50歳からのダイエット

最終更新日: 2022.01.11

正月くらいは食べる!?おせち料理の糖質量を把握し計画的に食べよう

ごきげんよう、みかねーです。

先日「お正月太りを防ぐ鉄板3か条とせめてやっておきたいおすすめストレッチ」という記事をアップしましたが、お正月くらいはダイエットを気にせず食べる!食べたい!という人もいるだろうなぁと思っていたんですね。

「ガールズちゃんねる」に「ダイエッターの年末年始の食生活」というトピが立っていて、「年末年始くらいは気にせず食べる」という方も多いようです。

がっ!いやいや、ちょっと待って。

ダイエットは継続が大事。そして習慣が大事。だからこそ、お正月だからとブレーキを外して欲望の赴くままに食べていたら、その後が大変ですから。

というわけで、おせち料理の糖質量を把握し、何をどう食べてダイエットの継続や習慣を乱さないようにするかを考えてみましょう。

正月くらいは食べる!?

・気にしないで食べる。また気をつければすぐ戻るよ!
・潔く食べて飲んで、正月過ぎたら調整する
・実家に行くので太るの覚悟してます
・クリスマスと年末年始はダイエットお休み。つまんないじゃん
ガールズちゃんねる「ダイエッターの年末年始の食生活」より

こんな感じでお正月はダイエットはお休み、と考えている人がいる一方で、いつもと変わらない食生活を志す、と宣言している人もいました。

若い頃なら2キロくらい太っても、割とすぐに元に戻るけど、50代ともなれば2キロが簡単に落ちなくなりますよね。

だからこそ、お正月の過ごし方が、その年の体型に影響してくる!と私は思うんです。

どうかしら?

ちょっと話は逸れるけど、ジムに決して細くない50代半ばの女性がいます。でも、すごくカッコイイ!

身長は166センチくらいあると思う。体重は多分、60キロ近くあるだろうと思います。腕回りも細いわけじゃないし、ヒップもかなりしっかりしています。でも、カッコイイ!

だからね、気にすべきなのは体重じゃないんです。

何故、決して細くないその女性がかっこいいのか?姿勢がいいし、ぶよぶよではないからです。

肉付きはよくても運動しているんだろうな、という体つきをしているんですね。だからカッコイイのだと思うんですよ。

でもね、日頃から運動習慣がなく、お正月に食べて太っちゃったら、残念だけど50代以上の女性はぶよぶよになっちゃいますよね。

だからこそ、お正月もブレーキを外さず、計画的に食べるようにしたら新しい年が贅肉に悩まされない1年になるかもしれないじゃないですかっ。

是非、おせち料理の糖質量を参考にして計画を立ててみて下さいね。

知っておきたいおせち料理の糖質量

下の記事にも書いていますが、成人が1日に必要とする炭水化物(糖質が含まれる)の量は、エネルギー量の50~65%なので、大体250gくらいになります。

それを基準に考えると

・切り餅1個 約25g
・ごはん1膳 約50g
・伊達巻2切れ 約11g
・栗きんとん1食分(100g) 約54g
・お煮しめ1皿 約14g
・かまぼこ2切れ 約1.6g
・黒豆20g 約11g
・なます30g 約9g
・田作り30g 約9.1g

参考サイト「おせち料理の糖質量について」

栗きんとんや黒豆、なます、田作りは、購入したものか手作り化で糖質量がかなり違ってくるし、お煮しめ1皿も何を食べるかで変わってくるため、参考として見ていただけたらと思います。

