女性のための家トレヒント

最終更新日: 2021.07.13

ぽっこりお腹が気になる女性はお腹より背中を意識!その理由と簡単エクササイズ

ごきげんよう、みかねーです。

更年期を迎えると、ホルモンの変化から女性は太りやすくなってきます。

私も更年期を境に太りだしたことが、ジムに通う動機になりましたからね。「そのうち痩せるだろ」と高をくくっていたけど、全く痩せる気配はなく、太る一方でしたから。

でね、太ってくると俄然気になるのが、ふっと下を向くと視界に入るたぷたぷしているお腹の脂肪ですよね。お風呂に入ると一番目につくので、たるんとしたお腹は非常に気になる。

だけど、基本的に部分痩せは不可能と言われているので、毎日腹筋運動をしてもお腹の脂肪だけが消えてなくなることはありません。

それより気にしてほしいのが背中。背中は見えないから忘れがちになっちゃうけど、まずは背中にフォーカスしてみましょうよ。ね!

その理由と、誰にでもできる簡単な解消法をご紹介します。

ぽっこりお腹より背中を意識すべき理由

そうなんです。お腹の贅肉は、お風呂に入るときや着替えるタイミングで、嫌でも見えちゃうから毎日すごく気になりますよね。

体脂肪を落とすためには、食事の管理と適度な有酸素運動が必要になりますが、お腹より背中にフォーカスしてほしいのは、正しい姿勢のために使う筋肉を鍛えてほしいから。

それにより、ぽっこりお腹の改善も期待できます。

・長年の姿勢の癖による猫背
・常に肩が前に入っている
・背筋がきちんと伸びていない
・姿勢をキープする筋力がなくなっている

こうした状態だと、どうしてもお腹がぽっこりしてきます。

ぽっこりお腹にフォーカスするより、猫背や前に入った肩を正しい位置に修正し、背中を最大限に伸ばせる姿勢を体に記憶させ、背中の筋肉を鍛えることでぽっこりお腹の解消が期待できます。

お腹の脂肪を気にするより、姿勢を改善することで若々しいボディラインを作りましょう!ということです。

簡単エクササイズ

初心者編

誰にでもどこでもいつでもできるすごく簡単なエクササイズなので、是非毎日トライしてみてください。

注意ポイントは、腕に意識が向かい過ぎてお腹の力が逃げてしまわないよう気を付けること!

しっかりとお腹に力を入れた状態で、肩甲骨が内側に寄るよう意識して腕を動かしてくださいね。

初級編1

これ!すごくいいです!おススメ。

誰でもできる簡単な動きしか入っていないのに、しっかり動くとたった2分半で上半身が温まってくるのを感じられると思います。

動画は座って行っていますが、立位でも行えます。

これもポイントは同じ。腕の動きで体が持っていかれないよう、しっかりとお腹に力を入れてやってみてね。

初級編2

こちらもシンプルな動きですが、後半に少し負荷の高いエクササイズが入っています。

後半のうつ伏せで行うエクササイズは、上体を高く上げる必要はないので、肩甲骨を寄せることに意識を向けます。

中級編

こちらは音楽に合わせて、徹底的に背中の筋肉を使って動きます。

うつ伏せから上体を上げる動作って、かなりきついんですよ。それだけ日頃、背中の筋肉は使われていないってことです。

これも上体を高く上げる必要はないので、背中に効いてるなぁと感じながら楽しく行ってくださいね。

脚と上体を同時に上げる際は、引っ張り合うような意識を持ってみて!

