映画&海外ドラマ情報

実話に基づいた「オンリー・ザ・ブレイブ」はとにかく「泣ける」


ごきげんよう。「まだスタ」みかねーでございます。

「オンリー・ザ・ブレイブ」は、2013年にアリゾナで発生した歴史に残る巨大山火事に立ち向かった20人の男たちの事実に基づいたジョセフ・コジンスキー監督作品。

オンリー・ザ・ブレイブ公式HP

堕落しきった生活を送っていたブレンダン青年が、恋人の妊娠をきっかけに生き方を改めることを決意し、地元の森林消防団に入隊する。

が、堕落しきった生活をしていたブレンダンにとっては、日々の訓練はまさに地獄。周りはすぐに諦めるだろうと思っていたにも関わらず、訓練に耐え、日々努力し、徐々にチームの親分や仲間と信頼関係を築いていく。

ブレンダンは恋人から三下り半を突き付けられていたから、子供が生まれても会わせてもらえなかったが、ブレンダンの真摯な気持ちが彼女に伝わり、少しづつ心が寄り添っていく。

序盤は、ブレンダンの背景と、大自然の中で山火事を専門とする消防士たちの生活を丁寧に描いているが、町のシンボルである樹を守るところからクライマックスに入っていく。

個性あふれる消防隊の面々。オフタイムはごくごくフツーのどこにでもいる青年たちが、いざ現場に入っていくと、町の火事とは違う火消しのテクニックを駆使して命懸けで火と戦う。

山が燃えているスケールは半端ない!! まさに現場にいるかのように感じられる山火事シーンは圧巻。

スケールの大きな映像と、愛し合いながらもすれ違う夫婦間、友情や団結、絶対的な信頼関係という中で時に揺れる人の心、一緒くたに楽しめる壮大な作品になっている。

タイトルに入れた「泣ける」理由を語ってしまうと、映画を観る感動が薄くなってしまうと思うので、そこは割愛。是非、ご自分で確かめてみてください。

洋画は現実味が薄いので、何を観てもそれほど泣けないんだけど、これは激しく心が揺さぶられる。人って強いけど弱い。守る者、守られている実感があってこそ勇気も湧いてくる。そんなことを感じられる作品。

そして、もうひとつ映画館で作品を見る醍醐味は、テレビでは味わえない質のいい音楽の効果。映画にとって欠かせない音楽が、作品の臨場感を引き出し、観ている者の心を引きずり込んでいく。この作品は、音響効果が偉大なわき役になっていると感じた。

最後の最後に、本当にこの火事にかかわった消防士たちの写真がスクリーンに映し出されるので、映画が終わっても絶対に席を立たないように!!


「泣ける映画」として思い出した作品があるので、もう1本ご紹介。


2001年製作なので、20年ほども前の作品ですが、これもホントに泣ける。

ギャンブルとアルコールに溺れたキアヌ扮する主人公コニーが、ひょんなことから子供野球チームのコーチを引き受けることになる。

その野球チームに関わることで、コニーが変わっていく姿と、決していいとは言えない環境に置かれている子供たちとの交流に、まあ、泣けるっ!!ものすごく気持ちよく涙が流れます。

そして、ラストシーンがまた・・・いいんです。かなり前にDVDで鑑賞したので、ラストシーンの詳細までは覚えていないけど、泣けた後にスカッとした記憶がある。

最近、心がヤサグレてるかも・・と思い当たる節がある方には激しくおススメです。
[br num=”1″]

それではまた。ちゃおっ

ABOUT ME
みかねー
40代後半から食事を少し制限したくらいでは痩せないことを実感。そして50代に突入すると、ジワリジワリと肉が付き、人生最大の体重に。少々の食事改善ではびくともしない体重に、一念発起して始めた運動にはまって、それを語りたくなりました。 アンチエイジングという言葉にも美魔女という言葉にも抵抗はあるものの、若いと言われればうれしい現実。迷えるお年頃の迷える毎日です。