痩せているのに体脂肪率高い!運動しないダイエットの落とし穴

50歳からのダイエット

ごきげんよう、みかねーです。

先日、友人と近所のスーパー銭湯に行って聞いた話なんですけどね、友人の友人がダイエットをして7キロ体重を落とし、見た目ほっそりなのに体脂肪率が30%。

痩せているのに体脂肪率が高い、という同じ悩みを持つ女性もいらっしゃるのではないかしらん。

見た目が痩せたならそれでいい!と思う方もいらっしゃるかもしれないけど、せっかくなら体重とともに体脂肪率も落ちてほしいじゃないですかっ!

何故、そんな結果になってしまったのか?

何となく想像できていると思いますが、そうなんです!そこに運動しないでダイエットをする落とし穴があるんです。

というわけで、今回は痩せているのに体脂肪率が高い原因と運動しないダイエットの落とし穴について語ってみたいと思います。

痩せているのに体脂肪率が高い!

スーパー銭湯で友人から聞いた友人の友人の話し。食事制限でほとんど食べずに7キロ痩せて、見た目はほっそりに変身にもかかわらず体脂肪率が30%。

40~50代女性の体脂肪率は

・標準マイナスが22-28%
・標準プラスが29-35%

この範囲内なら肥満とは言わないので、健康でバランスの取れた食生活を送っていれば、気にする必要はないとも言えます。

ただし、友人の友人はお酒が大好きで、飲むけど食べない、という食生活。これは美容にもよろしくないし、リバウンドの危険性大!ですから。

見た目がほっそりしているのであれば、皮下脂肪より内臓脂肪が多いとも考えられます。

「食べないけど動かない」を繰り返したため、体が省エネモードに切り替わり代謝が落ちます。

そして、全く運動しないことで筋肉量が減少し、体重は減ったけど体脂肪は減らなかった、ということになったと考えられます。

まとめてみると、瘦せたのに体脂肪率が落ちなかった原因としては、以下のことが考えられます。

・食べる量を極端に減らしたため代謝が落ちた
・運動しないため筋肉量が減少した相対として体脂肪率が高い
・内臓脂肪が高いことも考えられる

運動しないダイエットの落とし穴

運動をしない最大の敵は、筋肉量が減少してしまうこと!ここ!すごく重要です。

上の記事に「50代以上の女性が運動継続するメリット」について書きましたが、太っているから運動する、痩せているから運動しなくていい、という選択ではありません。

運動することで筋肉を刺激すると、たっくさんのメリットがあります。

ダイエットの基本は食生活の見直しですが、運動をしないダイエットでは、加齢による筋肉の減少を食い止めることができません。

筋肉の減少が基礎代謝の減少につながるため、どんなことであれ体を動かすことは必要不可欠です。

体脂肪と筋肉は相関関係

体組成計で定期的に計測していると、体重が同じでも体脂肪率が上がると体内の筋肉率は下がり、体脂肪率が下がると筋肉率は上がります。

そのことから、ふたつは相対関係にあることがわかるんですね。

だから、体重が減ったのに体脂肪率が高いままだと体内の筋肉率は下がったと考えられます。

別に筋肉いらないし・・・とか思ったらダメですよー。

姿勢キープに筋肉は不可欠

ある程度の筋肉量を維持することは、キレイな姿勢で美しく歩ける体作りに繋がります。そして、正しい姿勢をキープできることが余計な脂肪の蓄積を防ぐことにもなります。

正しい姿勢を手に入れるためにも筋肉を鍛える必要はあるし、疲れず歩くためにも筋肉が必要です。

例え運動嫌いだったとしても、面倒だろうと、できることを探してコツコツ継続してほしいなぁと思います。

まとめると

運動をしないダイエットの落とし穴としては、このようなことが考えられます。

・筋肉量が減少する
・それによって基礎代謝が落ちる
・正しい姿勢が作れない
・それによって望まないところに脂肪がつきやすくなる

痩せていても背中が丸いと貧相に見えちゃって損だし、楽しそうな溌溂とした雰囲気は感じられませんものね。幸せそうに見えないじゃないですか。

それはとっても勿体ないと思うんですよ。だから、運動は面倒とか、嫌いとか言わずトライしてみてね。

ダンサーSAMさんの「対策法」

先日、ネットで見つけた興味深い記事が「ダンサーSAMが60歳を超えても現役でいられる訳 ジェロントロジー(加齢学)で知った「対策法」」

SAMさんは、2022年に還暦を迎えたそうです。

ダンサーとして現役でいられるSAMさんが出会ったのが「ジェロントロジー(加齢学)」。

いつまでも動ける。 [ SAM ]

楽天で購入

この著書には、ジェロントロジーの学びをもとに、SAMさんが実践してきた「いつまでも動ける秘訣」が綴られているそうです。

そして、大事なのは「心・体・美のバランス」なんですって。

悩むより筋トレ!

内容を抜粋してまとめた上で紹介してた記事には「悩むより筋トレ!」とあって、ある例が掲載されています。

ある50代の方。お風呂場で、お湯が溜まるまでの時間に5回だけ壁プッシュという筋トレを始めたそうです。しばらくは5回やるだけで精一杯だったのですが、毎日続けていくうちに、余裕が生まれました。

余裕が出てくると、次は10回、20回……と自然に回数が増えていき、だんだん体が強くなるのを実感したというのです。

50代でも体が成長していくことのうれしさで欲が出て、その後、本格的なトレーニングを始めたそうです。

「ダンサーSAMが60歳を超えても現役でいられる訳 ジェロントロジー(加齢学)で知った「対策法」」より

現状より未来を見る

ね、何がきっかけになるかわかりませんよね。毎日ちょっとでも続けていると体の変化が感じられるようになり、そうすると人ってのは欲が出てきます。

その欲に従って行動すると、思いがけず自分の進化に繋がったりします。まだまだ自分、行けるじゃん!という喜びも感じられますから。

太っているという現状だけにフォーカスするのではなく、今の自分の生活や行動が未来の自分にどうつながるか?を考えてみるといいかなぁと思います。

運動しない現在を続けていたら、未来の自分はどうなっているか?

ダイエットを食事制限だけで達成しようとしている今の自分は、将来美しいボディでいられるか?

ここを是非、想像してみて!

まとめ

結局のところ、私はいつでも「運動しよう!」をお伝えしたいんです。

痩せてお気に入りの服を着たとしても、筋肉がなくて姿勢が悪かったら期待していたほど服が映えなかった。。。と言うことにもなりかねません。

いつも同じことを書いていますが、多少ぽっちゃりしていようとビシッと姿勢がいいとかっこいいし、幸せそうに見えます。

ダイエットをしようと考えたとき、食生活を見直すことはとても大事!

でも、運動しないで痩せようとしないことを声を大にしてお伝えしたいんです。

自然に筋肉量が減っていく40代、50代になれば尚更、体を動かすことが必要不可欠です。

SAMさんが還暦を迎えても現役ダンサーとしてキレのあるダンスができるのは、ずーっと続けてきたからに他ならないわけで、人は続けていれば必ず進化するんです。

だからコツコツ頑張りましょうね。

それではまた、ちゃおっ。

みかねーみかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP