Pocket

最近とても気になっているのが「スポーツ界」における様々な問題

不祥事が表に出た経緯はそれぞれ異なるけど、根本は同じような気がするんですね。

言葉は悪いけどいわゆる「老害」ってヤツです。

以前から気になっていた、歳を取ることによって生まれる弊害「老害」について、スポーツ界での問題だけではなく、芸能界・職場での期になったエピソードを元に考えてみたいと思います。


老害とは?

一般的に「老害」とは

コトバンクによると
「企業や政治の指導者層の高齢化が進み、円滑な世代の交代が行われず、組織の若返りがはばまれる状態」

となっています。

人生長くなると自分がやってきたことが正しいと思い込みがちだし、人の意見が素直に聞けなくなる傾向があるし、敬ってもらいたい、あなたより上の立場なのよということを暗に知らしめるという言動の人がおりますよね。

それが潤滑な仕事の進捗や人間関係を大きく阻んでいることもあるわけです。

しかも、そーゆー人たちは、自分の言動に問題があることを自覚できていないから困ったことになるわけです。


体操問題のパワハラに当てはめてみる

最近話題になっている体操の問題も、私が思うに、どちらも悪意があるわけではなく、塚原千恵子さんは昔からのやり方で突き進み、宮川紗江選手の真意をくみ取れていなかったということだと思うんですね。

私たちの時代は、塚原千恵子さんのような指導者は山のようにいたし、その時代はそれが問題にもならなかった、パワハラという言葉すらなかったですしね。

でも、学校での体罰は禁止になっているし、言葉での暴力もパワハラになるし、そのように時代が変わってきていることを塚原千恵子さんがもっと敏感にキャッチ出来ていれば、こんなに大きな問題にはならなかった可能性もあると感じるんですけどねぇ

そもそもは宮川紗江選手の専任コーチである速見佑斗コーチの暴力問題に端を発しているわけですが、この暴力について速見佑斗コーチが認めているものの、宮川紗江選手自身がそこは問題ではなく容認するとしています。

これもまた、ちょっとずれていると思うわけですよ。

好きな人、信頼している人がやることはOKで、嫌いな人だったらNGというのは、人間誰しもそーゆー判断はするけど、パブリックな場での問題の場合、そこは公平であるべきだとも思うんですよねぇ。

スポンサーリンク

大学アメフト問題もプロボクシング問題も老害

「老害」が問題なのは、先の大学アメフト問題、プロボクシング協会も同じ。

日本大学の内田正人前監督も田中英寿理事長も当初、自分たちには何ら問題はない!という体でしたから。自覚が全くないということです。

ここが問題を大きくしていると思うし、まさに「老害」と感じます。

プロボクシング協会の会長だった山根明氏もインタビューを受けると自説を語りまくっていましたよね。会話ってのは、キャッチボールです。人の話しばかり聞かされるのは、しかも聞きたくない話であれば、それはもう拷問です。

と、少し話が逸れていますが、長く指導者の立場にいると、その立場が何をすべき地位なのか?大切なのは何か?ということを忘れてしまい、胡坐をかいてしまう人がいるのは実に残念です。


老害 エピソード

老害 芸能人

元TOKIO山口問題に対する発言

少し前になりますが、山口達也さんが未成年女子に対する強制わいせつ罪で送検された事件で、60歳オーバーな芸能人は総じて「夜、男性の部屋に行く女の子も悪い」的な発言をしていましたよね。

実は、その意見、私もよぉーくわかるんです。そう言いたくなる気持ちもわかる。そんな風に教育されて育ったというか、まだまだ女性の地位が低い時代に育っていると、そんな意識を自然に持ってしまうんですね。

母も同じようなことを言っていましたし。

思うのはその人の自由だけど、世の中の動き、今の風潮を読んで、言わない方がいいこともある意識を持つことが大事かなって。

老害 職場

友人の会社のお局さま

友人の会社でも、以前キャビンアテンダントをしていたチームリーダーが、大層なお局さまになっていて、チームに属する女性に自分の立場を利用して、まあ簡単に言えばいろんな「いじわる」を仕掛けてくるんですって。

私は、会社員ではないので、長いことそうした経験はないけど、どうしてそんな輩が堂々と働けて、まかり通っているのかムカつきますねぇ。

ただ、そーゆー人は周りに味方がいないだろうし、孤独だろうし、何かあったときには誰も助けてくれないだろうし、結局は自分で自分の首を絞めることになるに決まってますよ。

老害 食事会

実績のある70歳ご婦人

これは私の経験ですが、比較的年齢の高い方々とのお食事会があって、ある70代の女性が、どんな会話にも口をはさんでくることに閉口しました。

目の前の男性とトレーニングの話しをしていると自分の体操の話しを突っ込んでくる、マイクロプラスチックの話しをしていると自分の意見をぶっこんでくる。

その女性、ある業界では実績のある方。面と向かって「口を挟まないでください」とは言えませんからね。さり気なく無視しましたけど。

政界にも企業にも、こうした方がいっぱいいらっしゃると思うんですね。いくつになっても働けることはありがたいことだし、身体が元気であれば働く喜びもあるってもんです。

でも、ある程度の年齢になったら、潔く後続に譲る勇気と決断力が必要かなと感じます。


老害にならないよう歳を取りたい

歳を取ったからと全ての人が老害と言われるようなタイプの人になるわけではありません。素敵なご老人もたっくさんいらっしゃる。

その違いは何なのか?

自分のためにも考えておこうと思います。

若者に媚びる必要は全くないけど、自分の意見だけを主張するのではなく、人の意見を素直に聞く耳を持ち、変化を恐れず、柔軟に対処できるよう心がけるってことかしらん。

私のなんとなくの感覚なんだけど、バリバリ現役時代にそこそこの実績を上げた人、上場企業で要職にあった人などの方が危険な気がします。

大らかに自然を愛し、人との関係を温めて、オープンマインドで生きてきた人は、全てのことに大らかな気がします。

結局、歳を取ったらプライドなんかに邪魔されることなく自然体で生きていくのが幸せかも、と思ったかな。

みなさま、どう思いますか?

それではまた。ちゃおっ

スポンサーリンク