50歳からのフィットネスライフ

最終更新日: 2022.06.3

月会費パーソナルジムのメリット&デメリット|50代女性におススメしたい!

ごきげんよう、みかねーです。

パーソナルジムはマンツーマン指導なので、たくさんの人が利用するスポーツジムより割高ですが、最近は定額制や月会費で通えるところも増えてきています。

ダイエット目的のパーソナルトレーニング相場は、1回60分程度のトレーニングが週に2回、月8回で2ヶ月、食事指導も付いて大体20万円前後でしょうか。

ほとんどのジムで分割払いが適用されるので、1回に20万支払わなくてもよかったりはしますが、トレーニングが終了してからも払い続けなければなりませんしね。利息が付いちゃうこともあるし。

その点、月会費なら利息はないし、毎月決まった金額を支払うため支出の予定も立ちます。

月会費パーソナルジムのメリットとデメリットはどんなことがあるのか?

50代以上の女性におススメしたい理由も書いてみましたので、参考にしていただけたら嬉しいです。

月会費パーソナルジム

月会費とは、毎月決まった料金を支払って利用するパーソナルトレーニングです。

1回のトレーニングの時間は、短いところで18分、長いところで120分。大きな幅がありますが、当然トレーニング時間が長くなれば料金も高くなります。

1か月に通う回数は月2回から16回程度で、自分で決められます。

ちなみに18分は、横浜市関内にある「18ミニッツ」で、月4回:12,800円です。

120分は、横浜元町にあるパーソナルジム【NEXUS】で、月4回:70,400円(税込)

月会費だけみれば圧倒的に「18ミニッツ」の方が安いけど、1分単価を出してみると「NEXUS」の方が安いんです。

要は、価格だけで決めるのではなく、自分はどんな使い方がしたいか?何を目的にしているのか?ということをしっかり考えて決めたいものです。

月会費パーソナルジムのメリット

・通い続けることで運動習慣が身に付く
・リバウンドの心配がない
・毎月の出費に変動がない
・回数を自分で決められる
・スタイルキープや体調維持につながる

こんな感じでしょうか。

2ヶ月のダイエットコースを選び、結果を出したところで止めてしまうのは、すごく勿体ないと思うんですね。

肝心なのは痩せることではなく、目標にしたボディを手に入れてそれをキープし続けることです。

ジムをやめたら自分でトレーニングするから、と思いますか?本当にひとりでできますか?

せっかく運動習慣が付いたのなら、同じジムに通い続け、同じトレーナーに見てもらったらリバウンドの心配もなく、スタイルキープや体調維持ができます。

パーソナルなので月会費も決して安くはないけど、毎月の支出が決まっているため、管理しやすいと思います。

月会費パーソナルジムのデメリット

・月額制を導入しているジムが少ない
・短期間ダイエットには向いていない
・続ける意志が必要

都市部は月会費制が増えてきているかもしれないけど、絶対数が少ない地域ではまだまだ多くはないと思います。

だから、探すのが大変だったり遠かったりということがあるかもしれません。

そして2ヶ月で結果を出したい!という、短期ダイエットを考えている方には不向きです。

運動嫌いの方にとっては、ダイエットコースの2ヶ月なら頑張れるけど、数ヶ月、数年という長期間の継続は強い意志が必要かもしれません。

でもね、体が変わってくると嬉しくなって継続したい気持ちになってきますから。

50代以上の女性にこそおススメしたい!

やればやっただけ身体はきちんと応えてくれますが、若い頃と違って結果が出にくくなってきています。

だからこそ、短期のダイエットコースに通うのではなく、コツコツ続けて運動習慣を身につけることが

・体調が整う
・睡眠の質が良くなる
・疲れにくくなる
・体が冷えにくくなる

などの、健康面でのメリットがたくさんあり、そうしたことが痩せる体作りに繋がります。

食事指導は必要?

かなりな肥満体形になっちゃった場合、食事の管理は欠かせないので、食事指導が付いたトレーニングをおすすめします。

でも、ある程度体重が落ちてきたら食事指導が不要になることも考えられますよね。

東京・神奈川・埼玉・大阪・愛知に店舗がある「かたぎり塾」や元町の「NINE GYM」など、食事指導がオプションになっているジムなら、必要に応じてオプションを付けたりやめたりできます。

同じトレーナーに指導してもらうメリット

同じジムに通い、同じトレーナーさんに見てもらっていると、もちろん信頼関係が生まれるし、自分の癖や特徴なども理解してもらっているため、安心して任せられます。

そういう意味でも、継続して通える月会費制のパーソナルジムはおススメです。

50代ともなると長年の体の使い方の癖で姿勢が崩れ、それを改善しないと痩せにくい場合もあり、そうしたタイプの方は体の歪みを改善してくれるたまプラーザのパーソナルジム【RAYEL】や、骨格矯正と運動のセットで医学的に正しくバランスを整えてくれる【base BODY CONDITIONING】を利用すると、姿勢改善が目指せます。

