アラフィフファッション

最終更新日: 2020.07.30

サステナブルシューズ「ジ・オニツカ」はアラフィフファッションにもぴったり!

ごきげんよう、みかねーです。

またですかっ?!と思われてしまいそうですが、いいモン見っけたので早くご紹介したかった。

それはね、日本の職人が丁寧に仕上げたジャパンブランド「オニツカ・タイガー」の新しいブランド「ジ・オニツカ」のサステナブルなシューズ。

そう、またですかっ?!ってのは、サステナブルってこと。でもね、これアラフィフファッションにもぴったりだと思うの。

早速ご紹介いたしますね。

前身「オニツカタイガー」の歴史

そもそも「オニツカタイガー」ってのは、1949年に鬼塚喜八郎氏が、スポーツをするための靴作りを目標として鬼塚商会を設立し、日本で初めてのバスケットシューズを製造したスポーツシューズのブランドです。

東京オリンピックでは、オニツカタイガーを履いた日本選手が合計46個のメダルを獲得し、それによりオニツカタイガーは世界にその名を大きく広めることになります。

オニツカタイガーはアシックスとなり、今でもスポーツブランドとしての地位を守り続けています。

Anima Sana In Corpore Sano——もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神あれかし、と祈るべきだ——このラテン語の格言こそが、オニツカタイガーの中核をなす理念となり、のちにこの頭文字を取って誕生したのが「アシックス(ASICS)」です。

公式サイトより

サステナブルシューズ「ジ・オニツカ」

オニツカタイガーは、スポーツシューズのブランドですが、新しく生まれた「ジ・オニツカ」はスタイリッシュなタウンシューズ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE ONITSUKA BROGUE #THEONITSUKA #ジオニツカ #ONITSUKA #オニツカ

THE ONITSUKA(@theonitsuka)がシェアした投稿 –

何がすごいかって、使っている革が「神戸牛」

神戸牛は肉を食料用に育てられる牛で、剥がされた皮は廃棄されてしまうわけです。廃棄されてしまうものを利用するという究極のエコであり、持続可能なサステナビリティ。

ただね、神戸牛の皮を革として使うには、柔らかすぎるという難点があったんですって。その難点を打開したのが、姫路にある工場。

この頃、衰退していく日本経済・・・みたいな記事をあちこちで見かけるから、こういうニュースを見ると本当に嬉しいですよね。

ガンバレ!日本って思うもの。

これが靴が出来上がるまでのイメージ映像。

個人的に職人技には滅法弱いので、一時はジム用シューズにオニツカタイガーを履いていました。

こんな映像を見ちゃったら、サステナブルな製品作りに貢献しているのを知っちゃったら、買わずにいられません。

アラフィフファッションにもぴったり!

華奢なハイヒールはありません。スニーカーに近いもの、ブーツ、またはシンプルなプラットフォーム。

色も白・黒・グレー・メタリック・ベージュなどシンプルで、服に合わせやすいカラーばかり。

私は「生涯ハイヒール」と思っていたけど、運動を始め、髪を切ったことでファッションがよりカジュアルになり、お気に入りのウイングチップに出会ったことで、フラットシューズのファッション性と快適さを知り、今ではほぼハイヒールを履かなくなっています。

だから、サステナブルを考慮したジャパンメイドのローヒールシューズは、是非とも履いてみたい一足です。

シンプルで上質な靴は、存在感があるので、服をすっきりとまとめればまとめるほどスタイリッシュに決まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE ONITSUKA DERBY and BROGUE #THEONITSUKA #ジオニツカ #ONITSUKA #オニツカ

THE ONITSUKA(@theonitsuka)がシェアした投稿 –

下の黒い靴だったら、やや細身のパンツに少しゆったりとしたニットを合わせ、上の白い靴だったらワンピースでもいいし、ややタイトな長めのスカートにフーディやライダースジャケットを合わせても素敵。

