アラフィフファッション

冬のアラフィフファッションのキーポイントはワンランク上の足元演出


ごきげんよう、みかねーです。

今年は冬の到来が遅いようですが、このまま春になるわけでもなく、徐々に気温が下がっていくと出番が多くなるのが「タイツ」

下着屋を始めた頃、イタリアのストッキングメーカー「OMERO」と出会って、その色合いと艶感の虜になって以来、ストッキングとタイツはもっぱらOMEROを愛用。

ストッキングやタイツなんて、何でも一緒でしょ?と思いがちですが、イエイエ!全然違うんです。

OMEROを履くようになってから、脚を褒められることが多くなりましたし、履いているストッキングの色やメーカーを聞かれることも多くなりました。

何故か、脚がキレイに見える!それは、編地や発色、素材の配合などによるものだと思います。

服やバッグにこだわりを持って選ぶ女性は多いと思いますが、足元がおざなりになっていちゃあ、せっかくのオシャレも完成度が低くなってしまいます。

冬のアラフィフファッションのキーポイントはワンランク上の足元演出!

是非、履き比べてご自身でそれを感じていただきたいなぁと思うので、きょうはこれからの季節にぴったりなインポートレッグウエアをご紹介。


冬のアラフィフファッションのキーポイントが足元の理由

寒くなってくると出番が多くなるのがタイツ!何を基準に選んでいますか?

タイツはデニール数が大きくなると分厚くなるので、必然的に暖かさも増していきますが、通常タイツの素材はナイロン系なので、冬は静電気の元にもなってしまいます。

静電気が起きるということは、肌は乾燥します。冬場、脚が粉を吹いたように白くなったりしませんか?加齢とともに乾燥も加速していきますよね?

その対策のひとつが、タイツを素材で選ぶこと。

ボディクリームでのお手入れも大事ですが、そもそも静電気をおこしにくい素材を選ぶことも一つの方法です。

そこで、ウールやシルク、コットン混のタイツがおススメ。

私物のウール&シルク混のリブタイツのズーム画像です。触ったときに質感が、ナイロンタイツとは全く違い、ふんわりと優しい手触りです。

乾燥して脚が痒くなることありませんか?これを履いていると、そんな悩みとは無縁です。

乾燥したから手入れをする、のではなく、乾燥を防ぐための素材を選ぶ!ここがアラフィフファッションのキーポイントが足元にある理由です。

冬のアラフィフファッション ワンランク上の足元演出

自分の目から足元は遠いため、あまり視界に入ってきませんが、遠くから人が見た場合、意外と足元は目に付きます。

だからこそ、精いっぱいのオシャレをしたときは、足元にも最新の注意を払うべきだし、例えリーズナブルなアウターを選んでもワンランク上の足元を演出すれば、ぐっと高級感も出てくるってもんです。

個人的には、ウール混のタイツを履くようになってから、ナイロン100%のタイツはなんとなく息苦しいような感覚があって、苦手になりました。

たかがタイツですが、履き比べて見れば違いがわかるはず!

イタリアOMERO【オメロ】

イタリアOMEROオフィシャルサイト

素材:ビスコース55% ポリアミド30% カシミア8% エラスティン7%
価格:4,860円
色:ブラック

イタリアOMERO【オメロ】GEA 100 カシミア混100デニールリブタイツ

ビスコースは日本ではレーヨンと言われている素材で、原料はパルプ。吸湿性がよく柔らかいのが特徴です。しかもカシミア8%混紡となれば、脚に優しくないはずがないし、更に温かい!ってことです。

通常スタンダードなタイツは40デニールほどなので、100デニールはその倍以上の厚みということになりますが、リブ編み仕上げなのでもたつくような厚さは感じません。

タイツの素材の半分以上が自然由来の減量を使っているので、ナイロン100%に比べると肌触りが全く異なります。

私物のタイツもOMEROなので、これに近い感じ。

素材:マイクロモダール® 50% ポリアミド38% シルク6% エラスティン6%
価格:3,888円
色:ブラック

イタリアOMERO【オメロ】シルク混マイクロモダール150デニールベーシックタイツ

マイクロモダールもビスコースと同じレーヨン系ですが、パルプや竹、草など植物の天然素材を原料とし、優れた吸湿性と柔らかさが特徴の素材です。

そのマイクロモダールにシルクを混ぜた贅沢な素材のタイツは、冬の乾燥から足を守ってくれます。マイクロモダールの150デニールタイツなの温かいうえに通気性もよく、1日履いていても快適!

