50歳からのフィットネスライフ

最終更新日: 2022.03.26

TryNationsのチーム対抗イベントの「Vシット」部門で優勝して感じた事

ごきげんよう、みかねーです。

先日、私が週1で参加しているフィットネススクール「TryNations」のチーム対抗イベントがありました。

ものすご~く緩いイベントだったので、参加している意識も薄かったし、何をどうして競っているのかもあまり理解していないままやっていました。

がっ!なんとっ!優勝しちゃった!ビックリ仰天ですよ。

意識薄い中でやっていたので、詳細を覚えていなかったりするんだけど、優勝という結果をいただいて感じたことがあります。

それをお伝えしたいなぁと思うので、お時間あったら最後までお付き合いくださいね。

TryNationsのチーム対抗イベント

「TryNations」はレベル1~レベル4まであり、私は現在レベル3の2段階目のクラス。

ちょっと話は逸れるけど、上の記事に同じように「TryNations」に参加している女性からコメントをいただきました。

嬉しかったですねぇ。お会いしたことがなくても、どこかで同じことをやっている人がいて、その人も頑張っていると思うと励みになります。

で、レベル3のチーム対抗でしたが、参加者の総数は20名ほどだったようです。

確か4つほどの種目があって、インストラクターが回数とタイムの記録を取っていました。

・バーピー
・ラン
・Vシット
・マウンテンクライマー

この4種目だったかな??しっかり覚えていないので、間違っていたらごめんなさい。

結果は後日!ということで、その日は対抗戦という実感がないまま終了。

「Vシット」部門で優勝

2週間ほど後に、インストラクターから結果報告があって、なんとわたしは「Vシット」部門で優勝していました。

びっくりだよねぇ~。まさかっ!でしたが、単純に嬉しかったです。

優勝賞品もいただいちゃました!ペアストレッチだと、自分じゃ伸ばせないところも気持ちよくストレッチできるので、是非使わせていただきたいと思います。

でもさ、ちょっと思ったんだけど、チーム対抗と謳っていたにも関わらず、何を持ってチーム対抗だったのか?未だに不明です。

緩~いイベントだったから、企画も緩~くしか計画してなかったのかな。

でも、個人的にはガチより緩い方が好きです。

ジムでは「Vシット」と呼んでいたけど「ニートゥチェスト」が正式名称のよう。Vシットだともっとハードなのね。

私がおこなったのは

・お尻を床につけて座る
・両手で体を支えて足を床から浮かし
・両足を胸に引き寄せたり伸ばしたりして
・腹筋を刺激する

という方法。↓これです。

脚を伸ばす位置を床に近づけるほどきつくなるけど、簡単なので脚の位置を加減しながら、是非トライしてみて。クランチで首が痛くなる人にはおススメです。

優勝して感じた事

10数年の努力の結果だな、と痛感しています。

40代まで運動は嫌いだったし、動くことも嫌いでしたが、学生時代は運動部だったし、高校からは子どもが生まれるまでスキーを続けていたので、根っからの運動嫌いではなかったと思います。

とは言え、長年カラダを動かしていないと億劫になるし、日々の雑事に追われて忙しいと、運動しようという心の余裕もありません。

そんな状態だった私がダイエット目的でジムに通い始め、最初の頃はプランクは15秒でダウンだったし、ピラティスではどの種目も最後までできたことはありませんでした。

長年、筋肉を使っていなかったため、何をやっても満足にできなかったし辛かった。

そんな私が優勝ですよっ!すごくないですかっ!?

でも、これは私がすごいんじゃなくて、継続の力なんです。全ての人が、同じように進化する可能性を秘めているってことです。

「TryNations」でのチェストプレス(胸を鍛えるトレーニング)では、最初2キロのダンベルを使っていましたが、今は7.5キロになっています。

週1のトレーニングですが、1年弱で確実に進化しているんです。60代ですけど、体はちゃんと応えてくれているんです。

上の記事でご紹介したアメリカの「ジョーン・マクドナルドさん」は、70代でトレーニングを始めた筋トレマダムだし、日本なら91歳の現役インストラクター「タキミカさん」も60代から運動を始めたそうですから。

 

この投稿をInstagramで見る

 

タキミカ(@takimika_poweraging)がシェアした投稿

見て下さい!この姿勢!足も背中も見事に真っすぐです。すごいですよねぇ~。

これが運動を継続するということの意義です。素晴らしいですよね。

運動するきっかけを作ってくれた妹に改めて感謝するとともに、こうした結果を得て更に精進しようと思いました。

まとめ

ひとりは運動習慣がある、もうひとりは全く運動しないという同じ歳の女性がいたとしたら、見た目に歴然とした違いが出るはずです。

どお?じゃあ、運動してみようかなぁ~という気になったかしら???

自称「運動推進活動おばさん」なので、これからも運動に興味がない人の背中を押していきたいと思っています。

それではまた、ちゃおっ。

関連記事

  1. 50歳からのフィットネスライフ

    ウォーキングダイエットはこの5つのポイントで脂肪燃焼効果が上がる!

    ごきげんよう、みかねーです。毎日スポーツジムに行くのが日課だっ…

  2. 50歳からのフィットネスライフ

    運動習慣の有無は歳を取るほど違いが出ると実感!習慣を身につける方法

    ごきげんよう、みかねーです。運動してますか?ストレッチしてます…

  3. 50歳からのフィットネスライフ

    パーソナルジムを50代女性にお奨めする7つの理由

    ごきげんよう、みかねーです。一般的にパーソナルトレーニングジムは「…

  4. 50歳からのフィットネスライフ

    初めてジム選びをする女性におすすめ!横浜市内のフィットネスジム13選

    女性が「フィットネスジムにでも行ってみようかなぁ」と思い立つ動機は、目…

  5. 50歳からのフィットネスライフ

    月額制パーソナルジムのメリット&デメリット|50代女性におススメな理由

    ごきげんよう、みかねーです。パーソナルジムはマンツーマン指導な…

  6. 50歳からのフィットネスライフ

    アラフィフ初心者女性のジムデビュー!持ち物や服装&びびらない心構え

    ごきげんよう、みかねーです。見かけによらず「ビビり」な私、初め…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ジム初心者女性の「恥ずかしい」に対処する方法&勇気をくれる動…
  2. スポーツジムの新しい利用法GYYM|いろんなことを経験したい…
  3. 運動不足も筋肉疲労の原因になる!おすすめの対処法は?
  4. キレイな背中を作る!初心者女性におすすめのラットプルダウンの…
  5. 医者が教える「おなかの脂肪が落ちて筋肉がつく最高のやせ方大全…

Pick up

  1. 女性のための家トレヒント

    youtubeでダイエット効果あり!と巷で噂の動画と結果が出せた理由
  2. 50歳からのスタイルアップ食事術

    オイコスヨーグルトでの低糖質レアチーズケーキはダイエットおやつに最適
  3. ダイエット&ボディメイクおすすめ本

    いつもダイエットに挫折&続かない人へおススメ「ダイエット最強の教科書」
  4. 50歳からのダイエット

    痩せているのに体脂肪率高い!運動しないダイエットの落とし穴
  5. 50歳からのボディメイク

    内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違いは?落としやすいのはどっち?きちんと知っておこ…
PAGE TOP