Pocket

ごきげんよう。「まだスタ」みかねーでございます。

20年下着屋をやっていて、インポートのサンプルやカタログをたくさん見てきました。セクシーなベビードールに魅了されたり、レースのテディに一目惚れしたり、コットンのビーチウエアに心奪われたりと、様々な製品と巡り合いご紹介させていただいた20年です。

でも、そんな20年の中で一度も扱わなかった商品が「ガードル」

私も20代の頃には履いていました。何故履いていたのかは覚えていないけど、脱ぎ捨てたのは、まぎれもなく自分の意思。だって、かっこ悪いんだもん。

ガードルを履き続けてもヒップアップはしません

ちょっと話は逸れますが、20代前半の頃、寝っ転がって引っ張ってもらわないと脱げないスキニーデニムを履いていたこともあったんですね。今考えてみれば、すごぉーく足には悪かった。鼠径部が圧迫されることでリンパや血の流れが悪くなり、むくみにつながったり、血流が悪くなったりするので危険です。

多分、数十年前のガードルに比べたら、今はとっても機能的に優れているかもしれないし、ヒップがどんどん下がってくるお年頃ではあるけどやっぱり履きたくない。下がったヒップは筋トレで上げることができますから。

ガードルは決してヒップを上げるためにあるものではありません。「ヒップアップ」と謳っていても、それは履いている時だけのことであって、脱げばお肉は、また元の位置に戻ってしまいます。

ガードルを履いたヒップは硬い表情に

パンツスタイルのときはせめてガードルで補正をしたい!!と思うのは当然の女心。だけど、ガードルを履いた後ろ姿は、硬さが感じられるヒップになってしまいます。本来ヒップとは柔らかいものであり、それが魅力でもあるわけなので、硬い表情をしたヒップには女性らしい魅力が香りません。

それでも今までの習慣としてガードルを履いていないと不安な方もいらっしゃるでしょう。その場合、座っていても鼠径部を圧迫しないものを選び、長時間履き続けないようにすべきだと思っています。


フランスのランジェリーブランド「Aubade」のカタログ画像
実に美しいヒップです。

ヒップアップのために本当に必要なのは?

ガードルを履いたことでヒップが上がるのは、布地の伸縮性や生地の弾力を利用したことによるもので、それを履き続けたことで筋肉が鍛えられるなんてことは絶対にありません。

人の肉体は、年齢と共に全ての部位に下垂が生じるわけですが、それを最小限に食い止めるためには筋肉を鍛えるしか方法はありません。

お尻には「大臀筋」という大きな筋肉があります。これを鍛えると、プリッとしたヒップに。

まあ、20代に比べれば皮膚の張りが違うので、モデルのような張りのあるプリ尻は無理だけど・・・大臀筋を鍛えることで、ヒップに付いた無駄な脂肪が落ち、筋肉が付くことでヒップアップが期待できるわけです。

ただ、1週間くらいやっても目に見える効果はないので、少なくても2か月以上は続けてほしいかな。

鏡に映る自分のヒップの太ももとの境目に皺が入っていて、これはヒップが下がったことによって出来たのだろうと思っていました。非常に残念な姿でしたが、今は繰り返し実行しているスクワットでかなり皺の程度が軽減してきています。

ま、そうは言っても年相応の「弾力を失ったお肌」という現実はあるので、プリ尻とまではいかないですけどね。それでも、以前と比べると自分を褒めてあげたいかな。


というわけで、いくつになってもガードルに身を預けてしまわずに、それで安心してしまうことなく、いくつになってもきっちり体は応えてくれるので、是非ヒップアップは殿筋を鍛えてください。

それではまた。ちゃおっ