やる気が出ない?ダルイ?通常モードに戻すまだスタ的対処法

50歳からのボディメイク

ごきげんよう、みかねーです。

先日、ネタをひねり出せない!助けてー!と、弱音を吐いたところ、ありがたいことに友人からリクエストをもらいました。

持つべきものは友です。そして、歳を取ればとるほど、持つべき友は数ではなく質です。

ありがたいことです。

ふたつのお題をいただきましたが、そのひとつが

「周りの人たちが、コロナ明けにやる気が出なくてだるい状態が続き困っている。弱り気味の人が、通常モードに体力や気力を戻すためにいい運動や食事のコツを知りたいでーす」

と言うことでした。

この時期は長く続いた猛暑の影響で、体力が落ちている人もいらっしゃるかもしれないしね。

とは言え、私はドクターでもないし、専門家でもないので、まだスタ的対処法として考えてみたいと思います。

やる気が出ない?ダルイ?

年中やる気が出ない、ダルイと感じている人は、病気でもない限りスイッチを入れたくない人、現状に不満がある人、と思っています。

だから、そういう人は除きます。

ただ、女性は更年期ってのがあって、そんな年齢に差し掛かるとやる気が出なかったり、始終怠かったりするタイプの人もいると思うんですね。

私自身は、特別更年期障害の症状がなかったので、あ・・・体重増加はありましたけどね。

なので、あまり参考になるようなことは書けないから、これも割愛します。

コロナの後遺症で、どうしようもない倦怠感や起きていられないほどの眠気に悩まされている人もいらっしゃるようですが、日常生活が送れないレベルなら病院の受診をおススメします。

「コロナ後遺症外来」で検索すると、診てくれる病院がヒットします。

まだスタ的通常モードに戻す対処法

さて、まだスタ的通常モードに戻す対処法は、少々スパルタです。

優しい方法や優しい言葉かけもあるんだろうけど、そんなのは他の人に任せます。

個人的には、多少怠かろうが、痛かろうが、動いていれば忘れる!と思っていますから。昭和なオンナでございます。

通常モードに戻すまだスタ的運動

大きな声で言います!ストレッチしましょう!

ストレッチを習慣にしている人って、ホントに少ないんですよ。ま、私もそうでしたけどね。

でもね、何よりもストレッチを勧めたい!

ダルイからやらないじゃなくて、だるいからやるんです。だるくてもストレッチならできます。

でね、先日下の記事に書いた胸を広げるストレッチ。これも有効です。

胸を開けば前向きになれます。どんよりした気分のときって、大体肩が落ちて前に入りますよね。

そんな状態じゃ、心身ともに落ちるだけです。

ほら、漫画でも「どんよりぃ~」という場面では、猫背で頭が落ちた絵になってるでしょ?そこから改善してみましょうよ。

・朝起きたら思いっきり伸びをする
・体側伸ばしをする
・深い腹式呼吸を繰り返す

この3つだけでも、多少の効果はあると思います。

この動画では、胸を開いて大きく伸びもして全身を動かすけど、たった3分なので毎日やってみて!

ストレッチなんかで体調改善するのぉぉぉ???と、懐疑的な方もまずはやってみて。

1日や2日程度じゃダメですよ。最低でも1か月くらいは続けてみて下さい。

体調がすぐれないままでいるより、多少面倒でも3分のストレッチに挑戦した方が、ずっと前向きでしょ。

是非!

通常モードに戻すまだスタ的食事

今ひとつ体調がすぐれない時のまだスタ的食事法は、好きなモノを食べる!です。

だって、好きなモノを食べていれば幸せじゃん。ですよね?

太るとか、体に悪いとか、そんなことを考えるより、まずは体調改善が先決だもの。

一般的には、以下の栄養素が不足すると疲労感の原因になるそうです。

ビタミンB群、特にビタミンB1・B2・B6やナイアシン(ビタミンB3)・パントテン酸(ビタミンB5)が不足した場合、疲労感をもたらす要因になる可能性が。

アリナミン 公式サイトより

健達ネットの「ビタミンB群とは?含まれる食品やおすすめの摂り方まで徹底解説!」に、ビタミンB群について詳しく書かれているので参考にしてみて!

うなぎのビタミンB1含有量は、魚介類のなかでトップクラス。

とは言え、食欲がないときにウナギはちょっと・・・という方も多いと思うので、そんなときは冷したフルーツはいかが?

フルーツは糖質も多いけど、ビタミンも豊富。

おすすめは、グレープフルーツ、キウイフルーツ、りんご、ブルーベリーかな。比較的季節を問わず購入できるし、グレープフルーツはそれほど糖質量が高くないのでおススメです。

選んでいないで、食べたいと思うものをガンガン食べて、なるべく早く通常モードに戻したいものです。

あ!でも、スナック菓子はNG。スナック菓子は、この世に存在しないと思って生活しましょう。

通常モードに戻すまだスタ的生活

お風呂です!お風呂に入りましょう。

ぬるめのお湯にのんびり浸かっていると、心までほどけていくような気分になります。

多分、私だけじゃないと思うのよ。

夏の盛りの暑いときは、湯船に浸かった後、水風呂に入って冷やすとキリリと心身が引き締まります。

家庭に水風呂はないから、その場合は水シャワーかな。

冷水が苦手なら、ひえーっとならない程度の水温に調節してかけてみて下さい。

シャキッとするよ。

まとめ

姪っ子にも声がでかいと言われてるし、会社員時代にも声が大きいからどこにいるかすぐわかると言われていました。

はっきりと発熱していれば、いつもよりおとなしくなりますが、あまり倦怠感を感じたことはないように思うんですね。

でも、何でもすぐに忘れちゃうし、記憶力は虫並みなので覚えていないだけかもしれないけど。

と、今思いついたのですが、大きな声を出してみるのもいいかも。

例えば、本を音読してみる。大きな声でテレビに向かって感想を言ってみる。意外と効果的かも。

アホくさいですか?でも、そんなアホくさいことを大真面目にできたら、回復も早いかもよ。

【きょうのまだスタポイント】
やる気が出ない時は、まずは食べたいものを食べて体力を回復させ、毎日ストレッチをする。そしてお風呂でお湯に浸かり、仕上げに水シャワーを浴びてみよう。

それではまた、ちゃおっ

みかねーみかねー

みかねー

ジム通いが日課のジムオタク。ジム歴10年の節目に【ボディメイクインストラクター資格】【姿勢改善アドバイザー資格】【ダイエット検定2級】を取得。身体を動かす楽しさやメリット、様々なフィットネスをご紹介することで、誰かが「運動してみようかな」と思ってくれたら嬉しいです♪

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP