フィットネス&エクササイズ

最終更新日: 2020.07.27

ホットヨガやピラティスは寒くなってきたら体を温めてから臨むと効果抜群!

ごきげんよう、みかねーです。

最近、週1のホットピラティスが定番となってきている私。

普段は歩いてジムまで行っていますが、雨が降って肌寒かった日に車で行ってすぐにホットスタジオへ。

そこから室温30℃を超えるスタジオで45分間ピラティスをやったものの、体が冷えていたせいで汗が出てこない!ということに気づきました。

30分の有酸素運動と筋トレを繰り返すサーキットトレーニングだと、ジムに到着してすぐに始めても10分ほどで汗が出てくるのですが、ピラティスは動きがゆっくりなので体が冷えていると汗が出てこないんですね。

そこで、寒くなってきたらホットヨガやピラティスは、事前に体を温めてからの方が効果がアップすることをお伝えしたいと思います。

ホットヨガやピラティスは寒くなってきたら体を温めてから行うべき理由

ヨガとピラティスの違いは下の記事に書かせていただいたので、参考にしてください。

ホットスタジオで体を動かしたい!と思っている人たちは、汗をかく喜びを実感していらっしゃると思うんですね。

だけど、寒くなってくると暑い季節ほど汗が出ないことを感じた方もいらっしゃるのでは?

ホットピラティスに参加していらっしゃる方々を見ていると、汗のかき方は人それぞれだなぁーと感じます。ここだけの話し、太っていても汗をあまりかかない人もいるんですよ。

汗をかくことは直接ダイエットには繋がりませんが、以下のようなことが痩せやすい体を作ります

・血流促進
・代謝アップ
・体温上昇

だから、せっかくホットヨガやピラティスに参加しているのだから、最大限の効果を出したいですものね。

先に体を温めるおススメの方法

ホットピラティスの先生が教えてくれたことは、ホットスタジオに入る前にお風呂に入って体を温めておくと、体も柔らかくなるし、より効果を得られやすいということ。

私が通っているジムは、お風呂があるので、ピラティスをする前にお風呂に入るといいですよぉーと教えてくれました。

お風呂に入るのが面倒なら、マシンがあるジムなら2つか3つの筋トレをしてみるのも手です。筋トレは有酸素運動より早く汗が出るので、2つか3つやっているとじわっと汗ばんできます。

ホットヨガに特化したスタジオだと、お風呂や筋トレマシーンがないと思うので、その場合は、スタジオまで歩く!これに限ります。近所にあるなら、少し遠回りしてでも歩く距離を伸ばして臨んだ方が絶対にいいです。

車で行ってホットピラティスに参加したときより、歩いて行って参加したときの方が汗の出方がよかったので、この方法はおススメです。

ホットスタジオに入る前に体を温める方法
・まずお風呂に入る
・早めに行ってストレッチや筋トレ
・スタジオまで歩く

仕事帰りに行く場合、無駄に歩くなんて疲れるし・・・ですよねー。でも、ほんの少し余計に歩けば、疲れるかもしれないけど効果がアップすると思えば頑張れますよ、きっと!

ホットヨガやピラティスの効果って何?

ホットヨガやホットピラティスは体温が上がり代謝がアップする効果があるため、冷え性のために痩せにくい体質になっている人にはもってこいです。

ホットスタジオで汗をかくことは、美肌につながったり、むくみや冷えの改善になったりもするし、ヨガは精神面の安定にもつながります。

どの運動でも同じことが言えますが、何事も継続がイチバン大事!

何でも続けていればそれなりの効果や結果が伴います。週に1回通って1か月後に何も効果がない、と判断してしまうのは勿体ない。

少なくとも週に1回ほどであれば、何もしないよりはいいというレベルなので、できれば週に2-3回は通いたいし、どんなことでも2か月以上続けなければ効果は感じにくいと言えます。

私が感じるホットピラティスの効果

私がピラティスを始めたのは、何年も激しい有酸素運動ばかりやっていたので、もう少し体を伸ばしたりゆっくりと体が発する声を聞きながら動かす必要性を感じたのが動機でした。

週に1回のホットピラティスを3か月ほど続けていて、明らかに効果を感じていることは特にありませんが、とにかく汗をかくことが気持ちよくて参加しています。

ピラティスは、体幹トレーニングでもあるため、横隔膜を刺激する呼吸法を行います。ここがヨガとは大きく違うところですが、呼吸法を意識しながら行うと結構キツイ!

