50歳からのダイエット

最終更新日: 2020.12.28

お正月太りを防ぐ鉄板3か条と緩んだ体を解消するおすすめストレッチ

ごきげんよう、みかねーです。

2021年のお正月は、今までとは違う過ごし方になる方が多いのではないでしょうか?

そうは言っても、新しい年を迎えるために食卓にはたくさんのご馳走が並ぶし、お酒も進みがちになります。

至福の3が日を過ごし、恐る恐る体重計に乗ってみたら!!!ガーンっ!ってなことにならないよう、年末からの過ごし方を下の記事に書いてみましたが、今回は正月の過ごし方について「鉄板の3か条」で書いてみます。

長い間、自分の体重や体脂肪率を観察していてものすごく感じることは、当たり前ですが「食べ過ぎれば太る」、でも早めに手を打てば打つほどちゃんと減らせます

だから大幅の増加にならないよう、羽目を外さずに三が日を過ごしてほしいし、だらだらと緩みがちな体を解消するストレッチを実行しつつお過ごしいただきたいと思います。

当たり前のことしか書いていませんので、肝に銘じてお過ごしいただけば、2021年は正月太りとは無縁でいられる可能性が限りなく大きくなりますからね。

お正月太りを防ぐ鉄板3か条

その1.食べ過ぎない

当たり前じゃないのぉぉぉ、とブーイングが聞こえてきそうですが、「正月だから、まいっか」となってしまいがちなムードがあるのがお正月というヤツです。

だからこそ、声を大にして言いたい!!わけです。

しかもおせち料理は保存を考えて作られているなので、比較的糖質量が多めのメニューになっているんですね。

お煮しめ、黒豆、田作り、栗きんとん、伊達巻、みんなたっぷりお砂糖を使っています。

そして、お雑煮。切り餅1個30gに含まれる糖質量は、約26gほど。切り餅2個でご飯1膳分くらいになります。

なので、おせち料理をおかずにご飯を食べ、汁物としてお雑煮にお餅を2個入れると、それだけで糖質量は100gを超えちゃいます。

ここがダイエッターにとって、お正月の怖いところ。

とは言っても、せっかくのお正月に「食べちゃいけない」という制限はストレスになるので

・お餅を食べたらご飯は控える
・1日に食べるお餅の数を決めておく
・おせち料理は好きなおかずにターゲットを絞る
・テレビを見ながらダラダラ食べない
・味のついた飲み物は飲まない

こんな工夫が必要だと思います。

ちなみに私は伊達巻が大好きです。

去年はお正月用に買った伊達巻を正月になる前に全部食べてしまったので、今年は購入を控えました。チーン。

その2.毎日ストレッチ

リモートワークでお仕事をされている方は、お休みになっても普段とあまり活動量は変わらないかもしれませんが、お正月休みになると歩く距離がグッと減りますよね。

家の中で食べてゴロゴロしているだけじゃ、デブ虫が忍び寄ってきます。

元旦から大層な運動をするのは億劫だと思うので、毎日ちょっとずつでもいいからストレッチをしておくとグッドです。

ゴロゴロしてばかりいると、筋肉が凝り固まって腰痛や肩凝りの原因にもなるので、1日10分でいいからほぐしてあげてください。

その3.お酒は控えめにして水を飲む

体の約60%ほどが水分で構成されています。食事からも水分を摂取することはできますが、積極的に水を飲むことで血流が良くなります。

血流がよくなると代謝が上がり、更に便秘を改善し、ストレッチと組み合わせることでむくみの改善にもなります。

「むくみやすいから水分摂取を控える」というのはNGで、むくみやすいなら積極的に水を飲んで排泄を促し、ふくらはぎのストレッチやマッサージをすることで改善します。

おせち料理は比較的、濃い目の味付けで作られているものが多いため、塩分摂取も過剰になりがちですし、お正月は飲酒量も増えがちになるので、尚のこと水を飲む必要があります。

