のたるみやシワ・黒ずみを改善する方法
PAGE TOP