今までは、ノリと勢いで動いていたし、それが好きだったけど、いろいろやってみると新しい気づきがあって楽しいです。

ホットプログラムに参加するときは、お腹がいっぱいだと気持ち悪くなることもあるから、そこはご注意!です。

何の運動でも同じですが、体を動かした後は吸収しやすい状態になっているので、終了後にたらふくご飯を食べるのはNG。

体を動かしたスッキリ感で、何を食べても美味しいんですけどね。

ま、食べるために動いているとも言えるので、そこはダイエット中の人でなければほどほどでいいのでは?と思います。

汗をかくと悩みやイヤなことも汗と一緒に流れていくような気がするので、ストレス解消にも向いていると私は感じています。

後日談

後日、少し早めに行って炭酸風呂に浸かり、そのあと少しだけサウナに入ってからホットピラティに参加してみました。

効果てきめん!!すごいです。

開始10分ほどで顔や首から汗が流れてきて、終了する頃にはぽたぽたと滴り落ちるほどの汗になっていました。

やっぱり、寒い季節はあらかじめ体を温めてから参加すべきだと言うことがよぉーくわかりました。

寒くなってくると、なかなか体が温まらなかったり、体温が上がらなかったりするし、低体温は免疫力も落ちるので、是非トライしてみて下さい。

それではまた。ちゃおっ

関連記事

  1. フィットネス&エクササイズ

    フィットネススクール「TRY nations」を体験してみた!50代以上の女性におすすめ!

    ごきげんよう、みかねーです。トレーニングをしたいと思っていても…

  2. フィットネス&エクササイズ

    ラットプルダウンで効果的に背中の筋肉を鍛えるやり方!ジム女子必見

    ごきげんよう、みかねーです。最近、スポーツジムは人が増えてきて…

  3. フィットネス&エクササイズ

    グループセンタジーとは?消費カロリーや痩せる効果は?体験の感想を口コミ!

    ごきげんよう、みかねーです。アップテンポの運動が苦手な方、ヨガ…

  4. フィットネス&エクササイズ

    暗闇ボクシング「NOA」を体験したら入会せずにいられなかった魅力を口コミ

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログを読んでくださってい…

  5. フィットネス&エクササイズ

    RPBコントロールとは?実際に続けてみた効果と取り入れているスポーツジム

    健康のために体を動かしたいけど、激しい動きは苦手だし、身体も硬いから、…

  6. フィットネス&エクササイズ

    ダイエットに筋トレを取り入れたい女性のタイプ別にジムを選ぶポイント

    ごきげんよう、みかねーです。「そうだ!ダイエットに筋トレしよう…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ダイエットからの食事制限じゃなく運動が当たり前になると食事が…
  2. 睡眠の質を上げるための必須アイテムはパジャマ!何を基準に選ぶ…
  3. 「ジェントルメン」はガイ・リッチーワールド炸裂のオシャレで痛…
  4. ドラァグクイーン「イルローザ」さんのトレーニング動画で楽しく…
  5. 四角いお尻やヒップのたるみを改善したいならインナーマッスルト…

Pick up

  1. 女性のための家トレヒント

    体脂肪率30%オーバーの50代女性におすすめパート3「ザ・トレーニング編」
  2. 50歳からのダイエット

    ダイエットにハードな有酸素運動はちょっと待って!やり過ぎは逆効果の理由
  3. 50・60代のボディメイク

    映画「ハスラーズ」のジェニファー・ロペスはアラフィフボディのお手本
  4. 50・60代のボディメイク

    内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違いは?落としやすいのはどっち?きちんと知っておこ…
  5. 50歳からのダイエット

    50代女性がダイエットで体脂肪率30%を切る始めの一歩3つのポイント
PAGE TOP