身体は「食べる」で出来ている

鯖缶レシピ「キャベツと蒸し煮」で髪とお肌を作るたんぱく質を上手に摂取


ごきげんよう、みかねーです。

「マツコ会議」ご覧になった方、いらっしゃるかしらん。いつもTVネタでスイマセン・・・TV大好きだもんで。

「ANAの元CAのOG会」の様子でしたが、その中の還暦の女性の髪をマツコさんが「つやつやね」と褒めていました。「女の歳って、髪に出るのよねぇ」と。

そうなんですっ!!!経年劣化で、髪はツヤがなくなり、細くなり、まとまりにくくなります。そこをきれいに保っているということは、きちんとした手入れときちんとした食生活が髪に出ているってーことです。

髪はたんぱく質で出来ているので、たんぱく質が不足すると、髪や肌に影響が出ます。

そこで、簡単に作れる鯖缶を使った低カロリーのレシピをひとつご紹介。

私は毎月スポーツジムで計測している「In Body 検査表」の結果が、ずーーーっとたんぱく質不足になっていたので、そこを改善すべく食生活を見直しました。

その結果、変化が表れ、今はぎりぎり標準の枠に入ることが出来ています。身体はきちんと応えてくれます。

その様子はこちらのブログ「ダイエットにも最適!アレンジでカロリーも変わる「キムチスープ」簡単レシピ」に書いています。


たんぱく質について

ご存知のように、たんぱく質は肉・魚・乳製品・大豆製品・卵など。これらをバランスよく摂取することが、健康的なお肌や髪を保つためには不可欠なわけです。

ただ、私のように子供が大人になり、独立してほぼひとりで食事をすることが多い場合、面倒な調理はなるべく避けたい。

鯖缶レシピ「キャベツと蒸し煮」


これは鯖缶とキャベツ。鯖を洗ったキャベツの上に乗せて、キャベツがしんなりするまで火を通しただけ。友人に教えてもらいました。

出来上がりはこんな感じ。キャベツがしんなりするので、たくさん食べられます。無水鍋を使うと、水を足さなくても仕上がるので、水っぽくならずキャベツの甘さと鯖の塩気で調味料なしでもOKです。

ポン酢を足してもさっぱりしておいしかったです。缶詰の鯖は、骨まで柔らかく一緒に食べられるため、カルシウムも同時に摂取。ありがたい!!

あじ南蛮漬けもおススメ


こちらは書いてある通り、あじの南蛮漬け。南蛮漬けは大好きなので買ってみました。

作ろうと思ったら、材料も揃えなければならないし、結構手間もかかるので、これは便利です。

以前、同じ年代の女性に「缶詰の魚」をおススメしたら、「えーーー、おやじみたい・・」と結構引かれましたが、使ってみるとこんなに手軽で便利なものはない!!

ま、おやじみたいなおばさんですんで、おやじみたいと言われても全然気になりませんっ。日持ちもするので、非常食にもなりますしね。まあ、大体すぐ食べちゃいますけど。

健康な時は、健康であることのありがたさをあまり感じませんが、どこか少しでも具合が悪くなると、途端に健康のありがたさをつくづく感じますよね。

「花粉症かな??」と思われる症状が少し出ただけでも、いつもと同じパフォーマンスじゃなくなっていることにイラっとしたり、辛かったりしたので、ホント!健康でいられるために、日々の食事って大事です。

長生きはしたくないけど健康でいたい

これはあくまで私個人の考え方ですが、健康で若々しい肉体を維持していたい!!と思うと、それは同時に「長寿」にもつながる気がして・・そこは望んでいないので、葛藤があったりもしています。

死ぬまでものすごく元気でいられて、突然あの世行、ってのが理想なんだけど・・・難しいですかね。うーーーん、悩ましいお年頃です。

それではまた。ちゃおっ