私は全くお酒が飲めないので、お酒好きの人の気持ちがわからないから平気で言っちゃうけど、ダイエッターならできれば飲まない方がいい。

とは言え、好きな人にとって全く飲まないのはこれまたストレスになるので、1日に飲む量をあらかじめ決め、水も積極的に飲むようにしましょう。

緩んだ体を解消するおすすめストレッチ

ダイエットに効果があるほどの強度はありませんが、そもそも筋肉が硬くなってしまうと血流も悪くなるし、栄養や酸素を取り込む力も弱くなります。

なるべく全身くまなく滞りのない状態にしておきたいので、下の3つのストレッチなら立ったままサクッとできるので参考にしてください。

更にもっとできそうな人、もっと時間に余裕があるときなどは、こちら↓↓↓も参考にしてね。

その1.伸び

体全体をひっぱるような気持ちで両手を組んで天井に向かって伸びをします。
その状態で、左右に体を揺らして脇も同様に伸ばします。

朝晩の習慣にしてもらいたいダントツ1位のストレッチです。「もう無理!限界!」というところまで伸ばしてあげてください。

背中と脇をしっかり伸ばすことが、血流の促進にもつながります。その際、反り腰にならないようお腹にグッと力をいれて行ってくださいね。

呼吸も忘れずに!

その2.前屈

足幅を広めにとって、上半身を床に向かってだらりと曲げます。

太ももの裏側が伸びている感覚があればいいので、膝は曲がってもOKです。

上半身は力を抜いて呼吸をしながら行いましょう。

その3.肩回し

両手を両肩に置き、肘をぐるぐるとなるべく大きく回します。
後ろからも前からも回してくださいね。

これで肩回りをほぐします。ぐるぐる早回しをするのではなく、肩甲骨まで動いていることが感じられるくらい、しっかりゆっくり回します。

まとめ

私はジムオタクなので、5日間ジムがお休みになることが非常に残念。

5日間も動かずにはいられないので、youtubeで10分ほどの動画を見ながらトレーニングに励みます。

youtubeのおすすめ動画は今までもいろいろアップしてきましたが、我ながらいい動画集めてるなぁと感じたので、もうちょっと動けそうな方は是非!

新年のストレッチが3が日継続出来たら、じゃあ七草まで続けてみるかな、次は2週間、そして1か月と頑張ってみて下さい。

食べることも「お酒の量を調整できた」「お餅を我慢できた」「ダラダラ食べを克服した」など、小さな成功体験を積み重ねると自信につながりますのでトライしてみてね。

大層なことをするより、毎日続けられる程度の強度や範囲でコツコツと継続することが、何より太りにくい体作りには大事なことです。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのダイエット

    金スマ「内臓脂肪がストンと落ちる食事術」の糖質制限半日断食ダイエット方法

    ごきげんよう、みかねーです。金スマでは度々、ダイエット特集が組…

  2. 50歳からのダイエット

    ダイエットのため実際に食べないと決めたものと食べた方がいいもの

    ごきげんよう、みかねーです。「ダイエットするかな」と決意したと…

  3. 50歳からのダイエット

    50代女性のダイエット方法成功例のヒントがここにある!必要なことが見えてくる

    ごきげんよう、みかねーです。50代になると太りやすい、痩せにく…

  4. 50歳からのダイエット

    ウォーキングダイエットはこの5つのポイントで脂肪燃焼効果が上がる!

    ごきげんよう、みかねーです。毎日スポーツジムに行くのが日課でし…

  5. 50歳からのダイエット

    ダイエットにカロリー制限は必要なしという新常識!カロリー計算は止めちゃおう

    ごきげんよう、みかねーです。「あれ?ちょっと太ったかしら?」と…

  6. 50歳からのダイエット

    BMI指数と体脂肪率から継続できる正しいダイエット方法を導き出す

    ごきげんよう、みかねーです。肥満を表す目安になるひとつの数値と…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 体重減とスタイルを整えることは違う!タイプ別適切なダイエット…
  2. U-NEXTでファイナルまで観られるおすすめ海外クライムサス…
  3. 「MY600-LB LIFE」から考えてみたストレス食べから…
  4. ジムシューズに中敷きインソール「CCLP」を使ってみた感想を…
  5. 股関節の働きと柔らかさのメリット|毎日できるおすすめ簡単スト…

Pick up

  1. 試してみた美容系口コミ

    高濃度ビタミンC点滴を受けてみた!その効果とは?体験を口コミ
  2. 50歳からのダイエット

    三日坊主にならないダイエット方法|経験からわかった5つのコツ~食事編~
  3. 50・60代のボディメイク

    アメイジングな筋トレマダムは74歳|筋トレに年齢は関係ないという証明
  4. フィットネス&エクササイズ

    運動用おすすめマスクはこれ!日常使いと運動時のマスクは分ける方がいい
  5. 女性のための家トレヒント

    体幹を鍛えるとどうなる?正しい知識と効果を知って美しいボディを手に入れる
PAGE TOP