【当サイトのコンテンツ内には商品プロモーションを含みます。】

グループパワーとボディパンプのどちらも経験して感じた違い

ジム&スタジオ情報

ごきげんよう、みかねーです。

ネット検索していたら「グループパワー ボディパンプ 違い」という文言がヒット。どちらも経験してきた私としては、これは語りたい!

しかも、ボディパンプは大好きなジムプログラムの一つですしね。

こりゃあ、語らずにいられませんって。

ま、結論としては大きな違いはないんですけどね。どちらもバーベルを使い、音楽に合わせてトレーニングを行うプログラムです。

でもね、この「音楽に合わせて」というところが、ひとり孤独にマシン相手に行うトレーニングと大きく違う。

マシン相手や、トレーニングエリアでの筋トレって、面白くはないじゃないですか。

だけど、音楽に合わせてみんなと一緒に動いていると、いつの間にか全身の筋力トレーニングができちゃう!という素晴らしい仕組みなんです。

筋肥大や筋力増強を狙っているとしたら、グループパワーやボディパンプじゃ厳しいかもしれないけど、私たち世代がトレーニングするなら十分だと思う。

実際、私が出ているクラスでは、多分70代かな?と思われるマダムも参加していますもの。

と、前置き長くなりましたが、どちらも経験してきたので、ちょいと両者の小さな違いを語らせて!

スポンサーリンク

グループパワーとボディパンプ

どちらも音楽に合わせ、バーベルを使用して行う筋肉トレーニングです。

一番大きな違いは、使っている音楽。なじみのある洋楽が使われていますが、選曲は異なります。

ボディパンプ

後ろに写っている台と、バーベルを用意します。

音楽に合わせて行うため、同じトレーニングでもピッチが異なる繰り返しがあり、有酸素運動の要素もある効率のいいプログラムだと感じています。

大体、以下のようにパーツごとに行いますが、多少混在している場合も。

・ウォーミングアップ
・下半身

・胸
・背中・肩・腕
・お腹

自分のリズムで行えるわけではないし、インターバルはありません。だから、筋肥大を目的としているならあまり効果はないかも。

ナンバーによって違いはありますが、以下のようなトレーニングの組み合わせが基本。

・下半身:スクワットが主
・胸:ベンチプレスが主
・背中:デッドリフト、デッドロー、クリーン&プレス等
・肩:アップライトロー、ローテーターレイズ、ショルダープレス等
・腕:オーバーヘッドエクステンション、バーベルカール等
・コア:クロスクロウル、ローリングホバー、Cクランチ等

いろんな種類のトレーニングを行えるため、筋トレ初心者にはおススメです。

ただし、筋トレは正しい姿勢で行うことが大事なので、そこの基礎知識は必要かな。

ちょっと辛くても、音楽に合わせて無心で動いていると45分があっという間!

どちらも3か月に1度、新曲が発表され、それに伴って動きも変わります。

スポンサーリンク

グループパワー

アメリカ発祥のフィットネスプログラムを開発する「Mossa」のプログラム。

30分、45分、60分のクラスがあり、時間によって行うトレーニングの種類が違ってきます。

Group Power®は、バーベルとプレート、そして自体重を使いながら行う伝統的なストレングストレーニングと革新的なローデッドムーブメントトレーニングの科学を組み合わせた最先端のプログラムです。

Mossa グループパワーより

ボディパンプ

ニュージーランド発祥の歴史がある、フィットネスプログラムを開発する「レズミルズ」のプログラム。

レズ・ミルズが、1968年に「Les Mills World of Fitness」のジム1号店を、ニュージーランドのオークランドにオープンさせスタート。

30分、45分、55分のクラスがあり、時間によって行うトレーニングの種類が違ってきます。

スクワットやプレスなどの反復運動で心拍数を上げ、カロリー消費を促進。ウェイトの重さはそれぞれのレベルに合わせて調節できるため、大きな筋肉をつけることなく、身体を引き締めたい方にオススメです。

レズミルズ ボディパンプより

スポンサーリンク

どちらも経験して感じた違い

以前通っていたジムでは、Mossaが導入されていたので、グループパワーに参加していました。

移ったジムでは、レズミルズだったためボディパンプを。

ボディパンプにチェンジして最初に感じたことは、反復回数がやけに多い!ってこと。

だから、グループパワーで使っていた重量だとばてたので、少し重量を落としました。

グループパワーは、比較的多様なトレーニングを取り入れて構成されているように感じていました。

それに比べてボディパンプは、シンプルだけどとにかく回数が多い。

時には、プッシュアップ(腕立て伏せ)が総数で50回超え、ということもあります。

音楽のセレクトも違うため、そこは好みですね。個人的には、ボディパンプの方が好き。

グループパワーの内容

グループパワーをやっていたのが、もう4年ほど前。だから、今は変わっちゃったかもしれないけど、腕トレーニングは60分レッスンにしかありませんでした。

基本は、下半身→胸→背中→お腹

新曲が発表されるたび、様々な変化のあるトレーニングが取り入れられている印象でした。

コロナ以前は、ルネサンスでグループパワーの60分クラスがありましたが、今は30分と45分クラスのみ。

ボディパンプの内容

ボディパンプだと、ナンバーにもよるんだけど、45分レッスンに腕のトレーニングが入っていることもあります。

下半身→胸→背中→再び下半身。

2度目の下半身に肩がプラスされることもあるし、腕プラス肩回りのこともあります。そして、ラストがお腹。

2度目の下半身の時は、ランジが中心のことが多いかな。

二の腕ストーム!というナンバーもあって、徹底的に二の腕を苛め抜きます。二の腕ストームというには、正式名称ではありません。

嵐のように激しい!という感覚。最後の方は、腕が振るえちゃう。

スポンサーリンク

周りの声

ボディパンプの方がキツイ!というのは、私だけじゃなく、どちらも体験したことがあるジム友も同じ意見でした。

トレーナーさんも「ボディパンプは反復回数が多い」と言っていましたし。

でも、グループパワーの方が多彩なトレーニングを取り入れているように感じます。

私は、ボディパンプの方が音楽もトレーニング内容も好きですが、好みですね。

まとめ

始めてグループパワーに参加した時は、ベンチプレスが最後までできなかったんですよ。もー、腕が痛くて・・・

でも、今では最後までできるようになったし、重量も最初の頃の4倍ほどになっています。

続けるってすごい!

どちらをやるにしても、重さより正しい姿勢としっかり動くこと!ここが肝だと感じます。

ジムを選ぶときに、ボディパンプにするか?グループパワーにするか?で決める人はいないと思うんですね。

入会したジムにどちらかのプログラムがあれば、是非参加してみて。

レッスン内容を体験してみたら、ジムのパーソナルで基本を教えてもらうともっと楽しくなると私は思うの。

そうすると怪我の予防にもなりますしね。

【きょうのまだスタ!ポイント】
グループパワーもボディパンプも、バーベルを使って音楽に合わせて動く!という点は同じ。使用している音楽やトレーニングの種類が多少違うけど、効率のいいプログラムなのですべての人におススメです。

グループパワーは、もう2年ほどやっていないので、ルネサンスでちょっと体験してくるかな。

と、今夜はボディパンプの日。しっかりやってくるわね。

それではまた、ちゃおっ

スポンサーリンク
みかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

【PR】
みかねー

みかねー

人生最大の体重になったことがきっかけでジムに通い出し、今は毎日の日課がジム通いのジムオタク。身体を動かす楽しさとメリット、様々なフィットネスをご紹介したくて日々ブログを更新しています。 あなたの「運動してみようかな」を後押しできたら幸せです!

TOP