美容と健康

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違いは?落としやすいのはどっち?きちんと知っておこう


ごきげんよう、みかねーです。

先日、スポーツジムのユーバウンドで体幹の体脂肪率がぐっと減った喜びを書かせていただきましたが、実は内臓脂肪レベルもダウンしていました。

UBOUNDユーバウンドの効果を証明!体脂肪率を減らす運動として女性におすすめの理由少し前に、新しいジムで参加しているトランポリンを使ったプログラム「UBOUNDユーバウンド」について、消費カロリーや体験した感想について書きましたが、初体験から約1か月半が経過し、TANITAの体組成測定で計測してみたら、体脂肪率に驚く結果が!...

体脂肪とは、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせたことを言うので、どちらも一緒に落ちていたことになります。

ちなみに、内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方や違い、ご存知ですか?私も以前は知らなかったのですが、見分け方はとっても簡単

同じ脂肪ですが、落としやすさにも違いがあります。

内臓脂肪が多いのにそのまま放置していると、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中、心不全などのリスクが高くなってくるため、自分は内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが多いのかを知っておくことも必要かなと思います。

今は運動習慣が身に付いている私ですが、それによりたくさんのことが変わってきています。

内臓脂肪レベルがうんと減ったのもそのひとつ。どんなに付いていても、絶対に誰でも努力次第で減らせるので、快適な毎日を過ごすために、ちょこっとだけ頑張りましょう!


内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方と違い

内臓脂肪も皮下脂肪も体脂肪ですが、その見分け方をひと言でいえば、硬くて摘まみにくいのが内臓脂肪、柔らかくて摘まみやすいのが皮下脂肪です。

お腹だけぽっこり出ていて、ぱぁーーーーんっ!と張った感じの「出っ腹」抱えている男性いますよね?あれ、完全に内臓脂肪です。

ご主人はいかがですか?

男性は内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪がつきやすいと言われていますが、体脂肪率が高い場合は、女性も油断大敵です。

仕事場で健康診断をしてくれる環境にある方は、皮下脂肪や内臓脂肪も確認する機会があるかと思いますが、そうでない場合は、是非知っておきたいところです。

TANITA【タニタ/体組成計/体重計】BC-210SV(シルバー)[BC210] 乗るピタ機能で簡単測定

楽天で購入

 

TANITAのこの体組成測定器なら、体脂肪率・BMI・内臓脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量・推定骨量まで測れて税込み¥7.800です。

一家に一台あれば、みんなで測れて気合も入るってもんです。

TANITAの体組成測定器一覧の中に、ジムで使っているタイプもあったので、ちょいとお値段を見てびっくり!なんと、200万円でした。

ありがたく使わせていただきます。

内臓脂肪とは?

内臓脂肪は、生活習慣病と強く関連していて、胃や腸など内臓の周りにある脂肪を一般的に内臓脂肪と言います。

内臓脂肪は食べ過ぎで付きやすく、また内臓脂肪が増えすぎると腸を圧迫して便秘になったり、血液循環が悪くなるなどの悪影響が出てきます。

ただ、内臓脂肪は、内臓を外からの衝撃を受けたときに守ってくれる役割もあります。

皮下脂肪とは?

ダイエット女子の大敵!皮膚の下、筋肉の上に溜まっているのが皮下脂肪。

女性は妊娠・出産をする体になっているため、男性より皮下脂肪がつきやすいそうです。ま、これは仕方ないですかね。

ちなみに、体組成測定などで体脂肪率を計った場合、内臓脂肪と皮下脂肪の合計で結果は出てきますが、私が毎月計っている測定器だと、内臓脂肪レベルとして出てきます。

標準・やや過剰・過剰に分かれているので、自分のおおよその内臓脂肪レベルを知ることができます。

内臓脂肪と皮下脂肪 落としやすいのはどっち?

