50歳からのボディメイク

最終更新日: 2021.07.2

お腹や太ももだけの部分痩せって可能なの?アラフィフ女性がやるべきことは?

ごきげんよう、みかねーです。

まだスタブログでも「お腹痩せ」については、時々書いていますが、そもそも「お腹だけ」とか「太ももだけ」と言った部分痩せは可能なのか?

と言うことについて、きょうは語り倒してみたいと思います。

部分痩せって可能なの?

最初に結論を申し上げます。

部分痩せは基本、不可能です。

骨盤の後継が原因で下腹部がポッコリしている場合は、骨盤を正しい位置に戻せば「下腹部ぽっこり」は解消します。

脂肪がなくなるわけではなく、骨盤の歪みを修正することで見た目がキレイに整うってことです。

お腹痩せを目指して腹筋運動をしても、筋肉は鍛えられますが、筋肉の上に乗っている皮下脂肪がなくなるわけではありません。

太ももやお尻も同じことです。

それを理論的に解説している動画を見つけました。

この動画の後半には、部分痩せが期待できるかもしれない方法も解説しているので、是非参考にしてみて下さいね。

部分痩せの筋トレは無駄なのか?

筋肉量は年齢とともに減少していくので、ハードなトレーニングは必要ないけど、筋トレはやっておいた方が健康にも美容にもいい。

コツコツと励んでいれば、何もしていない人とは大きく違いが出てくるし、以下のようなメリットがあります。

・疲れにくくなる
・気持ちが安定する
・骨の強化につながる
・姿勢がよくなる
・基礎代謝の向上

例えば、同じ体形で筋肉量もほぼ同じ女性がふたりいて、ひとりは運動習慣があり、ひとりは何もしていないとします。

常に動かしている筋肉は血の巡りもよく熱の生産もしっかりやってくれるけど、動かしていない筋肉は血を運ぶ能力や熱の生産能力が劣ってしまいます。

筋肉は、糖をエネルギー源としているため、動かせば糖を消費してくれるから、それを知るとおっしゃ!筋肉動かしまっせ!と思うのは私だけ?じゃないですよね。

だから、どんなトレーニングも絶対に無駄になりません。

食事や生活管理によって脂肪が燃焼すれば、鍛えていた腹筋群がうっすらと見えてきて、あら!ステキなお腹!ってなことも夢じゃないかもですから。

脚痩せのトレーニングはどうなの?

アラフィフ女性にとって必要なのは、カモシカのような足ではないと思うけど、真っすぐで細身のパンツが履けるほどの脚でいたいですよね。

脚は人によって形状に大きく差があるため、簡単にまとめるのは難しいですが、個人的にはふくらはぎが大きくならないよう、ひざ下はマッサージの身でそこだけにアプローチするトレーニングはしていません。

どんなに頑張ったところで、みんなが菜々緒さんのような足になれるわけではありませから。

ふくらはぎ

この程度のことをするだけでも、むくみや疲れが軽減します。

脚の前を段差のあるところに掛けて、かかとを上下させます。ふくらはぎは体液を循環させるポンプの役割を担っているので、筋肉が硬くなっているとむくみの原因にもなるので、ストレッチやマッサージもおすすめです。

サランラップの芯や、コロコロローラーのロールを抜いたパーツでふくらはぎをコロコロするだけ。手軽です。

太もも

太ももが太いと細身パンツがキレイに履けない、というお悩みがあるかと思います。

太ももの前が張っている場合は
トレーニングではなくストレッチが必要
骨盤が後傾になっていないかチェック

太ももの前が張っている場合は、こういうことが必要になります。骨盤が後傾していると、常に太ももの前が常に緊張し張っている状態にあるため、その場合は姿勢の改善が必要になります。

O脚、X脚の場合も、太ももに負荷がかかりますが、これは股関節からの矯正が必要になります。

下半身ストレッチの動画を探してきました。このストレッチ!すごくいいです!!下半身の硬さや腿の張りを感じている人は、是非毎日やってみて下さい。

張りが改善されるだけでも見た目が変わってくるはずです。

その上ですべきことは?

