映画&海外ドラマ情報

映画「アンクルドリュー」はキャスト・音楽・ダンス・笑い全てが充実の作品!


ごきげんよう、みかねーです。

今どきの高度なCGも派手なアクションもないけど、豪華な元NBAバスケ選手キャスト、音楽やダンス、ぷぷっと笑える愉快な会話、全てにおいて「ザ・アメリカン」な仕上がりの「アンクルドリュー」は最高に楽しめる充実の娯楽映画でした。

老若男女を問わず、誰が見ても楽しめる映画って、少なくなってきているように感じているので、そういう意味でも希少な存在の映画だし、映画本来の意味を感じた作品でもありました。

本当に老人チームが若者チームを倒すことができるのか?とか、老人であのパフォーマンスは可能なのか?とか、そんな無粋な見方をしてちゃ楽しめないから、純粋に笑って楽しんで、ノリノリな気分で座っていて欲しい!

NBAファンが楽しめるコアな会話がちりばめられているらしいけど、私は全く知らなかったものの、十分に楽しかったし、映画館を出るときは、口角がちょっと上がっていたかも。


映画「アンクルドリュー」 キャスト

お爺さんストリートバスケチームのメンバーは、全てが輝かしい経歴の現役選手と、元選手という華やかなキャスティング。

アンクルドリュー:NBAチャンピオン「カイリー・アービング」

 

View this post on Instagram

 

The pursuit. Beijing. @nikebasketball

Kyrie Irvingさん(@kyrieirving)がシェアした投稿 –

ボストン・セルティックス所属、14年オールスターMVP、16年リーグチャンピオンに輝いた現役NBAスター選手。

ダックス:リルレル・ハウリー

MTVアワード2017最優秀コメディ・パフォーマンス賞を受賞、バーニー・マックの年間コメディ王に輝く活躍中のコメディアン

ビッグ:シャキール・オニール

1992年から2011年まで米プロバスケットボールリーグでプレー。現役時代には数々のタイトルを取得し、オールスターには15回出場。

ブリーチャー:クリス・ウェバー

1993年から2009年まで米プロバスケットボールリーグでプレー。現在は解説者。1試合平均得点20、リバウンド9、アシスト4を超える選手は米バスケメジャーリーグ史上ウェバーを含め5人しかいない。

ライツ:レジー・ミラー

1987年から2005年までインディアナ・ベイサーズで活躍。米プロバスケットボールリーグ歴代2位の記録を持つスリーポイントシューター。現在は解説者。

ブーツ:ネイト・ロビンソン

2005年から2015年まで米プロバスケットボールリーグでプレー。身長175cmにして、スラムダンクコンテストで3度の優勝を果たしたポイントガード。高校時代は、バスケとアメフトの二刀流選手として活躍。

ベティ・ルー:リサ・レスリー

米女子プロバスケットボールリーグでMVPに3度輝き、15年に殿堂入り。アメリカ代表としては、96年のアトランタ5輪から4大会連続で金メダルを獲得。

画像引用元:アンクルドリュー オフィシャルサイト

映画「アンクル・ドリュー」はどのようにして誕生したか?

Pepsi MAX & Kyrie Irving Present: “Uncle Drew”

主演の「カイリー・アービング」がペプシと契約した際、何か面白いことをやりたいよね、という発想から生まれた米ペプシコーラ社ペプシマックスの広告として制作されたことがきっかけ。

およそ4時間かかる特殊メイクでアービングがドリュー爺さんに扮するアンクル・ドリューシリーズは、世界中から絶大な支持を受け、YouTube再生回数は累計1億回を突破。

上の動画は、その中のひとつ。

映画「アンクルドリュー」 あらすじ

バスケットボールの経験はあるものの、ある失敗からプレーヤーを断念し、ストリートバスケチームのコーチをしているダックス(リルレル・ハウリー)は、大会での優勝を目指していた。

そんな中、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。

ダックスは、伝説のバスケ選手だったアンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会い、アンクル・ドリューをスカウトし、彼の言うままにチームメンバーを集めていくも、それはかつてアンクル・ドリューと共に戦った老人ばかり。

伝説のチームと言われていた彼らを引き連れて、バスケの聖地【ラッカー・パーク】で開催される大会に挑むことになるが、果たしてダックスの夢はかなうのか?

バスケの聖地【ラッカー・パーク】

ラッカー・パークとは、ストリートバスケの聖地。ハーレムの「ラッカー・パーク」で開催されるトーナメント戦「ラッカー・クラシック」は素人プレーヤーの晴れ舞台であり、実際に米プロバスケットボールリーグで活躍する名だたる選手が誕生しているらしい。

今でもラッカーは、優秀な選手の登竜門。

アンクル・ドリューの物語の舞台も、ラッカー・パークと始めから決まっていたんですって。

映画「アンクルドリュー」 音楽がとにかくすごい!

