まだむダイエット

アラフィフの正月太り解消は即対策が必要な理由と脂肪定着の危機について


「正月太り解消法!考えずに食べていると自然に太るアラフィフのダイエット」で正月太りの解消法を書きましたが、書いてからふと思ったのは、読んで「なるほど!」と思うだけで終了してしまう危険性。

ほら!学生時代も参考書を買っただけで勉強した気になったり、ダイエット本も手元にあるだけで痩せるような気がしたり・・経験ありませんこと?私はあります!

ということに気づき、それは脂肪定着の危機だな、と感じたわけです。

アラフィフになると、何度もしつこく書いていますが、太るのは簡単だけど、やせるのは時間がかかりますから。

「鉄は熱いうちに打て」と同じです。食べ過ぎて増えた体重は速やかに戻し、脂肪はすぐに減らせ!です。頑張りましょう!

ちなみに、ページの最初に選んだ画像がビールなのは、アルコールの中でも糖質が高いため、ご注意!という意味を込めて。


アラフィフの正月太り解消は即対策が必要な理由

食べ過ぎれば誰でも太ります。そして、怖いのは、お正月がきっかけとなって、たくさん食べる習慣が定着してしまうこと。

正月に日常よりもだらだら食べる習慣が3日続いたとします。4日目に「さあ、きょうから普通の食事にもどしましょう」とリセットできればいいけど、そのままだらだら食べる習慣が定着してしまうと、食べていないと口寂しいような気がしてきちゃうんですね。

それは、間食の習慣が付いてしまうことと、胃が大きくなってしまったことによるもの。

全部リセットしましょう!間食はやめようと強く決意すれば、必ずやめられます。

とは言っても、ものすごい空腹な状態でドカ食いをすると血糖値が急上昇してしまうので、ドカ食いをしないよう間食である程度はコントロールすることも必要です。

私がお腹空いたときに食べているのはチーズ、プチトマト、柿ピーなど。糖質の高い間食は、デブ街道&脂肪定着まっしぐら!です。すぐにやめましょう。

アラフィフの正月太りは脂肪定着の危機

煽っているようなタイトルを付けてしまいましたが、本当に歳を取るごとに痩せにくくなってくることを実感しているので、それをちゃんと感じて欲しい、という思いからです。

先日、テレビで地方のスポーツジムがお年寄りでにぎわっている様子を放送していて、70代で病気をしてリハビリのためにジムに通いだし、楽しくなって筋トレをし続けたおばあちゃん、なんと体脂肪率が20%を切ったこともあるそうです。

体脂肪率が低くなると免疫力が落ちるので、そこまでの必要はありませんが、努力すればいくつになっても変われる!ということです。

キレイな姿勢で美しく歩くボディを手に入れるためには

  • 食事の量と質のコントロール
  • 筋肉量をなるべく増やすための運動
  • 生活習慣見直し

これに尽きます。

正月太りで脂肪定着の危機から脱するためには?

  • 「生活習慣の見直し」からスタート
  • 食事の質をコントロール
  • 毎日適度な運動を取り入れる

これだけ!上と同じことです。とても簡単なようでいて、自分の生活にこの3つを定着させるには、かなり努力が必要でもあります。

寒いから・・と動かずにだらだらしていると、あっという間に脂肪が定着してしまうので、少し太ったかも・・と思ったら、即実行です。

何度も同じことを書いてしつこいんですけど、人は1回くらいじゃ覚えられないんです。特に正月太りなんてのは、特別危機感があるわけでもないですしね。

これが命にかかわるような事柄なら、1回で肝に命じられるかもしれませんが、そうでないことは日々の忙しさの中で忘れてしまいがちですから。

なので、何回でも同じことを書いていきます。

アラフィフのダイエットは、時間がかかる、そして思い立ったらすぐに実行しないと、じわじわと脂肪は定着していきます、ってね。

それではまた。ちゃおっ