50・60代のボディメイク

最終更新日: 2021.02.19

膝上の肉を落としたい!ジュゴンの顔のような膝になっちゃう原因と対策

ごきげんよう、みかねーです。

膝が、ジュゴンの顔のようになってませんこと??これ、友人と「昔はこんなに膝に肉が集まってなかったよねぇー」と話題になったこともあるんですけどね。

昔より膝が大きくなってるかも、と感じたことないですか?

太れば当然脚にも脂肪がつき、それがたるめば膝に溜まって膝頭すら見えなくなっちゃった、なんてことにもなっちゃうわけです。

やーねー。

加齢によって皮膚に弾力がなくなることも、膝が大きく見えちゃう原因のひとつと言えますが、嘆いているだけじゃ何も変わりませんからね。

ため息ついていても何も解決しないので、膝上に肉が付いちゃう原因とその対処法をまとめてみました。

参考にしていただけたら嬉しいですっ!

膝上に肉がついてジュゴンの顔のようになっちゃう原因

・皮下脂肪
・筋肉の衰え
・姿勢の悪さ
・むくみ

脂肪は皮膚と筋肉の間にあります。

筋肉が衰えると脂肪を支えられなくなり、重力によって下に溜まった結果、膝の上に肉が渋滞しちゃうわけです。

年々脂肪は増える、そして筋肉は衰える、それを放置した結果、膝に立派なジュゴンの顔ができちゃった!ってことです。

骨盤の前傾または後傾により正しい位置にない場合、太ももの筋肉が常に緊張状態にあります。筋肉が緊張して硬くなっていると、血流やリンパの流れが悪くなりむくみの原因にもなります。

骨盤が前傾している反り腰は反り膝という症状を引き起こすこともあり、そうなるとより膝に脂肪が溜まりやすくなってきます。

膝上の肉の対処法

たっぷり脂肪を蓄えている場合は、まず脂肪を減らすことからやらなくちゃダメですが、それは下の記事を参考にしてくださいね。

体に蓄えてしまった脂肪は、部分的に減らすことはできません。食事の管理と適度な運動で少しずつ減らすしか方法はないので、地道に頑張りましょう。

膝上のお肉がぷにぷにと柔らかければ、筋力不足による脂肪の渋滞。つまみにくくて硬いようなら、姿勢の悪さからくる筋肉の張りが原因と言えます。

太ももの筋肉の柔軟性を向上させて鍛え、正しい姿勢に整えればジュゴン膝ともおさらばです。

その1.ストレッチ

膝をしっかりと伸ばさないと効かないので、意識しながら行ってください。

実際にやってみたところ、2番目の交互に脚を上げるストレッチがかなりきつくて、次第に膝がちゃんと伸びなくなってきますが、ゆっくりでもいいのでしっかり伸ばしてください。

その2.エクササイズ&マッサージ

エクササイズはシンプルですが、最初は結構きついかも。

膝立ちで背中を板のように真っすぐ保ちながら、後ろに倒していきます。

背中真っすぐ、というのが大事なポイント。お腹に力を入れないと腰が不安定になっちゃうので、お腹にも効果的です。

脚のむくみにはマッサージも効果的なので、エクササイズ後のマッサージも続けて試してみてくださいね。

軽く手を握り4本の指の第二関節で、膝の上から鼠径部に向かってごしごしと動かしてみるのもひとつの方法です。

その3.反り腰対策

しつこく何度も書いていますが、ホント!姿勢って大事なんです。自分ではいい姿勢だと思っていても、実は反り腰気味ってこともあるため、是非鏡を見てチェックしてくださいね。

わかりやすい判断方法は、踵を壁につけて真っすぐ立った時、腰と壁に掌1枚分以上の隙間がある場合は反り腰。

大腿筋膜張筋のストレッチは、私のお気に入りストレッチでほぼ毎日やっています。太ももからお尻の境目あたりが、イタ気持ちよく伸びます。

筋肉が緊張状態にある方にもおすすめのストレッチです。

日々体を動かして生きているし、人によって動きの癖もあるからこそ、日々のメンテナンスが必要ってことです。

座りっぱなしも気を付けて!

