美容と健康

おススメ腸活本「50歳から若返るための1分間「腸」健康法」で老化予防


最近、よく「腸内フローラ」という言葉を耳にしますよね。健康をつかさどっている腸内の細菌群を「花畑=フローラ」という言葉で表したものです。

600兆~1000兆個、1000種類以上とも言われている腸の中にいる細菌の集まりである「腸内フローラ」は、各自異なり同じ腸内フローラを持つ人は存在しないと言われています。

ということに興味を持ってネットを徘徊していたら、「腸活」を推奨していらっしゃる藤田絋一郎医師の「50歳から若返るための1分間「腸」健康法」という本を見つけたので、購入してみました。
[br num=”1″]

[br num=”1″]


おススメ腸活本「50歳から若返るための1分間「腸」健康法」

これが!!実に面白い。若返ることはできなくても、体調が整うヒントがたくさん詰まっています。アラフィフ女性には激しくおススメの1冊。

書いてある全てのことを妄信して実行するのではなく、自分の生活に合っているか?どれなら簡単にできるか?これはいい!と納得できるか??で選んで実行するのがいいかなーと私は思います。
[br num=”1″]

[br num=”1″][br num=”1″]

藤田先生の説によると

腸の吸収が一番高まるのは夜、私たちが眠っている時間帯です。腸はいわば「夜行性の臓器」なのです。だからこそ、より若々しくあり続けるために、夕食のメニューにこだわることが大事なのです。

~1分間「腸」健康法から~

となっています。

でも、これって夕食は簡単に済ませている人、またはダイエットのために夕食は1日のうちで一番軽くしている人にとっては、簡単に受け入れたり変更することが難しいかもしれないですよね。

だからこそ、簡単にできること、もしくは自分がいいと思ったことを実行するのがよろしいかと思うわけです。
[br num=”1″][br num=”1″]

コレステロールについて書かれていたこと

私はいつでもコレステロール値が高いのですが、この本によると「コレステロールは性ホルモンの原料になるから、しっかり夕食で摂取するように」推奨しています。

性ホルモンとは、若々しく元気にさせてくれるホルモンのことだそうです。

じゃあ、コレステロール値が高いことは気にせずにガンガン摂取していいかと言うと、きっとそうではないはずですよね。

こうしたことも、自分の体や体質や体調や個性を考えた上で実行することが大事!!です。

そもそもコレステロールは、食事から得られるのは20%で、残りの80%は肝臓で合成されるのだそうです。だとしたら、食を見直すと同時に肝臓がしっかりと働いてくれる体作りも考えなくちゃならないってことになります。

人の体はとっても正直だから、大切にしてあげればちゃんとそれに応えてくれるし、ぞんざいに扱えばヤサグレてしまう。
[br num=”1″][br num=”1″]

実行できることから

一度にたくさんのことを実行しようとすると、挫折しがちだと思うので、今の自分はここを改善したい!と、どこかにフォーカスして実行してはどうでしょうかしらね。

すると改善出来ているかがわかりやすいですし、効果が出てきたら嬉しいし、そしたら次にできることを探して実行してみる。

その時は、最初に実行したことが身についているはずなので、実行項目を増やしても面倒にならないですもの。

ちなみに、この本を読んで私が即実行したいと思ったのは「水の飲み方」

ph7.4以上の水がおススメ!と書いてあったので、早速楽天で箱買いしてみました。まだ届いていませんが、毎日水を飲む習慣をつけてみたいと思っています。
[br num=”1″][br num=”1″]

老化防止のための腸活

若さを失わないためには、リラックスする時間が必要だそうで、そのために有効なのが深呼吸。腸に新鮮な空気を送り込むつもりで行うことが大切なんですって。

何事も気持ちが大事!素直でいることも若さを失わない秘訣だと私は思っているので、「深呼吸が若さの秘訣」というのを信じてやってみたいと思います。

長生きはしたくないけど、痛いとか苦しいとかは嫌いだから、病気にはなるべくなりたくない!! だとしたら、自分で健康な体作りを心掛けなくちゃね。

それではまた。ちゃおっ

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。