50歳からのダイエット

最終更新日: 2022.03.11

私がダイエット中に食べない決意をした5つメニュー

ごきげんよう、みかねーです。

「ダイエットするかな」と決意したとき、その成功を左右するのは毎日の食事です。

甘いジュースやスナック菓子をやめた方がいいのは誰でもが思いつくことですが、食事の中でもできれば避けた方がいいものはたくさんあります。

食事は楽しむことも大事だし、何もかも制限してしまったら続きません。

だから、「好きだけど食べないモノ」の優先順位をつけておくことも挫折しない方法だと思っています。

実際、私がダイエット中に食べないと決めたもの、回数を減らしたもの、それらを継続させるための方法、反対に積極的に食べた方がいいものをご紹介いたしますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

私が食べないと決めたもの

・ジュース
・スナック菓子
・菓子パン
・ケーキ
・アイスクリーム
・ドーナツ

こうしたものは、誰でもダイエットにはNGだという知識はありますよね。

そうそう、ジュースがNGでも野菜ジュースならいいの?と思うかもしれないけど、ダイエット中ならやめておいた方が賢明。

これら以外、食事の中でダイエットをしていた時に私が食べないと決めたものを挙げてみます。

ただし、1度に5つ全てを完璧に止めたのではなく、少しずつ回数を減らしたものもあるし、気づいたら食べなくなっていたものもあります。

1.フライドポテト

大好きなんですよ。フライドポテト!塩気と芋の甘さが絶妙で美味しいですよねぇ。スイートチリソースのサワークリームフライドポテトなんぞ、悪魔的な美味しさですもん。ああ・・・

でも、糖質が多いジャガイモを油で揚げているので、これはNG。

しかも、揚げ物は時間が経つほど酸化が進み、アンチエイジングの敵でもある活性酸素を作ってしまいます。ダイエット中でなくても、揚げ物は揚げたてを食べる、ダイエット中なら避けるべき食事になります。

これはハンバーガーも食べないようにしようと思っていたので、その添え物として食べる機会が多かったため、ハンバーガーを買わないことで避けることができました。

2.コロッケ

コロッケも美味しいし、コロッケサンドなんぞ大好物なんだけど、これもフライドポテトと同じ理由で、ダイエット中は食べていませんでした。

フライ物はパン粉や小麦粉を付けているので、それで炭水化物がプラスされちゃいますしね。

コロッケは買ってくることが多かったので、自炊を増やすことで避けることができたような気がします。

どうしても揚げ物が食べたかったら、油の酸化については同じことだけど、たんぱく質である肉を使っているヒレカツや鶏のから揚げの方がまだましかな。

3.天丼&天ぷらうどん

天丼も大好物です。そうです、私は揚げ物が大好きなんです。

食べない方がいい理由をきちんと知ると、どうしても食べたい!という欲求が抑えられないほど大きくなるのを防いでくれるようにも感じるんですね。

だからこそ、ちゃんと理由を知って避けることが大事かな、と考えています。

今はダイエット中ではないけど、我慢せずとも以前ほど食べなくなりました。

天丼や天ぷらうどんはご飯やうどんと一緒に食べることで、炭水化物を多く摂取してしまうため糖質量がぐっと上がっちゃうし、天つゆや天丼のタレも甘いのでダイエットにはNG。

脂質+糖質というダイエットにはNGな組み合わせになっているから、これは避けてほしいメニューになります。

じゃあ、かつ丼は?同じですよね。結局、丼ものは避けた方が賢明です。

4.ドレッシング

市販のドレッシングは、意外と糖質量が多いんです。

カロリーオフと書かれているモノは、味の調整のため普通のドレッシングより糖質量が多かったりもするのでご注意です。

ダイエット中なら、サラダはオリーブオイルと塩で食べるのがイチバン!

