まだむダイエット

夏太りが原因で増幅していたぽっこりお腹は即対策で元に戻りました


つい先日のブログで、夏太りを告白した私ですが、あまり体重は変わっていなかったのに、腹囲だけが増幅

脂肪が一番付きやすく取れにくい部位です。多分、私だけじゃなく、同じような年齢の方は同じような悩みをお持ちだと思います。

ねー、すぐにお腹ぽっこりしてくるんですよねぇ。特に便秘もしていないし、週に何回もスポーツジムに行くのに、油断すると脂肪は容赦なく襲ってくるわけです。

恐ろしき脂肪!にっくき脂肪!

脂肪で腹部が豊かになっちゃうと、まず服がかっこよく着こなせず、一気に中年ぽくなりますからねぇ。あ、事実中年なんですけど、それ以上にディープな中年姿にはなりたくない!と思っているので。

あ、中年でいいんですよ。でも、少しくらいは颯爽とした中年でいたいというか、更に言えば中年というより初老という歳かもしれないけど、そこは中年ってことにしといて、中年であってもびしっと姿勢よく颯爽としているためには、増幅したお腹を元に戻さなくちゃ!と焦ったわけです。

そこは自分の美意識としてね。で、鉄は熱いうちに打て!方式です。

まだ増幅したばかりの脂肪なら、即対策することで柔らかい鉄のようにすんなりと言うことを聞いてくれるんじゃないか?と思ったわけです。

そして、意地で元のサイズに戻しました。今、きっちり戻しておかないと、脂肪が私の体に頑固に居座っても困りますからね。

というわけで、夏太りと増幅していたぽっこりお腹をどうやって戻したかをお話ししようと思います。


夏太りの原因は何?

以前も書いたように

基礎代謝の消費エネルギーが最も大きいのは体温の維持ですが、夏は暑いので、体温維持に消費されるエネルギーが低いため痩せにくいと言われています。

消費エネルギーが低くなっているにも関わらず、暑いからアイスクリームやジュース、かき氷などの糖質を摂取していたら、そらあ太るの当たり前。

多分、私はアイスです。ソフトクリームが美味しくて、しかもセブンでお気に入りのアイスを見つけちゃったもので、それによりぽっこりお腹が増幅したと考えられます。

よく「食べる量は変わらないのに」という発言聞きますが、本当に変わらないですか?

食欲がないからと、ご飯は食べてなくても咽喉越しのいいゼリーやお菓子を食べていたら、カロリーはプラスになってしまう可能性があるだけでなく、糖質過多になりますものね。

体形を整えるためには、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えることが大事です。

夏太りによって増幅していたぽっこりお腹対策はこれ!

アイスによって増幅していたぽっこりお腹。もしかして何かの間違いか、測り方が悪かったのかも?と思って、毎日メジャーで測ってみたけど、ピタッと変わらない結果が出てきました。

がーん!かなりショック。

運動しているから少しくらいなら大丈夫!という気のゆるみもありましたね。アスリートでもない限り、この気の緩みは誰でもが体験しているだろうと思います。

3センチほど増幅していたぽっこりお腹でしたが、それでも食べる量は減らしたくない。

そこで、夏の間は暑いからとさぼっていた自主筋トレをスタート。基本、無精者なので自主トレが続かないことは自分でよぉーくわかっていたので、お腹だけピンポイント。

ぼっこりお腹 対策メニュー

  • 腹筋ローラー 20回
  • プランク 60秒
  • サイドプランク左右 各30秒

腹筋ローラー

通常の腹筋をやると首が痛くなるので、パーソナルトレーナーのおススメで購入したこれ

腕立て伏せの姿勢を作り、両側のグリップを握って前に転がしてまた元の位置に戻すだけ。ただ、腕立て伏せの姿勢だときついので、私は膝をつけてやっています。

プランク

私が体幹を鍛えるためにおススメしているこれ

この姿勢でお腹に力を入れてキープ。頭から足まで一直線。肘は肩の真下に置きます。

最初は10秒ほどしかできなくても、毎日繰り返しているともっと頑張れるようになり、体幹が鍛えられていることを日常生活で実感できるようになります。

サイドプランク

プランクと同じで体幹のサイドを鍛えるこれ

この姿勢が安定してきたら、手を頭の後ろに置いて下半身は動かさず、上半身を少し前に倒し、戻すを繰り返すと更に負荷がかかります。

アンド、手を真上に挙げ、上にある足を床と水平に持ち上げるとピラティスの「スター」という形に。更にきついです。

何を実行する場合も、呼吸を忘れずに!呼吸を止めてしまうと効果が半減します。

即対策で元に戻りました

というメニューを10日ほど実行したところ、元に戻りました。やっぱり鉄は熱いうちに打て!脂肪も即対策で撃退!がいいようです。

少しくらい太っても「ま、いっか」と見てみぬふりしますよね。

私もそうでしたが、少し太ったな、くらいのうちに対策を講じた方が楽に戻せます。ということが私もよぉーくわかりました。

でもさ、ちゃんと戻せることがわかると「食べても大丈夫!」と思っちゃうんですよねぇ。食欲の秋だし。

それではまた。ちゃおっ