食べるのも飲むのも好きだし、忙しいから動かないし、年々お腹だけ出てくる・・というタイプの中年男性。放置は危険です。

だけど、内臓脂肪は落としやすいため、そんなお腹を抱えている人は、食べる量、食べる時間、食事の質をコントロールすれば、するする落ちてきます。

そうです。

落としやすいのは内臓脂肪。

食事のコントロールと、ウォーキング、自転車漕ぎなどの有酸素運動を続ければ、割と簡単に落とせます。

内臓脂肪はアンチエイジングの敵!

加齢に伴う免疫の老化が、内臓脂肪型肥満の体内でも起こることが、佐野元昭(さの もとあき)慶應義塾大学医学部教授率いる研究チームの行ったマウス実験で確認された。

サイエンスポータルより

年齢を重ねると様々な不具合が生じるのは、ある程度致し方ないことではありますが、防ごうと思えば防げる内臓脂肪の増加により、まだ起こるべき年齢に達していない症状が出てしまうのは残念です。

本来は攻撃を指揮する役の「Tリンパ球」という免疫細胞が、外敵を攻撃する炎症物質に姿を変え、その炎症物質が血液中を流れて全身を巡り、体に炎症を起こりやすくするという加齢によって生じる症状が、なんと内臓脂肪型肥満にも見られると「サイエンスポータル」にありました。

もっと詳しく書いてあるので、ご興味のある方は「サイエンスポータル」へ。

若々しくいることって、努力なしではありえないと思うんですね。

先日、高橋克典さんも「お腹が出ないようにトレーニングしている」と言っていました。芸能人だから、観られることが仕事なので、当然と言えば当然ですが、若々しく見せるために努力はしているってことです。

内臓脂肪の落とし方

もう書いちゃいましたが、速やかに落としたい内臓脂肪は、食べ過ぎが大きな原因となっているため

  • 適切な量の食事
  • 間食をしない
  • 夜遅くは食べない
  • 適度な運動

これで最初のうちは、速やかに落ちていくはずです。

基本的には皮下脂肪も落とす方法に大きく違はありませんが、内臓脂肪の方がより早く結果が出るはずなので、努力が見えやすく、継続のパワーになってくれると思います。

少し落ちたからやめちゃった、では勿体ないので、始めたら地味でもいいから、是非続けてくださいね。

皮下脂肪の落とし方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

40・50代の女性が体脂肪を減らすために知っておくべき仕組みと方法はこれ!ホント!50代になると、痩せません!少しくらいの努力じゃ、現状維持が精いっぱいになってきます。体脂肪率を減らしたいなら、まずは体脂肪が増えたり減ったりする仕組みを知り、それから減らすための方法を実行するのが、効果的です。...
40・50代女性の体脂肪の落とし方/試行錯誤してわかった運動と食事の組み合わせ!女性は更年期を境に、同じ生活をしているとじわじわと体脂肪率が増え、体重も増加していきます。1年半ほど毎月「In Body」で計測し、トレーニングメニューも自分なりに変えて試行錯誤した結果、体脂肪率を減らすのに有効な運動と食事方法がわかったんです。...

みかねーのトレーニング日記

毎回、体脂肪だのダイエットだの筋肉だのって話題ばかりなので、きょうはおまけに私のトレーニング日記を書いてみたいと思います。

午後からGroup PowerというMOSSAプログラムを30分、そのあとホットストレッチを30分やってきました。

Group Powerは、重りを付けたバーベルで音楽に合わせて筋トレをするエクササイズです。

脚 ⇒ 胸 ⇒ 背中 ⇒ お腹 の順におこないますが、30分なのであっという間に終了。

ストレッチは、筋トレ後の方が筋肉への血流量をアップさせ、疲労回復にもなるし、いつもより伸びも感じ、より発汗量も多くなり爽快です。使ったらメンテナンス、って感じですかしらね。

てなことをやった後、ついパン屋さんによって「あんホイップコッペパン」を買っちゃいました。

やっぱり、甘い物、好きなんですよねぇ。ほら、少し体脂肪率もダウンしたからいっかな、と思って。ご褒美も必要ですもんね。

それではまた、ちゃおっ