Pocket

ごきげんよう、みかねーです。

土曜日は、パーソナルトレーニングに行ってきました。そこで激しく感じたことがふたつほどあったので、それをお伝えしたいと思います。まずは

「筋トレの姿勢」

エネルギー消費のためのランニングやエアロビクス等の有酸素運動は、自分のペースで汗をかいて息が上がる程度の運動量を目指して行えばいいけど、筋トレは正しい姿勢で実行することが何よりも大事。

正しい姿勢でないと、腰や膝を傷めたり、きちんと筋肉に効かないのでとっても重要です。

ランニングやエアロビクスでも、正しい姿勢の方が効率がいいとか、疲れにくいとかはありますが、筋トレほどシビアじゃあない。


土曜日のパーソナルトレーニングでは、スクワット・プランク・ランジ等の姿勢チェックからスタート。スクワットはつま先から膝が出ないように、お尻を椅子に座るときのように後方に出して下げていきますが、私の場合お尻を下げるときバランスを取ろうとしてつま先がやや上がってしまいます。

そのため、若干脛に力が入ってしまうので、膝の角度の微調整をしてもらいました。すると、ほんの少しのことだったのにつま先は上がらなくなり、力の入るパーツが微妙に違っていることを感じました。

って・・・ ちとマニアックすぎますかしらね。


「スクワット」ひとつとっても、微妙な調整で力のかかり方、部位が違ってくるほど、筋トレは姿勢がとっても大事なんです。だから、ちゃんと指導を受けるか、鏡を見て姿勢をチェックした方がいいよ!ということです。そして、もうひとつが

「意識の方向」

パーソナルトレーニングでは、私がブログでもたびたびおススメしている「プランク」を数種類取り入れました。プランクを取り入れたトレーニングの動画を「you tube」で見つけたので、是非ご参考ください。





プランクは短い時間で体幹を鍛えられる効率のいいトレーニングです。

*姿勢も言動も前のめり?
*その姿勢、老けて見えます

「体幹」については、上記タイトルのブログの中でも書いているので、是非ご参考ください。


で、体幹を効率よく鍛えられる「プランク」を実施する際、辛いからと言って「早く時間がすぎないかなぁー」とか「ううぅぅぅ・・キツイ」とか考えながらやってはNGです。

正しい姿勢を作ってスタートしたら、頭も気持ちもお腹に集中。「筋肉さん、いい子に育ってくださいね」とか「お腹さん、きれいに整ってくださいね」とか「体幹さん、びしっと決めちゃってくださいね」とか・・・

バカバカしいけど、これ!!効き目あるはずです。


トレーナーが「鍛えている部分に気持ちを集中させることで効き目が倍増することは、実証されている」と言っておりました。心は身体の中にあり、身体はいつでも心の影響を受けている決して切り離せない関係ですから。

同じ30秒、60秒、同じキツさなら効果上げたいじゃないですか。そしたら、こんな簡単なことはないので、是非呪文のように心の中で唱えてください。だれも聞いてませんから。

「呼吸の意識」

感じたことがふたつ、と最初に書きましたが、もうひとつ思い出しました。呼吸のタイミング。ここも大事です。

トレーニングの効果を引き出すのが呼吸。ヨガでも吸って吐いてと、トレーナーが必ず言いますが、筋トレも同じこと。パフォーマンスを上げるために、筋肉に最大の負荷がかかったときに、息を吐きます。

プランクのように同じ姿勢を続けるトレーニングの場合は、苦しくなっても息を止めずに規則正しく呼吸を繰り返します。

土曜日に私が新しくトレーナーから習ってきたのは、プランクをしながらの「ドローイン」

ドローインとは、簡単に言うとお腹をへこませる呼吸法。これもコアに効く一種のトレーニングです。


しかし、知れば知るほど、トレーニングって奥が深いと感じます。今はパーソナルトレーナーに新しいことを習ったり、わからないことを質問するのが楽しくてなりませぇーん。

いくつになっても興味って湧いてくるもんだなぁーと思います。

それではまた。