洋画を観ていていつも思うことが、音楽と映画の相乗効果。映画が盛り上がってきたときの音楽が、シーンや感情やスクリーンの中の人の気持ちとシンクロすると、更に観ているシーンがよく見えてくるし、自分の高揚感も違ってくるんですよ!

アンクル・ドリューは、壮大な風景や音楽で表現するような心理的シーンはほぼないけど、反対に盛り上がりを更に盛り上げてくれるポップなミュージックがサイコー☆でございましたね。

サウンドトラックがすでに発売されていますが、オフィシャルサイトから視聴もできます。視聴ページはこちら

映画「アンクルドリュー」 ダンスは思わず体が動いちゃうって!

元バスケ選手なのに!ダンサーの経験もおありですかっ?!って感じ。

時代を感じさせるダンスが、私には見事にツボ!でしたねぇ。youtubeは抜粋動画なので、本編ではもっと長く、もっと激しいダンスが見られます。必見!

映画「アンクルドリュー」 特殊メイクは超一流

カイリーをアンクル・ドリューに変身させたのは、「ブラックパンサー」「アベンジャーズ」「ウォーキング・デッド」などの作品に携わってきたブルー・ウェール・スタジオ。

エンドロールと共に、その特殊メイクのサービス映像が流れるので、最後まで席を立たずに見なくちゃダメよ。

映画「アンクルドリュー」 ブラボーなネタバレ感想

ストーリーは特別ひねったわけでもなく、スポーツを題材とした割とベタな物語なんだけど、ものすごく気持ちよく楽しく見られた作品。

その動き!老人じゃないだろ!とか、長年車いすに座ってたら、いきなりは動けないだろ!とか、いろいろ矛盾しているモノの、そこは見事に笑いに変えてしまうコメディエンターテイメントでもある。

スポーツの中でも比較的、得点がどんどん入るスピーディな団体スポーツだからこその、ショーを見ているような選手の華麗な動きに思わず拍手したくなる。

誰も期待していなかった動きをするアンクル・ドリューを見ていた観客が、次第に笑顔になって応援し始める姿に自分も同調するし、立ち上がって声を掛けたくもなっちゃう。

アンクル・ドリューのチームが結成されるまでのドタバタには、アメリカンな軽快さがあり、クラブに集った老人チームの面々がダンスで若者と対決するシーンは、それぞれが老人らしくありながらかなり上手で圧巻。

とにかく楽しく、飽きずにワクワクしながら見られるスポーツコメディー映画でありながら、友情やら、歳を重ねて頑固になった自覚を持ちながらも素直になれない事への反省やら、仲間がいることの意味やらを考えさせられる作品にもなっている。

ゲームを観戦していて熱くなった観客が、コートの中にまで入ってきちゃったりもして、そんなアバウトさもストリートバスケの醍醐味なのかもしれないと、非常に楽しかった。

個人的には、本当に楽しく観られた作品だったので、超絶おススメです!

kana先生の発音教室

友英語の発音を教えているKanaさんは、会えば洋画談義をしたり、私に洋画情報をくれる友人。そのKanaさんのブログで、時々映画を題材にした発音を解説しているので、それをご紹介したいと思います。

Kana先生 dream teamの発音

「アンクル・ドリュー」から【dream team】の英語発音

【発音ポイント1】dreamの最も強く発音する母音、/i:/の音

この音は、唇を両方から思い切り引っ張って、鋭い三日月のような形になるように唇の周りの筋肉を思い切り緊張させて/i:/と発音します。

前回の放送でやった、keep it upのkeepのi:も同じ音で、ただ日本語の「い」を長くして「いー」というのとは全く違う緊張した音です。

この音は、本当によく出てくる、大事な音ですよ。

【発音ポイント2】teamの子音、m

mの音は、赤ちゃんがンマンマ、とやるときのように、上下の唇をしっかり合わせて、閉じ目のところに力を入れるようにして発音します。

唇が空いているまま発音すると、エヌの音に聞こえてしまいますが、結構やってしまっている人が多いので、気をつけましょう。

また、無理に音を作ろうとして、唇を前に突き出してしまうと、母音uが入って、通じない原因になります。

【発音ポイント3】全体のイントネーション

dream teamではdreamのi:よりも、teamのi:の音の出だしが強くきこえるように発音しましょう。

それぞれの単語の最後は下げて発音します。カタカナ発音だと、両方繋げて最後をあげてドリームチームのようになってしまいますが、これだと通じない確率がグッと上がります。

dreamとteamを一つの単語のようにして繋げて発音しないのが、英語の特徴の一つです。

それではまた。ちゃおっ