女性キックボクシングの贅沢体験をしてきた!楽しいったらありゃしない!

フィットネス&エクササイズ

ごきげんよう、みかねーです。

まだスタブログを読んでくださっている方はご存知と思いますが、私はボクシング、キックボクシングが大好きです。

昔は、一般女性がボクシングをやるなんて考えられなかったけど、今はどちらの人気もうなぎ上り!

いや、データはありませんけどね。肌感ってヤツですかね。

いろんなジムに行って、いろんなことを体験している中でヒシヒシ感じます。

その魅力は、なんと言っても爽快感。全てのイヤなこと、ストレス、心の澱みたいなのが吹っ飛びます。

で、今回は贅沢なキックボクシング体験をしてきたので、それを是非とも紹介したいんです。

いえね、帰宅後検索して初めて「おおおおーーー、なんという贅沢な体験をさせてもらったんだ!!」と多少ビビりましたね。

私が体験してきたキックボクシングクラスは、不定期開催ですが誰でも参加できます。

最後に詳細を掲載しますので、ご興味のある方は是非!

女性キックボクシング体験

今回、体験してきたのは、元シュートボクシング初代フライ級女子王者:たかはし藍さんが主催しているクラス。

これです。

大森駅近くの「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」3階にあるスタジオで行われました。

ストレッチ⇒軽く準備運動⇒シャドーボクシング⇒パンチやキックのミット打ち⇒パンチ&キックのコンビネーションでミット

こんな順番で行います。

人数が少ないとミット打ちの回数が多くて幸せなんだけど、ぜーはぁーが整わないうちに自分の番がやってくる!

ひえー、エナジー回復してませんっ!と思いつつ、ミットに当たる音や感覚の気持ちよさに勝てるものはないので、NOとは言いませんっ。

何が贅沢だったかというと

何が贅沢だったかというと、ミットを持って相手をしてくださったのが、たかはし藍さんと、女子プロボクシングの第一人者で日本人初のボクシング世界5階級制覇王者:藤岡奈穂子さんだったこと。

左から藍さん、私、藤岡さん。おふたりともTheアスリートな雰囲気ありますよねぇ。

藍さん!立ち姿がかっこいい!やっぱり姿勢って、とても大事と再確認です。私、弱そうですもん。

おっと、本物と比べるのはおこがましいですね。こらっ!

藤岡さんは「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」所属の現役プロ選手。2021年度はプロボクシング女子年間最優秀選手賞と、同年間最高試合賞をダブル受賞。

すごくないですかっ?!しかも46歳。年齢を言い訳になんかできないです!改めます。

ご興味があれば、藍さんが書いたこの記事を読んでほしいです。藤岡さんのすごさが、よくわかります。

でね、そんな二人に相手をしていただけたってことが、ボクシングやキックボクシングが大好きな私にとっては、べらぼうに贅沢な時間だったわけです。

いやー、楽しかったですねぇ。

やってみれば必ず虜になる!

参加していた女性たちは、みんな確実にキックボクシングの虜になっていたと確信。

大汗かいて「楽しいぃぃぃぃ!」と叫んでいた女性もいたし、他の女性も真剣に打ち込んで最後は抜群の笑顔。

はっきり申しまして、ミット打ちはかなりきついです。キツイんですけど、体験した女性はその爽快感の虜になるんです。

パーソナルでお世話になっている矢島さんにも「顔が怖い」と言われましたが、藍さんにも目つきが変わるといわれました。

いや・・・自覚はないんですけどね。ミットを前にすると人格変わる?何かが憑依する?スイッチが入っちゃう??

それだけ真剣なんです。

矢島さんも藍さんもレッスン内容に大差はありません。

でも、藤岡さん含め、それぞれが指摘して下さるポイントが違っていて、自分の成長につながると感じました。

そんなことが新たな気づきとなり、とても有意義なレッスン体験でした。

それって、全てに同じことが言えるように思います

もし、何かに行き詰ったら、いつも同じ人ではなく、全く違う人にアドバイスを求めてみると目からうろこになるかもしれません。

フィットネスのボクシングとミット打ちの違い

私は、音楽のリズムに合わせてシャドーボクシングを楽しむフィットネス系からスタートしましたが、今は完全にミット打ちにハマっています。

どっちも抜群に楽しいけど、フィットネス系からスタートしたメリットは、利き足や利き手がないと言うこと。

通常、スタンダードなボクシングスタイルは、左足が前で右腕でストレートを繰り出し、サウスポーだとその反対。

でも、フィットネス系ボクシングだとどちらも行うため、利き足、利き手という概念がそもそもなくバランスがいいと感じています。

なので、どっちから始めようかと迷っているなら、フィットネス系からスタートすると、左右どちらも使えるようになるし、基本も身についていいと思います。

たかはし藍さんのレッスン

8,9月は藍さんがアメリカへ行ってしまうためお休みですが、通常木曜日の19:20から「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」3階にあるスタジオで行われます。

他の曜日やスタジオでイベントが開催されることもあるので、ご興味のある方は藍さんのTwitterをフォローすると情報が入手できます。

多分、毎回藤岡さんがレッスンに参加して下さるわけではないと思いますが、ちょいちょい参加しているともしかしたら王者に相手をしてもらえる日が来るかもよぉ。

まとめ

熱く語り倒しましたが、何がお伝えしたいかというと、それはいつもひとつ!

「運動しよう」「運動習慣を身に付けよう」「ダイエットより運動」

と言うことです。え?ひとつじゃない?そうかもだけど、意味は同じですから。

私は2022年7月現在62歳ですが、アラフィフからジムに通い始めたことを本当に良かったと実感しています。

50歳を過ぎたら、痩せることやお腹をへこますことや、足を細くすることより運動習慣を身につけることの方がずっと大切です。

だから、まだスタブログで「運動しよう」と言い続けます。

そして、こんな運動があるよ、これはこんなに楽しいよ、こっちは辛いけどスカッとするよ、と伝え続けたいんです。

それを読んだ女性が、じゃあやってみようかなぁとか、そんなに言うならちょいと体験してみるかな、と腰を上げてくれたら嬉しいわけですよ。

そこを目指したい!

さてっと、きょうはバーチャルボクシングの茂呂さんのボクシング教室に行ってきまぁーす。

昨日張り切ったから、またお尻が若干筋肉痛だけど、嬉しい痛みとして頑張ってくるわ。

それではまた、ちゃおっ

みかねーみかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今はジム通いが日課のジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、あなたの「運動してみようかな」のきっかけになったら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

みかねーみかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今は毎日の日課がジム通いのジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介したくて日々ブログを更新しています。 あなたの「運動してみようかな」を後押しできたら幸せです!

月間ランキング

  1. 1

    肩の肉の盛り上がりは太って見えるし老け見えする!その原因と落とし方

  2. 2

    40・50代の気になる二の腕を細くする簡単な方法でノースリーブも怖くない

  3. 3

    50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ7選

  4. 4

    あと3キロ痩せたいなら40代で!その理由と2か月で無理なく落とす方法

  5. 5

    50代女性が体脂肪率を減らすために知っておくべき仕組みと方法

Twitter でフォロー

TOP