スポーツジム&フィットネス

スポーツジム初心者女性におススメのメニューとビビらない心構えあれこれ


見かけによらず「ビビり」な私、初めてのことはかなり緊張するタイプ。 だから、スポーツジム初心者のときは、全てのことが「恐る恐る」になっていました。

「どうすればいいんだろう」「何からやればいいだろう」「おススメメニューは一体何?」うわぁぁぁ、わからない!と周りは知らない人だらけで、ちょっとビビっていましたね。

そんなことから、きっと同じようなタイプの女性がいるだろうし、それを想像して「やっぱりスポーツジムに行くのはやめよう」なんてことになったら勿体ないので、私の経験からスポーツジム初心者がビビらない心構え的なことも書いてみたいと思います。


スポーツジム初心者女性はまず全部試してみることをおススメ

スポーツジムにもいろいろありますが、今回はスタジオプログラムもあり、マシンの筋トレスペースもある規模の大きいスポーツジムということで書いていきます。

  • まずは全部利用してみる

スタジオで実施しているプログラムは一覧表が受付辺りに置いてあると思うので、それをガン見して「初心者向け」と書いてあるものは時間が許す限り全部参加してみましょう!

いろんなプログラムが提供されている大手スポーツジムは、一番前でトレーナーが模範演技をしてくれてはいるけど、それを見よう見まねでこなしていくしかなく、誰も教えてはくれません。 だから、最初は続けられそうだなとか、楽しかったなと思えるプログラムを見つけることが大事です。それをチェックしておきましょう!

  • 筋トレマシンはスタッフに使い方を指導してもらって全部試す

やるやらない、好き嫌いは置いといて、とりあえずは全て試してみましょう!

  • 目的を明確にしてみましょう

自分は何のためにスポーツジムに来る決意をしたか、ということを明確にしておきましょう! 多分、年齢的にダイエット目的の方が多いと思うのですが、ダイエット目的と楽しむために来ているのと、健康維持のために来ているのとではおススメメニューが違ってきます。

大手スポーツジムにはプールもありますが、私はプールを使わないのでここでは除きます。スイマセンっ! 

スポーツジム初心者女性におススメのメニュー

以下、目的別に書いてみますね。

ダイエット目的

体重を落としたい、体脂肪率を減らしたい!という目的であれば、先に筋トレで筋肉を刺激しておくと脂肪が燃焼しやすくなるので、筋トレ⇒有酸素運動 の順番が理想的です。

だから、まずは15分から20分ほど筋トレマシンでトレーニングをした後に、ランニングマシンで走るとか、スタジオプログラムで「エアロビクス」や「ダンス」等の有酸素運動を実施するといいと思います。

筋トレマシンも1台のマシンで15回3セット行えば15-20分はすぐです。慣れてきたらもう少し時間をかけてやってみましょう。 

楽しむ目的

とにかく楽しみたい!ストレス解消したい!という方は、「楽しめる」プログラムを見つけることが最優先。 これは自分で探すしかないので、全部のプログラムに参加して試してみるのが一番です。 

健康維持

健康維持のために利用するのであれば、激しい運動は必要ないので、ストレッチ系のプログラムやヨガがおススメです。 ヨガにも種類があるので、自分の体に合った強度のプログラムを見つけましょう!

ビビらない心構えあれこれ

初心者の「できない」を乗り越える秘

  • 恥ずかしがらずに、とにかく動く

恥ずかしいんですよ。出来てない自分。でもね、今だからわかったことですが、誰も人のことなんか気にしていません。自分のことでいっぱいですから。 人のことを気にするとしたら、迷惑だ!と思った時。スタジオプログラムは、大勢で動きますから、時々夢中になって隣の人の邪魔になっていることに気づかないおっさんとか・・・います。 不思議におばさんだとあまり気にならないのに、おっさんだとミョーに気になりますし、ムカつきます。あ、これはあくまで私の感想です。

  • 一部分だけでも動かし続ける

例えば、エアロビクスだったら足はステップを踏んでいるし、それに合わせて手も動かします。両方一緒にやろうとすると、どちらもできなくなって、混乱の渦に!私もこれに陥りましたから。 だから、最初は手は適当にフリフリしておいて、まずは足のステップだけ覚えられるよう努力してみる。慣れてくると、足と連動して自然に手が出るようになってきます。 迷いながら適当な動きをするより、とにかくステップだけでもやり続けていれば、きっちりカロリー消費につながりますから。

  • やってみなくちゃわからない

動きとは別角度からの挑戦。 全てのプログラムを体験してみることで「これ好きかも!」や「これ、動けるかも!」が見つかるからです。

「RPBコントロールとは?実際に続けてみた効果と取り入れているスポーツジム」

でご紹介した「RPBコントロール」という運動。 これは何をするのかわからなかったので、体験してみたことがなかったのですが、ジム友から

「動きは激しくないのに、汗だくになる」と聞いて参加。 それこそ最初は自分が何をやっているのか?どこに効いているのか?全くわからなかったものの、やればやるほど

「こいつはいいぞ!」と感じて、今では週1で参加しているプログラムになっています。 やってみなくちゃわからない。

 

ビビりなみかねーが初心者を乗り越えた秘訣

誰でもが初心者だった頃があるわけで、みんな最初はわからないことだらけだったはず。わからないことがあったら、近くにいる人に聞くより、スタッフに聞いた方が絶対いい! スポーツジムの人間関係もいろいろあるので、最初のうちは当たらず触らずの付き合いにしておいた方が無難だと私は思っています。

自分が何故、そのスポーツジムに入ったのか、という目的または目標を決して忘れず、心折れそうになっても続けることが大事です。 「できない」と思っていたことが、ある日を境に自然に手足が動くようになると、やる気は倍増してきますし自信もついてきます。何でも同じですが、そこに至るまでは誰でもが努力しているということ。

歳を取ればとるほど、ホント思うように手足が動いてくれなくてもどかしい思いもしますが、いつまでも同じではありません。必ず進化するのが人間ですから。 ま、私は何度やってもダンス系は挫折ばかりでしたけど。ここはセンスの問題ですかしらね。

それではまた。ちゃおっ

 

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。