足元を温かくしておけば、トップスに着こまなくても冷えないので、着ぶくれせずファッションを楽しめます。

現在、Sサイズのみとなっていますが、MとLの入荷状況をショップに問い合わせたので、わかり次第追記しますね。

オーストリアWolford【ウォルフォード】

Wolford オフィシャルサイト

素材:ヴィスコース56% ナイロン33% シルク10% エラスタン1%
価格:4,860円
色:peat(濃いブラウン)

オーストリアWolford【ウォルフォード】DUSK/シルク混網タイツ

ストッキングのオートクチュールと言われているほど品質の高いウォルフォードは、とびっきりのお値段ですが、とびっきりの品質と技術で仕上げられています。

ヴィスコースは前述したようにパルプ由来の素材、そこにシルク10%混で仕上げたことにより、快適な肌触りに!

網タイツは、シンプルな服のアクセントになるので、足元のアクセサリー的な存在。

イタリアTrasparenze【トラスパレンツェ】

素材:コットン70% ポリアミド20% エラスタン10%
価格:3.024円
色:ブラック・ウインターホワイト

【Trasparenze(トラスパレンツェ)】天然コットン混レース編み柄タイツ

コットン70%の網タイツ。さらりとしたコットンの質感が快適です。網タイツなので、1枚で履くとそれほど温かさはないかもしれませんが、ふんわりとした見た目が冬のファッションにぴったり!

コットン混は、通気性や吸湿性がいいので、足が蒸れずブーツのときでも気持ちよく過ごせます。

素材:ポリアミド50% コットン40% エラスタン10%
価格:1,944円
色:nero(ブラック)・melange(ブラックメランジュ)

【Trasparenze(トラスパレンツェ)】 天然コットンニーハイタイツ2色

コットン40%混のニーハイタイツ。これは「Mekange」がおススメ!

イタリアストッキングメーカーのグレー系は、どの色も発色がよく、ブラックほど強くなく、色物ほど主張がなく、ちょっと外した感を出せるところが個人的にすごく好きです。

アラフィフになると、ミニスカートやショートパンツは履かなくなりますが、リーガルVの小鳥遊翔子的ファッションが楽しめると思います。

フランスLe Bourget【ル ブルジェ】

素材:ポリアミド 92 % エラスティン 8%
価格:2,916円
色:Noir(ブラック)・Nude(ヌードベージュ)・Noisette(ブラウンベージュ)

【Le Bourget】(ル ブルジェ) Perfect Chic20デニールストッキング

こちらはタイツではなく、フランスの老舗ストッキングメーカーの20デニールスタンダードストッキングですが、ウエスト幅が8.5センチと幅広いため、1日履いていてもウエスト周りにストレスがないのがおススメポイント。

適度な光沢が脚をキレイに見せてくれます。

みかねーまとめ

ご紹介したタイツを扱っている楽天「felice」とは、弊社と一緒にイタリアメーカーから直接ランジェリーを輸入していましたが、feliceの強みはレッグウエア。

多数のインポートブランドを取り扱い、スタンダードストッキングの種類も豊富です。

ひと口にインポートストッキングと言っても、履き心地や色味でそれぞれ好みがあると思うので、まずは異なるメーカーの同じデニール数のストッキングを数種類履き比べてみるのがおススメです。

ちなみに、一番人気があるブランドは「IBICHI」だそうです。私はOMEROが好き!

タイツは絶対的にウールやシルク、コットン混紡がおススメです。長時間になればなるほど、その良さを実感していただけると思います。

皮膚は常に呼吸しているので、そこをなるべく妨げない素材選びがストレスのない1日につながります。

それではまた。ちゃおっ