50歳からのダイエット

最終更新日: 2021.05.13

ダイエットで食事制限という発想じゃなく運動が当たり前になると食事が楽しくなる

ごきげんよう、みかねーです。

ダイエットと食事、そして運動は切り離せない関係です。

加齢による代謝の低下やホルモン変化の影響で、若い頃と同じように食べていたらどんどん太ってしまったけど、食べることが大好きな人にとって食事を制限する、好きな食べ物を我慢する、というのはヒジョーに辛い。

でもね、「ダイエット = 辛い食事制限」と考えたら気持ちも萎えるけど、運動することで体が変わっていくと、食べるモノに対する考え方そのものが変わっていきます。

もちろん、全ての人がそうなるというエビデンスはないけど、少なくともスイーツが大好きで料理は嫌いだった私は、運動することで手に入れたボディを維持するために食に対する考え方が変わりました。

そうなると、食べることへの楽しみが変わってくるんです。

今回はそんなこんなを書いてみたいと思います。

ダイエットを始めるなら食事制限という発想はNG

食べる量を減らせば、体重は減ります。

だけど、何度も書いているように、食事制限だけで体重を減らすと老けた印象になりがちだし、食事制限を解除すれば必ずリバウンドします。

ダイエットしようと思い立ったなら、間食や飲酒の習慣がある人はそれを見直す必要があるし、自分が毎日何を食べているのか、ということと真摯に向き合う必要もあります。

摂取カロリーが消費カロリーを大幅に上回っていたら、そりゃあ痩せません。

だからと言って、油は高カロリーだからと一切控えてしまうのは他の不具合を生じさせる可能性もあるし、ひとつの食材だけを制限したり、摂取する方法もおススメできません。

ダイエットに食事の管理はマストではあるけど、50代になったら将来の体のことも考えて、必ず「運動(活動量を増やすこと)」を取り入れてほしいと考えています。

ダイエット中だからと、カロリー計算ばかりするより、バランスよく食べて日々の活動量を増やす方が健康にもいいし、若々しい体を作ることができますからね。

運動が当たり前になると食事が楽しくなる

最近、何食べようかなぁ~と考えることが楽しくなってるな、ってことにふと気づいたんですよ。

料理は苦手なので、できれば自分で作りたくない派でしたが、ジムに行くことが日課になって体の変化を実感すると、それを維持するための食事を考えることが楽しくなってきたんです。

とは言え、ボディビルダーを目指しているわけでもないし、人から見たら何が変わったのかわからないような小さな変化ですけどね。

それでいいんです。

実感している、ってことが大事。

何故、運動が当たり前になると食事が楽しくなるのか?

・筋肉を減らさないようたんぱく質を意識
・激しい運動もするから抗酸化作用のある食材の摂取
・ジムに行く時間によって食事の量や内容を管理
・毎月計測するIn Bodyの結果で食事を見直す

こんなことを考えるようになりました。

筋肉は加齢によって減少します。せっかくジムに行っているのだから、なるべく筋肉量が減らないようたんぱく質摂取に意識が向くし、骨は運動することで強化されますからね。

激しい運動をすると活性酸素が発生するので、美容のために抗酸化作用のある食材も必要です。

ジムでスタジオプログラムに参加する場合は、その時間に合わせて食事の時間や内容、量を決めます。

根は無精者なので、決してストイックになっているわけじゃないけど、こうなるともうオタクですかね。

お腹いっぱいでも動きにくいし、空腹過ぎてエネルギー不足になると筋肉を分解してエネルギーを作ってしまうため、お昼前後または午後一のプログラムに参加するときは、バナナプロテイン豆乳シェイクか軽い食事を摂って出かけます。

このように、動くことが習慣になって体が変わってくると、それを維持したいがために工夫するようになり、それが楽しくなっちゃうんですね。

工夫することで更にまたボディの維持に成功すると、大好きなスイーツを多少我慢することが苦にならなくなりました。

スイーツを食べた日は、何をどのくらい食べたのか記録しています。月末には、In Bodyと比べて今月はOKだな、とか、今月は暴走しすぎたな、と自分をコントロールする材料にもしていて、これまたかなり楽しい。

OKだな、という判断を下したら、心置きなくご褒美に大好きなスイーツを楽しみます。そうすると罪悪感やストレスもなく大好きなものが楽しめますからね。

これはフルーツサンドとフルーツワッフル。妹とシェアしました。

外食・飲み会・スイーツ・晩酌・間食などなど、記録しておくことで後から比較検討すると、気づきがあったりして楽しいのでおススメです

結果でなく今後のために計測するIn Body

体重を毎日測るのはNG、という説もありますよね。

ダイエット中は、数字だけを見て一喜一憂しないよう毎日測る必要はないと思うけど、ある程度目標にしていた数字になったら、それをキープするためマメに計測する方がいいように思います。

私はジムでお風呂に入る前に体重計に乗り、月に1回In Bodyで体脂肪等を計測します。

体重計は、大体目安にしている体重を維持するためで、増えつつある傾向が見えたら食事をコントロールするし、体脂肪率が増えていた場合は次の計測時には戻せるような食事と運動のメニューを考えます。

増えた結果にがっかりするのではなく、次の月に戻すために何をすべきか?ということを考えるために計測するんです。

ちょっとの増量で見直した方が、戻すのが簡単だし、次の月に自分が考えたメニューでしっかり戻っていると達成感がありますから。ヒジョーに嬉しいわけですよっ!!