皮下脂肪を減らしたければ、食事管理が必ず必要です。

部分的に脂肪を減らすことはできないので、脂肪燃焼は食事管理と有酸素運動によって全身からまんべんなく減少します。

お腹や背中は痩せないよねー、という声をよく聞くし、私自身もそう感じていますが、お腹や背中は面積が広くて脂肪が多い箇所なので、まんべんなく脂肪が減少していても減ったと自覚しにくいパーツだからだと思います。

40代女性なら

・糖質量を控え規則正しい食生活
・日常の活動量を増やす
・湯船に浸かって体を温める
・ストレッチをする

体質や脂肪の量によってもやることは違ってきますが、年齢による増量をなんとなく感じている40代女性なら、この程度のことをしっかり毎日やっていれば2か月ほどで体脂肪量は減るはず。

50代女性なら

・糖質量を控え規則正しい食生活
・日常の活動量を増やす
・湯船に浸かって体を温める
・ストレッチをする
・軽い筋トレ+有酸素運動

50代になると更に体の反応が鈍くなるし、筋肉量の減少を食い止めるためにも生活に運動を取り入れる必要があります。

上から4つは変わらないけど、ストレッチに加えて10分程度の筋トレからの10分程度の有酸素運動をできれば毎日、最低でも週に4日。

ストレッチは運動後かお風呂上りのタイミングで。

40代・50代女性共通

昔、食後に寝てると牛になる、って言いませんでした??記憶違いかしら??

なんせ私は、ものすごく記憶力が低い。ほぼない。何でもすぐに忘れちゃうし、覚えるのが苦手だもんですから、間違ってたらごめんなさいね。

で、食後に寝ると牛になるのは本当です。

いや、違うかっ。食後にダラーっと休んでいるのは、脂肪燃焼ということではよろしくない。

食後は摂取した糖をインスリンが分泌されることで血中、筋肉、肝臓に取り込まれ、その働きによって血糖値が上昇し、食後2時間ほどで元に戻ると言われています。

だから、食事で摂取した糖が身体の組織に取り込まれる前にエネルギーとして消費するために食後は活動が必要です。

食べ過ぎると動けなくなるから「腹八分目」がいいし、さっさと食後の片づけをし、次の行動に移った方がお腹に脂肪を溜め込まない戦略でもあります。

まとめ

部分痩せはないんです。

身体ってすごく素直だからやればやっただけのご褒美は返してくれるけど、ものすごく緻密でもあるためアプローチの仕方が違っていると結果は出ません。

私が「姿勢改善アドバイザー」の資格と「ボディメイクインストラクター」の資格を取ったのも、自分で様々なことを経験し、ボディメイクにはトレーニングと姿勢改善が切っても切れない相互関係があるとわかったからです。

身体って、知れば知るほど非常に興味深い。

年齢によっても違うし、環境やそれこそ考え方、ストレス状態によっても違ってきます。

いやしかし、ホント!還暦を迎えると、抗わなければ更にもう一段階まるっとした体形へと進んでいくんだな、ということを感じている毎日です。

だからこそ、50代のうちに頑張ってね。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのボディメイク

    パーソナルで徹底的に「キック」だけを学んでみた!そして気づいたこと

    ごきげんよう、みかねーです。一番通う頻度が高いジムで、徹底的に…

  2. 50歳からのボディメイク

    バストポイントとは?位置の作り方次第で印象が変わる

    ごきげんよう、みかねーです。少し前、TVを見ていて、連続ドラマ…

  3. 50歳からのボディメイク

    正しい姿勢の作り方とそれをキープするために必要なトレーニング

    ごきげんよう、みかねーです。姿勢が悪いと余計なところに贅肉が付…

  4. 50歳からのボディメイク

    つまめる背中肉の原因を知って正しく対処!簡単ストレッチ&エクササイズ

    ごきげんよう、みかねーです。年々、背中のつまめる肉の量が多くな…

  5. 50歳からのボディメイク

    ガードルで痩せるの?ヒップアップ効果は?そもそも必要なの?の疑問に答える

    ごきげんよう、みかねーです。20年下着屋稼業に従事していた中で…

  6. 50歳からのボディメイク

    上半身太りの原因はこれ!まず意識してほしいことと上半身痩せの方法

    ごきげんよう、みかねーです。下半身が太いことを気にする女性は多…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 運動不足も筋肉疲労の原因になる!おすすめの対処法は?
  2. キレイな背中を作る!初心者女性におすすめのラットプルダウンの…
  3. 医者が教える「おなかの脂肪が落ちて筋肉がつく最高のやせ方大全…
  4. スポーツジム入会に迷っている50代女性へ|おすすめプログラム…
  5. 50代からの運動は社会貢献!それってどういうこと?

Pick up

  1. 50歳からのボディメイク

    お腹や太ももだけの部分痩せって可能なの?アラフィフ女性がやるべきことは?
  2. 効果的に楽しくジムを利用する方法

    太っているとジムに行くのが恥ずかしい?太った人におススメのジムメニュー
  3. 女性のための家トレヒント

    50・60代女性こそ必要な体幹トレーニング!自宅でできる簡単筋トレ7選
  4. 50歳からのスタイルアップ食事術

    ダイエット中の外食はどうする?人と一緒の時メニュー選びのポイント
  5. フィットネス&エクササイズ

    ホットピラティスとは?痩せる効果は?週1で続けている感想を口コミ
PAGE TOP