と、靴一足で妄想が膨らみます。

価格は、4万円代から5万円代だけど、インポートシューズの半分ですからね。しかも、大事にすれば長く履けるデザインです。

リアルストアは現在、渋谷パルコ3Fのコンセプトショップのみですが、オンラインストアで購入可能。

THE ONITSUKA Online store

おまけ

私、子どもの頃から靴が大好きだったんです。小学生の頃、激しくハイヒールに憧れていて、遊びに来ていた母の従妹の靴をこっそり玄関で履いてみたんですね。

小柄な母の従妹、比較的大きかった小学生の私、足を入れてみたハイヒールはそれほどぶかぶかではなく、歩ける程度にフィットしちゃいました。

そうなると、どうしても外を歩きたくなる。

ふらふらと外に出てしまい、探しに来た母に「勝手に人の靴を履いて、何も言わず外に出るとは何事かっ!」と大層叱られました。

その頃から、私にとって靴は特別な存在。

20年も下着屋をやっていましたが、下着に目覚めたのは高校生の頃でしたから、靴への執着の方が歴史が長い。

仕事で何度か訪れたイタリアでは、街の靴屋でもとびっきり素敵なノーブランドの靴がたっくさん並んでいて、必ず購入していました。

靴のデザイン力はイタリアにかなわない、とずーっと思っていましたが、ジ・オニツカシューズを見て、その価値観は崩れ去りましたね。

イタリアの靴のデザインがどんなによくても、はっきり申しまして、足に合っているとはいいがたい。

もしかしたら、ジ・オニツカの靴なら、シンデレラのようにフィットするかもしれない!というワクワク感でいっぱい。

初ブランドだとネットでの購入は勇気がいるし、リアルショップは渋谷だから、いつ行くかわからないけど、手にするまで妄想を楽しもうと思います。

それではまた、ちゃおっ

関連記事

  1. アラフィフファッション

    パールは日常使いしなきゃもったいない!プロに聞いたネックレスのお手入れ方法!

    ごきげんよう、みかねーです。アラフィフともなれば、パールを所有…

  2. アラフィフファッション

    下着業界にもサスティナビリティの波|イタリアブランド「Madiva」の取り組み

    ごきげんよう、みかねーです。まだスタブログでは、ちょいちょい「…

  3. アラフィフファッション

    【下着屋の裏話】ガードルにヒップアップ効果なし!ただ殿筋群を鍛えるのみ!

    ごきげんよう、みかねーです。20年の下着屋稼業の中で、たくさん…

  4. アラフィフファッション

    バストポイントとは?位置の作り方次第で印象が変わる

    ごきげんよう、みかねーです。少し前、TVを見ていて、連続ドラマ…

  5. アラフィフファッション

    アラフィフはブラ選びに迷うお年頃?着用感の好み別「ブラ選び」のポイント

    ごきげんよう、みかねーです。ヒジョーに残念ですが、年齢と共に体…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. サステナベーションの時代に運動習慣は究極のサステナブルだ!と…
  2. ダイエットの失敗を繰り返すのは運がいい人と悪い人の違いと共通…
  3. まだスタDiary|ニュウマン横浜内「PARIYA」のテイク…
  4. ダイエット方法のひとつとして断食をするなら何日が効果的?理由…
  5. 小食なのに太っているのは何故?ゴツイ体型だと筋トレはNG?

Pick up

  1. フィットネス&エクササイズ

    フィールサイクルは痩せないのか?運動の効果を試してみたくて体験レッスンへ
  2. アラフィフダイエット方法

    「もち麦は効果あり!」を実感したダイエット方法を口コミ!20日間で体脂肪1.8%…
  3. 美ボディメイク~食事編~

    低温調理器で柔らかく仕上がる鶏肉&豚ヒレ肉のレシピでたんぱく質摂取
  4. アラフィフダイエット方法

    お腹や太ももだけの部分痩せって可能なの?アラフィフ女性がやるべきことは?
  5. ジムウエア&シューズ

    オンクラウドランニングシューズがおすすめな理由とその履き心地とサイズ感を口コミ
PAGE TOP