姿勢改善を目的とした場合、同じトレーナーさんに見てもらっていると、変化をわかってもらえるため指導も的確になります。

継続で見えない財産を築く

私は三軒茶屋のファイティングジムで、星くんからパーソナルトレーニングを指導してもらっていました。

ちょっとした体の使い方のコツでトレーニング効果が実感できたり、力の入れ具合を変えただけで体の動きの変化を感じたりとすごく勉強になりました。

キツイときは応援してくれるし、頑張ったら褒めてもらえるので、ご褒美になります。

マッチョな星くん。

それが今でも役に立っているので、プロから教わるってことは、お金を払う十二分の価値があると感じています。

コツコツ!これに勝るものはありません。

そして、50代以上の女性にとって、運動習慣を身につけることは、これからの5年、10年を健康に過ごすために大きく貢献してくれます。

日常活動が減って筋肉を使う機会が少なくなると、骨も弱くなるし、筋肉量が減ると代謝も落ち、全くいいことはないので、長い目で見て運動習慣を身に付けることはとても大切です。

トレーニングを継続したことで手に入れたボディは、努力の結晶。プロの指導は、知識やボディチェンジという形であなたの財産になるわけですよ。

ジム通い継続のコツ

上の記事にスポーツジムに通い続ける5つのポイントをまとめていますが、「行けたら行く」は挫折しやすいと思うんですね。

人それぞれ環境が違うから、全ての人が同じ方法を実行できるとは限らないけど、同じ曜日の同じ時間に行く!と決めておく。これは是非、取り入れてみてください。

・週に1回なら、月末に同じ曜日と同じ時間で翌月分の予約を入れる。
・どうでもいい予定や緊急でない場合はジムを優先する。
・外せない予定が入ったときは、その場で日時の変更を入れる。

変更を後回しにすると忘れたり、その週はジムに行かれなかったということになりがちなので、すぐやる!これは鉄則です。

最初は多少まごついたり、変更を余儀なくされた時のわずらわしさを感じるかもしれないけど、慣れてくれば習慣になってきます。

是非、試してみてね。

まとめ

どんなことでも向き不向きはあるけど、「若い頃から運動は嫌いだったから」と動かないでいるのはすごく勿体ない。

私も運動は嫌いだったし、筋トレは苦手でしたが、効果が感じられると俄然楽しくなってきます。

若い頃は、達成感が得られるシーンも多かったけど、歳を取ればとるほどその機会は減ってきますよね。

だけど、運動こそいくつになっても達成感が得られるんですよ。

パーソナルトレーニングは、ダイエットだけが目的のトレーニングではなく、健康や体調や達成感や姿勢や免疫力アップや、目的は五万とあるのでトライしてみて!

息子のような年齢のトレーナーと話をするだけでも若返るかもよ。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのフィットネスライフ

    50代からの運動は社会貢献!それってどういうこと?

    ごきげんよう、みかねーです。ちょっと偏ったタイトルになっちゃいまし…

  2. 50歳からのフィットネスライフ

    初めてジム選びをする女性におすすめ!横浜市内のフィットネスジム13選

    女性が「フィットネスジムにでも行ってみようかなぁ」と思い立つ動機は、目…

  3. 50歳からのフィットネスライフ

    スポーツジム入会に迷っている50代女性へ|おすすめプログラムまとめ

    ごきげんよう、みかねーです。スポーツジムに入会してみようかなぁ、どう…

  4. 50歳からのフィットネスライフ

    アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない心構え

    ごきげんよう、みかねーです。見かけによらず「ビビり」な私、初めての…

  5. 50歳からのフィットネスライフ

    藤あや子さんがキックボクシングでナイスバディ!女性におすすめの効果

    ごきげんよう、みかねーです。演歌歌手の藤あや子さんもキックボクシング…

  6. 50歳からのフィットネスライフ

    ウォーキングダイエットはこの5つのポイントで脂肪燃焼効果が上がる!

    ごきげんよう、みかねーです。毎日スポーツジムに行くのが日課だっ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. スクワットが苦手な女性には「相撲スクワット」がおすすめ!その…
  2. ビーチヨガは脳みそ洗ったようなすがすがしい体験だった!202…
  3. 美容番長の体脂肪率減少に刺激を受けて新たな挑戦をしてみること…
  4. ホットヨガだけじゃない「LAVA」の魅力的なプログラムを体験…
  5. シューイチ「日本のダイエット史」&これからのダイエットは?

Pick up

  1. ジムファッション

    スポーツジムで40代以上の女性の服装が露出高く派手になるのは何故か?
  2. 効果的に楽しくジムを利用する方法

    「スポーツジム女性編」あるある!ジム依存症もそのひとつ?!
  3. フィットネス&エクササイズ

    レズミルズ「ボディバランス」はジム初心者におすすめ!ダイエット効果は?
  4. 50歳からのボディメイク

    中年女性の悩み「ぽっこりお腹」の原因と解消法4つのポイント
  5. 50歳からのボディメイク

    内腿ぶよぶよの正体は?引き締めに必要なこと&簡単トレーニング
PAGE TOP