アラフィフボディ

最終更新日: 2020.07.26

痩せたいのに痩せられない人がまずチェックすべき最も大事なポイント

ごきげんよう、みかねーです。

女性にとって「ダイエット」は永遠のテーマ。ましてや40代・50代になると油断しているとすぐに増量しちゃうのに、元に戻すためにはうんと努力しなければなりません。

「あーーーーー、痩せたいのに痩せられない」と悩んでいらっしゃる方も多いのでは?

でもね、痩せればいいってもんでもありません。

健康的で美しいボディが手に入ってこそ嬉しいはず。体重は減ったけど、なんか萎れた花みたいに瑞々しさがなくなった・・・なんてことにならないようご注意!です。

痩せようと思ったら、まず有酸素運動をする、食事のカロリーを減らす、ことを考える人が多いと思います。

もちろんそれも方法のひとつではありますが、それよりも前にチェックすべき大切なポイントは「姿勢」

「姿勢」が歪んでいるとキレイに痩せらない、ということを説明いたしますね。

痩せられない要因を挙げてみた

  • 有酸素運動のし過ぎ
  • 有酸素運動は、最初のうちこそ体重も体脂肪率も落ちますが、継続的に続けていると必ず下げ止まります。

    そのとき、慌ててもっと回数を増やしたり激しい有酸素運動を繰り返しても「痩せる」ことにはつながらないんです。

  • 身体の柔軟性不足
  • 運動はしているのに、何故か全く変わらないと感じている人は、もしかしてストレッチをしていなかったりしませんか?

    筋肉を使ってあげたあとは、血流促進と柔軟性を向上させるためにも運動後のストレッチは重要だし、姿勢を正しい位置に導くためにも身体の柔軟性が必要になります。

  • 睡眠不足
  • 睡眠不足は代謝の低下につながると言われていますので、なるべく質のいい睡眠を一定時間確保することが大事。

  • 極端な食事制限
  • これは絶対にNGです。最初はスルスルと体重が落ちるかもしれないけど、摂取量を減らすと消費が節約モードに切り替わるので、意味がないどころか、食事量を戻せば必ずリバウンドします。

  • 食事時間、回数が不規則
  • 空腹時のドカ食いは血糖値の急上昇を招き、それが肥満の原因のひとつとも言われているので、決まった時間に規則正しく食事を摂ることは非常に大事。

  • ストレス
  • ストレスは肥満の原因になると言われているので、ストレスと上手に付き合うのも痩せにくさを解消することにつながります。

  • 実は食べてる?
  • 太っている人の食事を見ると、やっぱり量が多いし、太りやすい食事や味の濃いものが好きな傾向があるように思います。濃い味付けは、白いご飯が食べたくなるので注意!

  • 適度な減量では満足しない?
  • 適切な減量は、1か月で体重の5%以内です。60キロの人なら3キロ、80キロの人なら4キロ。年齢が高くなればなるほど結果は出にくくなるので、この範囲を超える減量を期待するのはNGです。

    最も大事なポイントが「姿勢」なのは何故?

    姿勢が悪いと、余計なところに贅肉が付きやすくなるためです。

    「背中が丸い、肩が前に入っている、顔が前に出ている」状態だと、背中や肩周りに贅肉が付きやすくなるし、「骨盤が前や後に傾いている」と、太ももやお腹に付きやすくなります。

    姿勢が悪いまま筋トレをしても、正しい姿勢でトレーニングを行うことができない場合もあるので、そうなると成果につながりにくく勿体ない。

    適度な有酸素運動で最初は体重が減ったとしても、姿勢を改善しないままだと、また元に戻ってしまう可能性もあります。

    そうでなくても中年になると、背中やお腹には自然と脂肪が付いて着ちゃいますからね。姿勢が悪いと、それに拍車がかかり、あっという間にずんぐり体形になっちゃいます。

    姿勢を改善するために有効なのは

    私が姿勢改善のためにいいなと思っているのが「縮んだ身体の各部位を元(ゼロ)の位置に戻す」ための運動「ゼロトレ」です。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ゼロトレ [ 石村友見 ]
    価格:1320円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

    楽天で購入

     

    肩・背中・股関節・腰・呼吸と5つのパーツに分けて、ゆっくりとした動作を繰り返すことでゆがみをリセットしましょうよ、という方法です。

    長い間に歪んでしまった体は、そんなに早くリセットできないかもしれないけど、焦らずじっくりと取り組めば必ず美しい姿勢が手に入ります。

    そうすることで、「痩せたいのに痩せられない」状況からも脱出できるし、もしかしたらリセットするだけで体重減とすっきりしたボディが手に入るかもしれません。

    ただ、日常生活には体のゆがみを招く姿勢がたくさんあるので、油断せず常に気を付けたところです。

    日常生活でできる簡単な姿勢の修正方法

    前に入った肩

  • 手を組み思いっきり天井に向けて伸ばして伸びをする
  • 両手を下ろす
  • 両肩を上に上げる
  • 上げた肩を後ろに持っていく
  • その位置で肩を下ろす
  • この時、お腹に力が入っていないと反り腰になってしまう場合もあるので、グッとお腹に力を入れて行ってください。