レーズンが嫌いじゃないなら、リンゴ酢レーズンを作っておくと、お酢替わりにトッピングすると美味しいです。

レーズンは糖質量が多いけど、抗酸化作用があり栄養も豊富。

ダイエットの際、毎日使う調味料の糖質量が意外と盲点だったりもするので、ドレッシングなどの加工済み調味料を購入するときは、是非裏のラベルをチェックしてみて下さい。

5.朝のトースト

もうもうパンが大好きなんです。白米は食べなくてもパンは食べたい。子供の頃から、朝食はパンでした。

トーストにたっぷりのバターとジャムをトッピングしていたので、ダイエットを始めたとき、一番最初にやめたのが朝のトースト。

白い食パン「パスコ超熟6枚切り」1枚分の炭水化物は30.3g

ここにバターやジャムをトッピングしていたら、とんでもない脂質と糖質量になってしまいますものね。これは恐ろしい!と思って、ダイエットを始めたときにやめました。

でも、毎日食べていたので、これを止めるのがイチバン辛かったけど、その時はそれを止められるほど体重を落としたい欲の方が強かったのだと思います。

今は食べてるけど。

「食べない!」を継続させる方法

以上5つがダイエットを始めたときに、食べるのをやめたモノたち。今は完全NGにはしていないけど、1度やめたことで以前ほど食べなくなっています。

それ以外にも、ダイエット中であればパスタやピザ、うどん、ラーメンも避けた方がいいかな。

一度に全部止めてしまうとストレスにもなるし続かないので、最初はどれかひとつ絶対に食べない!と決めるといいように思います。

そして、それが続けられたらまたひとつ加えてみる、という方法だと無理がないですからね。

まとめ

ダイエットのための食事を考えて、毎日実行するのは面倒です。人の成功方法が自分に当てはまるとは限らないんだけど、要は食事のバランスと適度な運動に尽きます。

でも、面倒さを乗り越えて成功した暁には、その面倒さが日常になるし、成功した達成感で続けていくことがそれほど苦にならなくなります。

そして必死で好きなモノを我慢する!ということではなく、食事を楽しむこともできるようになります。

是非、運動も取り入れて実行してみて下さいね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのダイエット

    ダイエットに糖質制限は必要か?ゆるい糖質制限を1か月半やってみた効果

    ごきげんよう、みかねーです。ダイエットしよう!と思い立ったとき…

  2. 50歳からのダイエット

    半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次のステップ

    ごきげんよう、みかねーです。ネットを徘徊していたら、ニッチェの…

  3. 50歳からのダイエット

    痩せているのに体脂肪率高い!運動しないダイエットの落とし穴

    ごきげんよう、みかねーです。先日、友人と近所のスーパー銭湯に行って聞…

  4. 50歳からのダイエット

    50代女性がダイエットで体脂肪率30%を切る始めの一歩3つのポイント

    ごきげんよう、みかねーです。40代と同じ食生活をしていると、あ…

  5. 50歳からのダイエット

    アラフィフ女性のダイエットを成功に導くために必要な4つのこと

    ごきげんよう、みかねーです。今までと同じ生活をしていると、ジワ…

  6. 50歳からのダイエット

    固太り&筋肉も脂肪も多いタイプの女性に適したダイエット方法

    ごきげんよう、みかねーです。代謝を上げるためには筋トレが効果的と言…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 運動不足も筋肉疲労の原因になる!おすすめの対処法は?
  2. キレイな背中を作る!初心者女性におすすめのラットプルダウンの…
  3. 医者が教える「おなかの脂肪が落ちて筋肉がつく最高のやせ方大全…
  4. スポーツジム入会に迷っている50代女性へ|おすすめプログラム…
  5. 50代からの運動は社会貢献!それってどういうこと?

Pick up

  1. フィットネス&エクササイズ

    暗闇ボクシング「NOA」を体験したら入会せずにいられなかった魅力を口コミ
  2. 女性のための家トレヒント

    脚が太くなるのはイヤ!という女性におすすめのスクワットのやり方と大切なポイント
  3. 女性のための家トレヒント

    痩せないはずがない!50代女性が室内でできる痩せる運動メニューソフト編
  4. 50歳からのボディメイク

    むくみをとるにはどうしたらいい?原因とおススメ解消ストレッチ!
  5. 女性のための家トレヒント

    おうちで脂肪燃焼!音楽と一緒に楽しく動けるワークアウト動画時間別4選
PAGE TOP