楽しくなくちゃ続かない

運動も食事の管理も、楽しくなくちゃ続かないんですね。

でも、最初からめっちゃ楽しいっ!と思えるわけでもない。続けているうちに自分なりの楽しみ方、ってのが見つかってきます。

それまで多少の辛抱は必要だけど、その程度のことは仕方ないと考えて下さい。努力の先には、必ず光が見えてきますから。

私はジムに通っていますが、家トレや日常生活での活動量を増やそうと思っている人も、動くことで体が変わってくると自分を褒めてあげたくなるし、その状態をキープするために必要な食事を工夫するようになるはず。

そうなったらこっちのモンです。

食事制限にはいろんな弊害があるし、楽しくないから続かないし、止めればリバウンドの恐怖と戦わなくちゃいけないけど、動くことと食事をセットにして楽しいと感じるようになってきたらずっと続けられるようになります。

ダイエットは瞬発力ではなく、持久力的な戦い。50代になったら食事制限で体重だけを落とすことを目的とするのではなく、運動と合わせて楽しく続けられると身体が喜びます。

健康を損なうことなく、若々しいボディを手に入れ、歳を重ねても無理なく維持できるようになることがとっても大事ですからね。

おまけの雑談

会うと言葉を交わす週末以外は毎日来ている70代半ばのマダムと、コロナのワクチン接種の話しになったんですね。

「予約したんですか?」と尋ねると「連絡は来たけど落ち着いた頃に接種するわ」とマダム。

「免疫力ありそうですものね」と私が言うと、「ジムにはコロナ菌うじゃうじゃいしているだろうけど、そんなもん跳ねっ返してやるわよっ」と頼もしい言葉。病は気から、と言いますしね。

マダムはぽっちゃりさんだけど、脚はまっすぐできれいだし、姿勢もビシッと美しい。そして発言も前向き。

運動習慣が身につくと、体にとっていいことがたくさんあるだけでなく、気持ちも前向きになります。こんな時だからこそ、体を動かしてほしいなぁと切に思います。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのダイエット

    体脂肪率30%オーバーの50代女性が落とすためにすべきことパート2

    ごきげんよう、みかねーです。1か月ほど前に「50代女性がダイエ…

  2. 50歳からのダイエット

    三日坊主にならないダイエット方法|経験からわかった5つのコツ~食事編~

    ごきげんよう、みかねーです。三日坊主の代表格とも言えるのが「ダ…

  3. 50歳からのダイエット

    ダイエットにカロリー制限は必要なしという新常識!カロリー計算は止めちゃおう

    ごきげんよう、みかねーです。「あれ?ちょっと太ったかしら?」と…

  4. 50歳からのダイエット

    ソレダメ「糖質オフ上級者」はすごかった!アラフィフダイエットはそれでいいの?

    ごきげんよう、みかねーです。ダイエッターにとって「糖質オフ」は…

  5. 50歳からのダイエット

    50代女性のダイエット方法成功例のヒントがここにある!必要なことが見えてくる

    ごきげんよう、みかねーです。50代になると太りやすい、痩せにく…

  6. 50歳からのダイエット

    60代女性が健康的にダイエットを成功させるために守ってほしい3つの基本

    ごきげんよう、みかねーです。40代後半でダイエットがきっかけで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体重減とスタイルを整えることは違う!タイプ別適切なダイエット…
  2. U-NEXTでファイナルまで観られるおすすめ海外クライムサス…
  3. 「MY600-LB LIFE」から考えてみたストレス食べから…
  4. ジムシューズに中敷きインソール「CCLP」を使ってみた感想を…
  5. 股関節の働きと柔らかさのメリット|毎日できるおすすめ簡単スト…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    何故夏は痩せにくいのか?夏ダイエットの方法と5つの注意ポイント
  2. 美ボディメイク~生活編~

    基礎代謝を上げるメリット!筋トレで基礎代謝が上がる?他の方法は?
  3. 50歳からのダイエット

    有酸素運動でダイエット効果が表われないときのチェック項目5つ
  4. 50・60代のボディメイク

    股関節の働きと柔らかさのメリット|毎日できるおすすめ簡単ストレッチ
  5. 女性のための家トレヒント

    中年女性の下半身筋トレにエクササイズバンドを使ったトレーニングのススメ
PAGE TOP