    猫背

    壁に頭・背中・お尻・かかとを付けて真っすぐ立ってみて、4点が全て壁に付くようであれば問題ないけど、もしどこかが付いていなかったり、付けようとすると体が辛かったら猫背の可能性大。

    腰に手のひらが差し込める程度の隙間があるのはOKですが、スカスカで両手の平を重ねて入ってしまうようだと反り腰傾向です。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    LPN ストレッチポールEX(ネイビー) スタートBOOK、エクササイズDVD付き 1年保証
    価格:9350円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

    楽天で購入

     

    ストレッチポールがあれば、その上に仰向けで寝るだけでも効果的です。

    もっと安いストレッチポールもあるけど、安いと柔らかいので、個人的にはこれがおススメです。エクササイズ用のDVDも付いています。

    骨盤

  • 真っすぐ仰向けに寝る
  • お尻の下にバスタオルを折りたたんで差し込む
  • 両手万歳
  • その状態をキープ
  • ストレッチポールがあれば、仰向けになりポールを横向きにして腰骨辺りの下に当て、膝を曲げて腰ごと左右に振るとものすごく気持ちよくヒップ周りをほぐすことができます。

    スポーツジムに通っていらっしゃる方は、ストレッチエリアにストレッチポールが置いてあると思うので、トレーニングが終わった〆にやってみて下さい。腰のあたりの緊張もほぐれます。

    まとめ

    姿勢を矯正しても、筋肉がないとそれをキープすることはできません。

    筋肉は使っていないと、どんどん硬くなるし、筋繊維は減少してきてしまうし、適切な動きをしてくれなくなります。

    ダイエットのためにも、美しい姿勢のためにも筋肉を鍛え尚且つ柔らかさを保つことが不可欠です。

    「運動しなくても痩せる」「頑張らなくても痩せる」かもしれないけど、頑張って運動するからこそ年齢に負けないボディが手に入るんです。

    まずは正しく美しい姿勢を目指し、次の段階でダイエットに取り組めば必ず痩せます。

    アラフィフのダイエットは、痩せることだけを目的にしないで、自分が理想とする体重にならなくても、体を動かして健康的で美しい姿勢を手に入れるべき、と思っています。

    アラフィフのアンチエイジングは筋肉にあり!ですから。

    それではまた、ちゃおっ

    関連記事

    1. アラフィフボディ

      50代後半女性はダイエットより筋肉量を落とさず現状維持がいい理由と工夫

      ごきげんよう、みかねーです。昼の番組で、30キロほどのダイエッ…

    2. アラフィフボディ

      50代女性の平均筋肉量は?加齢とともに減少する筋肉を増やす方法

      ごきげんよう、みかねーです。自分の体重や体脂肪率はわかっていて…

    3. アラフィフボディ

      アメイジングな筋トレマダムは74歳|筋トレに年齢は関係ないという証明

      ごきげんよう、みかねーです。日課になっているネットサーフィンで…

    4. アラフィフボディ

      50・60代女性に「美魔女」は誉め言葉?若見えより「らしさ」で生きる価値

      ごきげんよう、みかねーです。先日、ネットでマツコ・デラックスさ…

    5. アラフィフボディ

      筋肉の柔軟性が必要なのは顔や頭も同じ!ほうれい線対策に側頭筋ほぐし

      ごきげんよう、みかねーです。いつもいつも筋肉使おう、体動かそう…

    6. アラフィフボディ

      痩せなくていい!でもいくつになっても体は変えられる!そのためにすべきこと

      ごきげんよう、みかねーです。常に「痩せたい」と言っているあなた…

    コメント

    • コメント (0)

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    最近の記事

    1. 「ナースときどき女子」のコラムにまだスタブログの太もも記事が…
    2. 痩せている人の習慣や特徴を知って太りにくい体に変えると体調も…
    3. オイシックスミールキットで痩せた?!その利用方法を口コミ
    4. 埼玉大宮の女性限定パーソナルジム「リプレシャス」のおススメポ…
    5. アラフィフファッション|ショートヘアにおすすめの首に優しいカ…

    Pick up

    1. ジム&スタジオ情報

      スポーツクラブ大手9社を比べてみました
    2. 女性のための家トレヒント

      脚が太くなるのはイヤ!という女性におすすめのスクワットのやり方と大切なポイント
    3. 美ボディメイク~生活編~

      泡立てないお手頃価格の朝用洗顔ジュレは突っ張らず秀逸なおススメの1品
    4. アラフィフボディ

      「正しい姿勢の作り方」1日1回自分の姿勢を整えて体に覚えさせよう
    5. ジム&スタジオ情報

      ホットヨガカルドでダイエットにおすすめのプログラムと実施スタジオ一覧
    PAGE TOP