仕事で座っている時間が長いと、股関節が常に曲がっている状態で動かしていないため、脚がむくみやすくなります。

時々、立ってストレッチをしてあげると予防できます。

壁に手を付き、片足をお尻にくっつけるように折り曲げると、太ももの前側を伸ばすことができます。なるべく両足は離さず行ってみてね。

片足を後ろに伸ばし、両手で壁を押すようにするとふくらはぎを伸ばすことができます。

どちらも簡単で気持ちいいので、是非試してみてね。

まとめ

短期間で結果は出にくくコツコツ続ける必要はあるけど、コツコツと続けていれば必ず効果は表れるので、途中でフェードアウトせずに頑張りましょう。

私は、特に膝上の肉を意識してトレーニングをしたことはありませんが、10年以上ジムに通った結果、膝上の肉は解消してジュゴンはいなくなっています。

脚の筋力が付いた結果だろうと思っています。

まあね、もう60を超えているので、膝を出すようなスカートを履くことは絶対にないけど、大いなる自己満足ってヤツですかね。

老廃物、栄養素、酸素は血液によって運ばれるので、血液の流れを促進する心拍数が上がる適度な運動習慣が、筋肉には必要不可欠です。

筋肉にも血管があるし、血管も硬くなるって言いますからね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50・60代のボディメイク

    50代女性には絶対意識してほしい内腿の筋肉|その理由と簡単トレーニング

    ごきげんよう、みかねーです。加齢とともに、内腿がなんだかゆるゆ…

  2. 50・60代のボディメイク

    60代女性の平均体脂肪率は?体脂肪を減らす場合の3つの注意点

    ごきげんよう、みかねーです。歳と共に体重も体脂肪も落ちにくくな…

  3. 50・60代のボディメイク

    運動が免疫力を高める訳と50歳以上の女性におすすめの運動とその強度や頻度

    ごきげんよう、みかねーです。風邪をひきやすい、なんとなく体調が…

  4. 50・60代のボディメイク

    50代女性の体型変化は原因は?体型崩れを防ぐ3つの対処法~初級編~

    ごきげんよう、みかねーです。歳を取るごとに「あれ?痩せにくくな…

  5. 50・60代のボディメイク

    痩せなくていい!でもいくつになっても体は変えられる!そのためにすべきこと

    ごきげんよう、みかねーです。常に「痩せたい」と言っているあなた…

  6. 50・60代のボディメイク

    美脚メイクは筋トレだけにあらず!侮れない足首回しの効果

    ごきげんよう、みかねーです。足首を回すだけで、何か効果があるの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ダイエットからの食事制限じゃなく運動が当たり前になると食事が…
  2. 睡眠の質を上げるための必須アイテムはパジャマ!何を基準に選ぶ…
  3. 「ジェントルメン」はガイ・リッチーワールド炸裂のオシャレで痛…
  4. ドラァグクイーン「イルローザ」さんのトレーニング動画で楽しく…
  5. 四角いお尻やヒップのたるみを改善したいならインナーマッスルト…

Pick up

  1. 50歳からのダイエット

    50代女性の体重増加の原因を知ると生活習慣の見直しチャンスだとわかる
  2. フィットネス&エクササイズ

    こんなに消費カロリーが多い運動があったなんて知らなかった!その体験を口コミ
  3. 50歳からのダイエット

    痩せにくい女性の原因はこんなところにある!7つのチェック項目
  4. 女性のための家トレヒント

    体幹鍛えたいけど辛いの苦手ならデッドバグ!効果を上げるためのコツを解説
  5. 美ボディメイク~生活編~

    汗をかくことは美肌に効果的!汗をかくメリットを知れば必ず汗をかきたくなる
PAGE TOP