身体は「食べる」で出来ている

成分調整豆乳と無調整豆乳の違いは何?ダイエット中の女性はどっちを選ぶ?


ごきげんよう、みかねーです。

糖質をコントロールした食生活を心掛けているので、毎朝飲んでいるプロテイン豆乳について、ふと気になったのが豆乳の「成分調整」と「成分無調整」の違い。

女性におすすめなプロテインの味は?たんぱく質強化にパーフェクトスムージー「トランポリンエクササイズ」のスタジオ内にあったプロテインバーで「パーフェクトスムージープロテイン」の豆乳割を試してみたとおろ、非常においしいじゃありませんかっ。これは女性におススメの味!しかも安心な日本製。...

まあ読んで字のごとく、成分を調整したものと調整していないモノ、ってのはわかりますが、内容にどんな違いがあるのか?糖質の違いは?ということが気になりました。

ダイエット中だと、どっちを飲むべきなのか?も気になりますよね。

今まで私は、成分調整豆乳を飲んでいました。成分無調整豆乳も飲んだこどあるけど、リアルに豆腐なんですもん。

決して豆腐が嫌いなわけじゃないけど、豆腐ってのは食べるもので、飲む味じゃない!と思っておりましたからね。

どうも成分無調整豆乳だと楽しく飲み進められないわけですよ。と私の好みは置いといて、本題に入りたいと思います。


成分調整豆乳と無調整豆乳の違いは何?

メーカーによって若干の違いはあるかもしれませんが、家にあったもので比べてみましたことをご了承くださいね。

成分調整豆乳とは?

こちらはキッコーマン成分調整豆乳の原料が書いてある部分。

  • 大豆
  • 砂糖
  • 天日塩
  • 乳酸カルシウム
  • 乳化剤
  • 糊料
  • 香料
  • ビタミンD

まじまじ見てみると、かなり成分が調整されていることがわかります。

  • 大豆
  • 砂糖
  • 天日塩

以上3点以外は食品添加物で、糊料は粘り気を出すために使うもの。

成分無調整豆乳とは?

こちらは成分無調整豆乳の原料。大豆のみ!潔い!シンプル!わかりやすい!

この成分無調整豆乳は、マルサンアイ株式会社の製品で有機大豆を使った豆乳ですが、後日キッコーマンの成分無調整豆乳を購入したところ、同じように原料は大豆のみでした。

ダイエット中女性はどっちを選ぶ?

さて!もうすでにおわかりいただけたと思いますが、ダイエット中に飲むべき豆乳は「成分無調整豆乳」ですね。

成分調整豆乳には、原料に砂糖が入っていますから!確かに、ほんのり甘いものね。だから飲みやすいわけですよ。

薄々感じてはいたものの、糖質コントロールを心掛けている私としては、これを知ったからにはもう成分調整豆乳は諦めなくちゃだな。残念だけど・・・

まあ、甘みは甘酒を足すことで感じられるし、慣れればそれほどまずくはないです。あ、もちろん、好みはありますけどね。

はっきり申しまして、残念ですよ。成分調整豆乳の方が好きでしたから。

事実がわかって、その上で何を選ぶかは自分次第ですしね。頑張ります!

ということで、ダイエット中の女性は是非、成分無調整豆乳にしてくださいね。

成分調整豆乳と無調整豆乳のカロリーはどうなの?

カロリーについては考えなくて大丈夫。糖質量で考えるべきです。

成分調整豆乳の方が少しだけカロリーが低いからいっか!じゃあないので、ご注意です。

大事なのは糖質!砂糖が入っていない成分無調整豆乳を選んでください。

豆乳飲料はダイエット中にはご法度!

もうひとつ、豆乳には味がついた豆乳飲料というのがありますよね。今は種類も増えて、コーヒー味とか、イチゴ味などもあるので飲みやすいとは思いますが、糖質量がぐっと増すので厳禁です。

同じように、甘い味付けがしてある飲み物は全部NG。ダイエット中は食べ物だけでなく、飲み物を選ぶときも慎重に!

それではまた。ちゃおっ