映画&海外ドラマ情報

映画「空飛ぶタイヤ」ネタバレ&感想/中小企業ガンバレ!長瀬智也が熱い!


今を時めく俳優によって、池井戸作品が初映画化された「空飛ぶタイヤ」を観てきました。

長瀬智也さん、ディーンフジオカさん、高橋一生さん、人気俳優が3人も登場しちゃいます。みなさまのお好みはどなたに???

大企業のエリートサラリーマンをディーンフジオカさん、切れ者バンカーを高橋一生さん、親から継いだ中小企業の社長を長瀬さんが演じていて、もちろん俳優さんたちの腕前もあるでしょうが、それぞれにぴったりな感じ。

中小企業が大企業の不正に潰されそうになる!長瀬智也が熱い!頑張れ!中小企業頑張れ!と応援したくなる映画です。

それでは映画の紹介と感想に行ってみたいと思います。

空飛ぶタイヤ公式HP


空飛ぶタイヤ 主要キャスト

引用元:映画.com
【主要キャスト】

  • 赤松徳郎 (長瀬智也) 赤松運送 2代目社長
  • 沢田悠太 (ディーン・フジオカ)ホープ自動車 販売部カスタマー戦略課長
  • 井崎一亮 (高橋一生)ホープ銀行 本店営業部
  • 赤松史絵 (深田恭子)赤松徳郎の妻
  • 宮代直吉 (笹野高史)赤松運送専務

池井戸作品には必ず登場する企業内ヒールを岸部一徳さんが演じていますが、憎たらしいんですよっ。ホントに。

岸部一徳さんはディーンフジオカさん演じる沢田が務めている大企業「ホープ自動車」の役員。自分がよけりゃ、他はどうなってもいいというホントにムカつくジジイなんです。

そのムカつくジジイがいる巨大な資本の大企業がい掩蔽した事実を、長瀬智也さん演じる赤松社長が周りの協力もあって事実を突き止め戦いを挑みます。

空飛ぶタイヤ ネタバレあらすじ

赤松徳郎が率いる赤松運送のトラックが起こした脱輪事故は、トラックの整備不良を疑われるが、整備手帳の記録を見ても整備不良はないと信じた赤松徳郎がトラック自体の不良を疑う。

トラック事故はマスコミにも叩かれ、窮地に追い込まれる赤松だったが、自社の整備を信じ、大企業、メガバンクを相手に戦っていく。

トラックを製造販売している企業のカスタマー戦略課長である沢田悠太は、自分が勤める会社を微塵も疑わず、最初は赤松からの問い合わせに全く応じないが、やがて真相を知った沢田は正義へと傾いていく。

沢田が務めるホープ自動車の系列バンクであるホープ銀行の本店にいる井崎は、昔からの友人である小池栄子演じる週刊誌の記者:榎本優子からポープ自動車について聞かれ、噂に疑問を感じたところからポープ自動車の「リコール隠し」に気づく。

さあさあ、それぞれ立場の違う3人がどう動いていくのか?そして、迎える結末は?

空飛ぶタイヤ 感想

現実に大企業のデータ改ざん、データ隠しが露呈している現在、実際にこういうことってあるんだろうな、と思えるから、心から頑張れ!とエールを送りつつ見ちゃいますね。

1億円の補償金を蹴り飛ばして戦う姿、現実的に難しいのは100も承知の上だけど、本心はみんな正義を貫き通して戦いたいわけじゃないですかっ!

あ・・1億円の方がいい??? ま、それもそうかもしれないけど、そんな邪な気持ちがあるのも人ってもんですから、だからこそ正義を貫き通す潔さにスカッとするんです。

気持ちよく映画館を後にできる、痛快な作品です。

池井戸作品 アキラとあきら

余談ですが、池井戸作品の中でダントツのお気に入りは「アキラとあきら」

零細工場の息子・瑛と大手海運会社の御曹司・彬の2人の「あきら」が主人公で、幼少期から描かれ、青年期に出会い、同じ銀行に就職し共に厳しい社会人としての試練を乗り越えていく姿を描いている熱い小説です。

斎藤工さんが零細工場の息子・瑛を、御曹司の彬を向井理さんが演じ、WOWOWで連続ドラマとして放送されていたようで、これ結構見たかったんですけど、残念ながら私のテレビはWOWOWの契約をしていなくて・・と、調べていたらDVDが出てるんですね。

ふたりの幼少期から描かれているので、かなり分厚いですが、先が気になって一気に読めます。

いつも思うけど、ホント、小説家ってすごいです。架空の人物と架空の状況を作り上げて、読者を文章の中に引きずり込んじゃうんですから。

瑛の父親が経営していた零細工場が閉鎖に追い込まれた要因のひとつに取引先銀行の冷酷な仕打ちがあり、同じような環境の小さな企業を救えるバンカーになりたいと銀行への就職を決める。そこで出会ったのが御曹司の彬。

どちらの「あきら」も環境に流されない強さを持つ。

もうダメか・・と思わせる状況が何度もやってくるんだけど、そこが池井戸作品の醍醐味でもあり、紆余曲折を経て最後は見事にスカッとする。

のめり込みたい作品をお探しの方には、激しくおススメです。

それではまた。ちゃおっ