これを全部食べたとしたら、糖質量の合計は184.7gになります。

ダイエッターなら、これで1日分の糖質量はほぼ取れていることになるので、お雑煮のお餅を2個にしたり、ご飯を昼と夜で1膳づつ食べればもうオーバーしちゃうんです。

そもそも、1日の食事としてこれだけじゃ全然足りませんものね。しかもたんぱく質が全く足りてません。

家庭によってお正月の献立は違うだろうけど、お刺身があるようならおススメです。

すし飯は砂糖を使っているので、お寿司よりお刺身ね。

計画的に食べよう

お正月なのに計画的に食べるだなんて、考えただけでも気持ちが萎える・・・という方は、もうダイエットを諦めましょう。

ダイエットに大事なのは、計画と実行と反復です。

例えお正月だろうと、パーティだろうと、親戚の集まりだろうと、寄り合いだろうと変わりません。

「私ダイエット中なの」と親しい人たちには公言して協力してもらうのはアリですが、集っているその場で高らかに宣言するのは白けちゃいますしね。

スマートなオンナは、密かに着々と実行しちゃいたいものです。

お正月太りを防ぐための過ごし方は下の記事に書いていますが、今回は計画的に食べる方法を考えてみます。

・1日にお餅は2つまで
・お餅を食べたらご飯は控える
・まずは糖質量の低いメニューから攻める
・夕食後は何も食べない
・夫の実家や親せきの家で甘いモノをすすめられたらお腹がいっぱいと断る
・お煮しめは糖質の低い昆布やふき、鶏肉、こんにゃく、椎茸から食べる

たんぱく質や食物繊維の摂取を忘れずに!動かないと便秘にもなりやすいし、質のいい睡眠が得られなくなったりもするので、是非ストレッチを!

まとめ

先日の「どうしても痩せない人へ|簡単だけど結果が出るこの方法がおすすめ!」に続き、ちょっと辛口になっていますが、50代以上の女性は太っていることがデメリットに繋がります。

同年代のぽっちゃり女子たちの不具合を沢山耳にしてきているので、健康でサクサク動ける体でいてほしい!という願いから辛口になっちゃっうことをご理解くださいね。

食べることは楽しいです。それは私も十分感じています。

だけど、食習慣を変えていくと、食べることの楽しみ方が変わってきます。

そこに至るまでは多少キツイかもしれないけど、変わってしまえばこっちのモン。我慢という概念がなくなりますから。

でね、先に書いたように体重という数字が大事なのではなく、痩せていることが大事なのでもなく、動ける体と美しい姿勢が大事。

是非是非、そこを目指していただきたいなぁと思います。

頑張りましょう!

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. 50歳からのダイエット

    痩せにくいと感じている50代女性へ7つのチェック項目と4つの改善方法

    ごきげんよう、みかねーです。ダイエットは地道で孤独な作業です。…

  2. 50歳からのダイエット

    ダイエット方法のひとつとして断食をするなら何日が効果的?理由は実にシンプル

    ごきげんよう、みかねーです。最近では、すごく当たり前に「ファス…

  3. 50歳からのダイエット

    ダイエットの壁!40代で始めた方がいい理由と50代のうちに始めるべきこと

    ごきげんよう、みかねーです。きょうはダイエットの壁について。壁…

  4. 50歳からのダイエット

    体が重いと書いて「たいじゅう」を実感した1.5キロで家トレを決意!

    ごきげんよう、みかねーです。月曜日:おやつにマロンタルト火…

  5. 50歳からのダイエット

    50代女性ダイエット成功の体験談が納得できるふたつの理由

    ごきげんよう、みかねーです。巷にはダイエット記事が溢れています…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 大好物マフィン衝撃のカロリーから考えてみた女性に必要な3つの…
  2. 横浜駅から徒歩圏内のパーソナルジム|価格&内容がわかる24選…
  3. 横浜市内にある女性専用のパーソナル以外のジム&スタジオ11選…
  4. 映画「ハウス・オブ・グッチ」で感じた欲しがりオンナの不安と脂…
  5. 初めてジム選びをする女性におすすめ!横浜市内のフィットネスジ…

Pick up

  1. ジムファッション

    ジムシューズはデザインで選ぶと危険!目的別選びのポイントと取り換え時
  2. ジムファッション

    おしゃれな40代/50代女性のトレンドスポーツウエアの違いと着こなし
  3. 50歳からのダイエット

    ダイエットにカロリー制限は必要なしという新常識!カロリー計算は止めちゃおう
  4. まだスタDiary

    新年のご挨拶&気になった記事をふたつご紹介します
  5. 50歳からのダイエット

    テレビに踊らされず痩せたい目的を明確にするとダイエットが成功する
PAGE TOP