簡単背中ストレッチ

基本的なストレッチなので、気づいたときに何度でもやってみると体がスッキリします。

おススメは「キャット&カウ」。私は背中がとても硬いので、これは日課になっています。背中を丸めるとき、骨盤もお腹の方に近づけるように意識するとよりお腹に力が入って効果的です。

ヨガでよくある「ダウンドッグ」というポーズも背中や脚の裏側にストレッチ効果があります。

この写真では踵が床から浮いていますが、基本は手のひらもかかともしっかりと付け、背中をお腹に近づけるよう意識します。

とは言え、しっかり踵を床につけるのは結構きついので、背中をお腹に近づける意識を持って、この状態での足踏みでもOKです。

ストレッチはサクサクやっつけちゃうのではなく、呼吸を繰り返しながらゆっくりと伸ばす&縮めるを意識して行います。

まとめ

何事も継続が大事。筋トレやストレッチは、1週間程度続けたところで全く目に見える効果はないけど、続けていれば必ず自分自身が感じられる変化があるはず。

疲れにくくなったとか、寝覚めがよくなったとか、以前より疲れずに歩けるようになったとか、肩凝りが軽くなったとか、ね。

若い頃は痩せていることが重要要素のひとつだったかもしれないけど、ある程度の年齢になると姿勢がいいこと、姿勢をキープする筋肉があること、それによって肉体的なトラブルが少なくなることが大事だと思うんですね。

多少ぽっちゃりしていようと、姿勢がよければ見た目印象がよくなるし、疲れたおばさんには見えにくくなりますからね。

いつでも胸を張って目線はまっすぐ前を向いていられたら、気持ちも不安定になりにくいし、前向きになれると思うんだけどどうかしら??

背中トレーニングの初級編までは誰でも毎日行えるエクササイズになっているので、是非挑戦してみて下さい。

こちらの記事にも簡単な背中トレーニングと背中の筋肉について書いていますので、併せて参考にしてみてね。

上級者になれば自分でトレーニング方法は知っているだろう、ということから上級編は割愛しています。

もし、この部位のおススメ動画が知りたい!初心者だけど、ここを鍛えたい!というマダムがいらしたら、是非教えてくださいね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 女性のための家トレヒント

    50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ6選

    ごきげんよう、みかねーです。日頃から「体幹大事ですよぉー」と何…

  2. 女性のための家トレヒント

    誰でもできる初心者向けピラティス動画を集めてみました

    ごきげんよう、みかねーです。前回「お腹をへこませたいなら運動よ…

  3. 女性のための家トレヒント

    50代になると女性の筋肉量は平均これだけ減少する!筋トレ5つのメリット

    ごきげんよう、みかねーです。全くね、歳を重ねるごとに、劣化を防…

  4. 女性のための家トレヒント

    体脂肪率30%オーバーの50代女性におすすめパート3「ザ・トレーニング編」

    ごきげんよう、みかねーです。体脂肪率30%オーバーの50代女性…

  5. 女性のための家トレヒント

    「お腹周りが痩せる方法」を探している40代以上の女性にオススメ動画

    ごきげんよう、みかねーです。40代以上になれば「お腹周りの贅肉…

  6. 女性のための家トレヒント

    体側伸ばしストレッチを習慣に!その効果と意識すべき3つのポイント

    ごきげんよう、みかねーです。激しい有酸素運動が大好物だった私も…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. それ本当にダイエット停滞期?体重が減らないときにすべき3つの…
  2. 半年で10キロ減量したニッチェ近藤さんのダイエット方法と次の…
  3. 筋肉に年齢は関係ない!グッとくる還暦の女王「澤田めぐみさん」…
  4. アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない…
  5. 「見た目維持に疲れた50代」から考えてみた若く見える女性6つ…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    ダイエットにハードな有酸素運動はちょっと待って!やり過ぎは逆効果の理由
  2. ジムウエア&シューズ

    スポーツジムで40代以上の女性の服装が露出高く派手になるのは何故か?を考えてみた…
  3. アラフィフファッション

    アラフィフはブラ選びに迷うお年頃?着用感の好み別「ブラ選び」のポイント
  4. 50歳からのダイエット

    痩せたい女性におすすめする食後すぐの運動効果と簡単3分運動5選
  5. ジム&スタジオ情報

    東京の高級ホテル宿泊で利用できるラグジュアリーなフィットネスジム12選
PAGE TOP