エクササイズ&トレーニング

シットアップ(腹筋)ができない!理由がわかるとやるべきコトが見えてくる


ごきげんよう、みかねーです。

実はここだけの話し、筋トレをしているのに、私ってばシットアップと言われる、いわゆる上体を上げる腹筋運動ができないんです。

これが悔しくてねぇ。

ただ、腹筋を鍛えたい場合、シットアップができなくても全く問題はありません。むしろ、腹筋群のどこを鍛えたいかによって違ってきますが、他の方法の方が有効です。

だけど、シットアップ(腹筋)ができない理由がわかると、やるべきコトが見えてきちゃったんです。というとこで、きょうはそれをお伝えしたいと思います。


私はシットアップ(腹筋)ができない!

シットアップとは、膝を立てて仰向けに寝た状態から完全に上半身を起こすこと。昔は、これが腹筋を鍛えるトレーニングとして一般的でしたが、今はほぼ行いません。

でも、「できない!」ことがものすごく悔しくて、どうにかできるようになりたいと思っていたところ、地元のスポーツジムのトレーナーから「背中が硬いのかも」とアドバイスされて目からウロコ!

そうなんです!シットアップは、腹筋だけに力を入れればできることではなかったんですよ。

シットアップ(腹筋)ができない理由

  • 背中側腰のあたりが硬い
  • 腸腰筋に柔軟性がない

この二つが、シットアップをする上で重要なのだそうです。

その理由は、上体を起こす際、上半身は丸めて持ち上げていくのに対して、背中が硬いとうまく丸くならない。

腸腰筋とは、腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群にことで、これに柔軟性がないと上体を起こす際、伸縮が上手くできない、ということになります。

弾力性がなくなったゴムは、伸びたり縮んだりし辛くなりますよね。筋肉も同じことです。仰向けに寝ているときは、ゴムが伸びている状態、上半身を起こすとき、伸びたゴムがきちんと縮む力を発揮すれば、上体を引っ張ってくれますよね。

私の体は、これが出来ていないってことがわかりました。筋トレは、ハードにやるだけでいいのではなく、後のメンテナンス、ストレッチが同じくらい大切ってことです。

という二つの理由で、私はシットアップができかなったんです。

理由がわかったらやるべきコトが見えてきた

ここまで読んでくださったら、私がやるべきことがおわかりいただけたかと思います。

私のように、腹筋はそこそこ鍛えているのに、シットアップができない人がいたら、背中と腸腰筋の柔軟性を目指すべき!です。

結局、人の体は全身のバランスが大事ってこと!体の前を鍛えているようで、実は背面も関係しているってことです。

鍛えたい部位だけに目を向けても、全体が見えていなくちゃダメよね、ということがよぉーくわかりました。

ほら、オーケストラはひとつの楽器だけが優れていても、全体の調和が取れていないと素晴らしい音楽として耳に届いてこないわけでしょ?同じよね。きっと・・・

そこで実行したのはグループセンタジー

そこで、私が考えたのはスポーツジムのプログラムにある「グループセンタジー」に参加すること。グループセンタジーとは「ヨガとピラティスを組み合わせたような比較的ゆっくりとした動作を音楽に合わせてリズミカルに繰り返す運動」

グループセンタジーとは?消費カロリーや痩せる効果は?体験の感想を口コミ!アップテンポの運動が苦手な方、ヨガの経験者、柔軟性を伸ばしたい方、音楽と共に体を動かしたい方に「グループセンタジー」はぴったりかなと思います。グループセンタジーに付いての消費カロリーや効果、実際に受けた感想をまとめてみました。...

ヨガパートと体幹を鍛えるピラティスパートを1時間のプログラムに組み込んでいる運動です。

しっかりと全身の伸びを感じ、インストラクターが指導してくれる手足の角度や位置を意識して行うと、ヨガマットにぽたぽたと落ちるほど汗をかきます。

例えば、この姿勢。後ろの足の付け根、腸腰筋が伸びています。

ヨガにこんなポーズありますよね?これもまた、腸腰筋がしっかり伸びて気持ちのいいポーズ。

グループセンタジーでは、ヨガをやっている人にとっては、若干物足りなさを感じるらしいので、次はしっかりとした本格的なヨガにも挑戦してみようと思っています。

体はひとつしかないし、取り替えることはできないし、不調を抱えてからじゃメンテナンスに時間もお金もかかるので、健康と姿勢のいいボディを維持するためには、それなりの努力も必要ってことよね。

いつか必ずシットアップができるようになるために、頑張るわ!え?なんでかって?そりゃあ、悔しいから!というだけかしらね。維持だわ。

それではまた。ちゃおっ。